ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


演劇ストーカーと言われていた人物が亡くなったそうです。
僕も知りませんでしたが彼はプラダーウィリー症候群だったそうです。

**********************
プラダーウィリー症候群(以下PWSと表記する)は、
新生児期の筋緊張低下および、哺乳障害、
幼児期からの過食と肥満、発達遅延、低身長、
性腺機能不全などを特徴とする症候群です。

発生頻度は10,000人ないし、15,000人に1人と考えられています。

過食はPWSの主要な症状で、
その原因は満腹中枢の障害に起因すると推測されています。
いくら食べても満足感がなく、常に空腹状態で、しばしば盗食が見られます。

基礎代謝が低く、運動能力も低いことから、体重は増加の一途をたどり、
20歳頃から糖尿病になる確率が高くなります。
過度の肥満は睡眠時の無呼吸や、
高血圧、動脈硬化等の症状も引き起こします。

PWSは年齢とともに病像が変化するのも特徴の一つです。
幼児期は人なつっこくてかわいいのですが、次第に執拗さ、頑固さ、
こだわりや思い込みが強くなり、周囲とのトラブルが多くなります。
かんしゃく等の感情の爆発や、放浪癖がみられることもあり、
性格や行動の問題が年齢とともに強くなります。

皮膚を引っ掻くのもよくみられる症状です。
うつ病や神経症などの精神障害をきたし、
薬物療法を受けている例もあります。
**********************

最近脅迫行為で捕まってたけども警察は知らなかったのか?
病気だったからと言って彼を擁護するつもりもないけども。

病気だったから、というのも微妙な問題だなぁ。
でも精神病とは違うしなぁ。

スポンサーサイト

6/26
二騎の会オーディション4回目。
とりあえず一通りこれで終り。
あとはキャスティングをします。

17時~23時 チラシ


6/27
起きて、上野でTRUCさんと待ち合わせ。
一路取手へ。
取手からバス。

芸大取手キャンパス到着。
TRUCさんの先端芸術学科の授業を見学。
いやー面白かった。
一人一人がソロパフォーマンスを作ってて、それの今日は発表前のゲネプロ?みたいな感じ。
取手の外れで、全然俳優を目指してるわけじゃない大学生が、まぁパフォーマンスをやりたい人もいるんだけども、空間と身体のあり方とかを学んでるなんて、なんか良いなぁ。
パフォーマンスもみんなそれぞれちゃんと考えてて面白かった。
自分が20代が終って、ようやく興味が行き着いたことを、20歳の若者達がどんどこ吸収してる様は、焦ると言うよりも爽快だった。

そして、TRUCさんと共に柏へ戻り、東武野田線で船橋へ、総武線で千葉へ。
三条会アトリエへお邪魔する。

東京→松戸→柏→取手→柏→船橋→千葉
千葉県北西部を制覇したな。むしろ茨城行っちゃってるし。
久々の野田線も楽しかった。

んで、美浜版ロミジュリの稽古見学。
本番は7/21ステのみです、東京から30分、見逃す手はないですよ。
南房総版よりももちろんパワーアップしてました。
いやいや、観に来ないと、これはさすがに。

公演詳細(秘密の花園情報の更に下)
美浜市文化会館

稽古後皆でアトリエで飲む。
んで、関さんKGさんと結局朝まで。
あー楽しかった。
知ってる劇団で唯一羨ましいと思う劇団です。
まぁそういうところがないとこちとら頑張れないからね。
畜生、羨ましいぜ。
昼間の芸大も楽しかったし、久々に最高の一日。
たまにはこういう日もないとな。


6/28
2時間ほど寝て、千葉を発つ。
TBSで、松井さんの書いたラジオドラマの収録。
メンツがスゴイ。
篠塚さん、猪股さん、マチコさん、辻さん、古屋さん、古館さん、山本(裕)、小林(亮)、岩井さん、で、俺。
このメンツで芝居作ったらスゲー面白いぞ。
TBSラジオ954、7/1の19:00ONAIRです。

久々の俳優でスゲー楽しかった、メチャクチャ眠かったけど。
あー、今年の俳優業これだけだな、多分俺。

その後ネルケへ、打ち合わせ。

その後アゴラへ、オリザさん含め青年団演出部のMT。

で、飲む。

で、今日も帰れず。

で、結局一人走り穂へ。

あぁ忙しい、でもまぁこんなもんだろ。

Aと言う仕事をやっていて、Bを思い出す、BにとりかかるとCとDを思い出す。
迷ってDにとりかかると、Aを忘れてることに気付く。慌ててAにとりかかると、Bを思い出す…ていうのを頭の中で繰り返しながらこの2週間くらい過ごしてるな。
何も終ってない。むしろ何も始まってない。

でもまぁこんなもんだろ。



6/23
起きて、ネルケチラシ作業。

で、下北へ。
中村まりライブ。
いや、まぁチラシもやらなきゃいけないんだけども、それとこれとは別だ。
最近ライブに行かない理由なんて無い気がする。
これでもってんだよ、大体のことは。
夕方以降は作業できません、と言う。まぁすいません。
ただ、どうしても抜けられない会議、とかと同等の事。
じゃないとこういう自由業の人は死んでしまうよ。

今回のライブは、初中村まりを二人連れていったのでそれだけで収穫。
スゲーだろ、とか思いまくる。
中村まりがスゴイ度に思いまくる。

いやー、もうギターとか上手すぎる、というか、なんだろうか、見てる指と聞こえてくる音の関連性とか最高。

night owlsに関しては、何だろう、blue位名曲なんじゃないか?

みんなで飲んで帰宅。

そして、帰宅後チラシ作業。朝まで。アイデア浮かばず。
作業を控えた飲みの空しさとか。


6/24
昼、演出部新人のよこた君が主宰するNUDEの公演を観に行く。
会場が旧小学校の体育館。
まぁこの年でこれやってて青年団入ってきたんなら、じゃあ応援します。
これからよこた君がもの凄い色々なものに出会って変わっていく様を楽しみにしておきます。
俺が彼の年齢の時は、まだどらま館で面切ってたよ。
時代は変わったなぁ。
まぁ演出部に入ってきた人がどうなってくのかは楽しみです。
偉そうに。


その後アゴラへ。
ポかリンを見たかったんだけども、いっぱいで見れず。
あぁ、またアゴラにこんなにも居たのに見れなかったかとおもってたら、開演後、実は入れるって事で、遅れて観劇。

面白かったです。
なんだろうこの安定感。
明神さんの、演出だけを見てみたい。

で、バラシの立ち会いをする。

で、帰宅し、チラシ作業、朝まで。
久々に朝寝て昼起きるサイクルにはまってる。


6/25
起きて、信濃町へ。
文学座交流企画の打ち合わせ。

なんか、ふじみロミジュリ、ガーディアン・ガーデン、文学座交流企画と、なんだか他の演出家と一緒に企画を進める事が多いな。
打ち合わせも集中してるし。
この3つの企画だけで、10人の演出家と一緒に仕事してる。
それはそれで相当楽しいんだけども、こちとら色々大変だ。

演劇の話は楽しいが、企画の話はやはり自分が主催する公演の楽しさとは比べものにはならない。
それはそれでスゲー楽しいんだけどね。
それはそれでが続くとなぁ、というのもあるけども、ただ偶然今続いてるだけで、公演時期は全然ちがうから多分良いんだろう。
とりあえずは目の前の公演、なんだけども、それに使う時間を、違う事にとられないようにしないと。とられてんだけども。
ちょっと今タイミング的にtoo muchではある。

8月は良いとして、9月のデスロックを何とかしないとな。
企画書とチラシも作らないと。
猛進。

でもアゴラでネルケチラシ作業とか少しアゴラの仕事も。

その後、江古田に帰り、「スネークさん」打ち上げに合流。
カラオケ。いやー楽しかった。
いや、楽しかった。


クソ、全部日記書いたところで消えた。
全然いいぜ、コンピューター。
お前はそういうものだ、というかそれは俺の操作次第だし。
俺のせいだ、お前のせいじゃない。

4時間かかったチラシのデータが消えても、途中保存しない人間が悪いだけだ、気にすんな。

普通にもう一度書けば良いだけだ。

6/19
昼からアゴラ勤務。
夕方からデスロック稽古。

はい、ついに始まりました、ソラリスの稽古。
いやー、やっぱ楽しみだね、デスロックの稽古は。
さぁ、久々に帰ってきたぜ完全ホームに。

で、飲みに。
21時から29時位までは飲んだかな。

さすがに週に3日以上8時間飲むとか、幸せな人生だな。
まぁしわ寄せ来まくってるけど。


6/20
起きて、昼からアゴラ勤務。
しわ寄せで20時にリタイア。

帰宅して、第一稿が明日に迫ったチラシに着手。
まぁこのまえ撮影に立ち会ったチラシ、ラサール石井さんが演出で、矢口真里と春風亭昇太さんが主演の芝居です。
俺がチラシ作ります。いや、作りますよ、全然、おかしくないおかしくない。

でもまぁしわ寄せで寝る。


6/21
起きてチラシ続き。
12時~30時まで。
ようやく表裏第一稿が出来る。まぁここからが大変なんだが。


6/22
寝てすぐ起きてキラリ☆ふじみへ。
ロミジュリ打ち合わせ2回目。
ついに難航の兆し?そうこなくっちゃ。
にしても演劇の話ばかり、楽しい。
5時間くらいしてたか。

キャストの締め切りが7/5です。みなさんどうぞ受けて下さい。

その後3人の演出家で春風舎へ。
「スネークさん」観劇。
作品はもちろん面白かった。で、アフタートーク出演。

この突然決まったトークだが、まぁぶっちゃけ1週切ってるのにお客さんが少なかったから、ぶっちゃけ一桁だったからぶち込んだアフタートークだったんだけども、結局満員になって良かった。

トーク自体は、これ結構良かったんじゃない?
とりあえず自分の話したいことは最初に少し喋って、あとは上手いこと回してやろう、という作戦が成功したんじゃないだろうか。
演出家にも作家にもダンサーにも俳優にもお客さんが聞きたいんじゃないかってことを聞けたんじゃないだろうか。
自分が作り手でトークに出てる時の経験を活かせたんじゃないだろうか。
バズノーツの時は初ゲスト出演だったので全然気が回らなかったけども、もうコツは掴んだ。
来月の青☆組のトークもいける気がする。

今日は演劇デーだった。
明日明後日も観劇&仕事で絶対回らないスケジュール。
チラシだ、とりあえず。
今週末は天王山。
まぁでも8月に酷い天王山が来るけど。
ソラリス終って1ヶ月の間に、えんぶゼミ(発表有り)と、ソラリスSF大会と、次回デスロック(3本立て)作らなきゃ。
週に1本以上演劇作るのか。
スゲーな、俺。
月一本どころじゃないぜ、8月と9月だけで俺の芝居6本観れます。
あ、嘘、秋のデスロックは9/30初日だから、まぁ8/10~10/10の間に6本観れます。
ついに来たぜ演劇天王山。
余裕で回してやるぜ、なめんなよ。
クルックルッだぜ。
俺かお前がな。

んで、だ、この映像とか、もうなんだろう、合成じゃないんだよな、とか思いまくる。
これ本当かー、何だよ、まだ信じられない気がする。
これに関しては本当に夢心地の日々を過ごしている。
まぁ桑田だけども(Firefoxだと見れません。)


ようやくBLOGを書く気になった。
なんかね、書く気とかなくなるもんだね。

コメントくれた方々にまったく返事が出来て無くてすいません。
そこにまではもう少しで至れるはずです


6/11
アゴラでポかリン記憶舎の仕込み立ち会い。
そのごタテヨコ企画観劇。
感想は書いたとおり。


6/12
昼から親父の病院へ。
同伴して柏へ、諸々手続きに付き合う。
で、病院に戻りアゴラへ。
勤務。


6/13
アゴラで勤務。


6/14
朝から六本木のスタジオへ。
宣伝美術を依頼されているチラシの写真撮影。
俺も記念で写真撮ったりしたけども、俺が載せるとなんかあれなんで、こちらをどうぞ。
http://blog.livedoor.jp/lasar1019/archives/64623234.html
この撮影に立ち会う、デザイナーとして。
そりゃまぁ楽しいですよ。間近で見れて。

この芝居には大口君も出るので、久々に大口君にも会う。
なんか良いね、また違う現場で会うのは。

その後、ガーディアンガーデンで来年のフェスの打ち合わせ。


6/15
昼からSF大会の情宣で、方々を回る。
夜は二騎の会のオーディション。

昨日から、もう自分がどの団体のどの役職なのか訳がわからん。

オーディション後、参加者と飲みに行く。
結局西永福で4時まで。


6/16
完全に二日酔い。
アゴラに行って、オーディション2日目。

また4時まで飲む。


6/17
完全に二日酔い。
アゴラに行って、オーディション3日目。

さすがに家に帰る。
心身共にボロボロ。


6/18
アゴラを休む。
完全に抜け殻になってボーッとしまくる。

夜、思い立って春風舎へ「スネークさん」の通し稽古を観に行く。
いやー、素晴らしい。
面白いです。

みんなこういう演劇やればいいのに。
これは完全に演劇でしょ。
あ、芝居ダンス演劇か。
これをダンスだと言われてしまうと、んじゃあ演劇はもう必要ないや、やること無いよ、これダンスにやられちゃ。
これが現代の演劇のスタンダードだと言いたい。
演劇はここまで進んでいるのに、作り手と観客がそこまでついて行けてない。というくらいのことは言いたくなるよ。ホント。

最近は、観客の目の前でやる必要があるかどうかしか考えてないので、もうドンピシャでした。
「生」ですよ。

22金のアフタートークにどうやら出ることになったので、良ければ皆さん観に来てください。
http://www.seinendan.org/jpn/info/index.html

江古田で飲んで、帰り道に、作・演出を兼ねる人とか居なくなればいいのに、と思う。
禁止するとか。
なんでみんな普通の顔して作と演出兼ねちゃってんだろう。
俺もだけども。だからダメなんだよなぁ。
作家に演出させちゃってるから。演出家が育たない。
書いた作家が演出した方が面白いという幻想も早いとこ無くなって欲しい。
そうじゃなくて、面白い演出家が居ないだけなのに。
その弊害として、今いる演出家にもなんかアバンギャルドさとかが求められちゃってて、単純に、オリザさんの戯曲を、オリザさんと同じように演出できるだけで良いのです。
そう言う人が居れば、オリザさんは演出しなくて済むんだから。
演出のプロじゃない作家にすら勝てる演出家が居ないだけ。
平田オリザに今だ演出をさせている日本演劇界はどうなってんだ、という意見は、もの凄くまっとうな意見だと思うんだけどな。


http://blog.tatsuru.com/2007/06/08_1023.php
『自分より先にそれをした誰かがいた場合には、その誰かに「トラブルの起源」を先送りすることができる。「私が来るより前から『こんなふう』だったんです。私はトラブルの起源ではありません」というエクスキュースが通るとわかると、どんなひどいことでもできる。
それが私たち日本人である。』

いや、まぁ相変わらず素晴らしい。
オリザさんと対談したらスゲー面白いだろうなこの人。

あまりにも地味に松井さんがBlogを始めてます。


6/7
朝からアゴラへ。昼まで勤務。





5/31
アゴラ勤務。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 JNSK OFFICIAL DIARY, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。