ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8/29
午前1時から10時まで、SF大会字幕作成。
一行ずつパワポにコピペ。ひたすら9時間。
最悪だ、最悪だ、と口ずさみながら。
役によって字幕の場所とか変えるんじゃなかった。
でも青年団字幕になれてると、違う人の話す台詞が同じ行に出ると何か気持ち悪いんだよな。

11時アゴラのプレハブで就寝。17時起床。

19時より新作「LOVE」稽古初日。
この座組は女性6人に男性が1人。
笑ったり、木霊ったり、話し合ったり、色々。
さてさてどんな演劇になることか、楽しみだ。


8/30
9時パシフィコ横浜集合。搬入して、場当たり。
各座組場当たり時間が1時間30分しかないので、場当たりきれる訳もなく、そこそこ合わせて終了。
気付いたらアゴラ版とだいぶ違うことになってる。
更にストイック度が増した。
SFファンをポカンとさせること請け合い。良いぞ。

SF大会自体は今日から始まっていて、コスプレもちらほら。
にしても外人だらけ、SF大好き外国人だらけです。
パフォーマンス的には完全外人向けなんだけどな、リアクションが楽しみ。

せっかくなので、中華街まで足を伸ばす。
完全に旅公演気分。どこ行こう?何食べよう?
お勧めがあれば教えてください。

あー早くも来年の神戸公演が楽しみになってきた。

夜は池尻でアゴラワークショップ研究会。
今日も充実した会だった。
ENBU直後と合って、色々考えた。
勝手に頭の中でWSを発展させる。LOVEの稽古でやってみよう。

アゴラに戻って、横浜用のケーブルを持って帰宅。

明日からいよいよソラリス横浜版です。
どれくらいの人が観に来るかわかりませんが、横浜近郊の方は是非。

アゴラを観た方も逃した方も是非。

スポンサーサイト

8/27
朝ENBU打ち上げから帰り、寝る。

起きて、「社会」の台本を作る。

印刷が間に合わず、30分以上遅れて春風舎へ。

まずは1本目「社会」稽古初日。
今回は同じ役をやるのが佐山さんと俺のみ。
新キャストのバランスも完璧だなぁ。
今回は、3本とも時間との勝負。
まぁこの1週間でその勝負してきたばっかだけども、今度は×3か。
演劇LOVEとか言っていかないと絶対に出来ない。

現代口語演劇の面白さを伝えるべく「社会」がんばろう。


8/28
起きて、さすがに休もうと、休日にしようと、寝る。
と言っても夜は稽古だけども、何時間かくらい休日、というか休時間にしよう。

が、仕事を思い出す。
SF大会の英語字幕を1行も作っていない。
慌てて起きて作り始める。
これ、だれかやってくんないかなー。クソ。

アゴラへ。
「3人いる!」稽古初日。

これは初演で俺がやっていた役をハイバイの岩井さんにお願いした。完璧に適役。
多分日本一読みづらい台本と格闘してもらう。

初演は俺が出まくってたのであまり見れなかったんだけども、改めて見ると面白いね。

夏目佐山は果たしてこの1ヶ月で3本の台詞を覚えられるんだろうか?
過労?過演劇?とかならないだろうか?むしろ俺が。
まぁ1ヶ月くらい何とかなるか、と言いつつも、ソラリスから演劇やってない日が1日も無い、恐らく来年の7月まで無い可能性すらある。

あー、多分1日何も予定が無い日とか、1年くらい無いんだろうなぁ。
1年無かったら一生無いんじゃないか?
旅行とまではいかなくとも、1日のんびりして良いとか、あ、でもORZさんにはここ数年そんな日無いよな、多分。
のんびりしたいとか思うこと自体が、だからお前はダメなんだと言われてる気すらする。

明日は新作LOVE稽古初日。
明後日は横浜入り。
明明後日からは昼間:横浜本番→夜:3本立て稽古の日々。

この隙に、アゴラで働かなきゃいけない時間がどんどん消費されていく。

演劇LOVE。


一応タイトルは付いていたんです。
「mother」
まぁでもちょっとイメージが限定されそうなので公表はせず。
公表しないタイトルって何だって感じですけども。

タロウ氏が素敵な感想を書いてくれました。こんな感じでした。
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=4270

過去一番観客が少ない作品の解説です。4~50人とか?
まぁどうやって出来たかみたいな感じで。
観た人は楽しめるんじゃないでしょうか。


○ゼミ初日。
とりあえず、僕の作品は現代口語から派生していて、俳優は現代口語の技術がないと出来ないので、とりあえず現代口語、何が無くとも現代口語であります。
最初オリザさんの好きな色WSと活発な趣味WS。コンセンサスを取ることについて話す。

その後、自己紹介WS。
各自の自己紹介をテキストにおこしてもらい、再現。
自分の話し方を意識してもらう。
他の人のテキストもよんでもらい、モノマネする人と自分の話し方で話す人に分ける。

俳優に必要な技術として、自分の話し方を利用する事と、自分ではない人間の話し方をする事、のバランス、と話す。

うち、一人の自己紹介をピックアップし、周りのリアクションも作っていく。
これで、自己紹介という1シーンの演劇のできあがり。
現実→演劇を、順を追って作る。

多田淳之介の歩んできた演劇の道のりを話す。
意外と時間がかかってしまう。


○二日目
演劇について何を自分が考えているかを話す。

オリザさんの恐竜WS。舞台上で俳優がやるべき数々のことについて話す。

ディスカッション。
俳優の仕事とは何か?
何故俳優になりたいのか?
俳優に必要なことは何か?

グループによる会話の再現WS
3,4人組で母親の名前について話してもらい、話した事をテキストに起こし、再現。
他のグループとテキストを交換。
テキストには書かれていない関係を作る。
うち2人が中が悪く、テキストの途中で2人の関係が少し改善する。
というもの。

グループ毎に稽古して、発表。

テキストを作り、他のグループが創作する→作家

テキストを、新たな解釈を展開する。→演出家

演ずる→俳優

演劇に必要な基本的な3つの職種を体感してもらう。
演劇はこういう構成で出来ていると話す。


○三日目
二日目のテキストを使う。
現代口語から状況の演劇へ。
関係の悪い二人の仲直りをより成立させるための手段として、台詞をくずす。
舞台上の状況を成立させるためには?


○四日目
「再生」とガーディアン・ガーデンの映像を見てもらう。

俳優への負荷。
台詞を崩し、昨日まで出来るだけリアルに作ったシーンに、負荷をかける。
とりあえずは「体を動かさない」負荷。
その負荷の中で、いかにリアルに作ったコミュニケーションを維持できるか。
距離を離したり、ゆっくり立ち上がったり、色々やってもらう。

とりあえず俺のWSに来たなら、ということで、笑ってもらう。
とりあえず10分間フリーで爆笑し続けてもらう。
コミュニケーションを取ったり、一人になる人も居たり、じゃれ合ったり、上手くいかなかったり、この様は本当に面白い。
その後、整理してコミュケーションの取る取らない等指示つきで笑ってもらう。
コミュニケーションとはなんぞや?

多分ここらで衣装を喪服にすると言っていた気がする。


○五日目
別テキスト。「ロミオとジュリエット」
モノローグ部分を一人ずつ作ってもらう。
モノローグに含まれるイメージを羅列し、テキストを発する身体を主に考え、創作してもらう。

状況の演劇から状態の演劇へ。

パイプイスの山に埋もれながらジュリエットの台詞を読んだり、ブリッジしながらロミオを読んだり、人の下敷きになったり、掃除機に吸われたり、皆それぞれ面白くやってくれた。

昨日に引き続き笑う身体WS。
コミュニケーションを取りながらボリュームを変えたり、動きを見付けて笑う切っ掛けをつくったり。主にコミュニケーションのWS。

母親の話を皆にしてもらう。
面白い話ばかり。

去年のヤン・アレグレWSをヒントに、木霊を付ける。
その場で話された言葉を周りの人が木霊する。
言葉の選択は自由。色んな人の発した言葉が偶然繋がり、新たにイメージを表出させていく感じです。
身体には動かない負荷をとりあえずかけ。3人で母親の話をしてもらう。残りの9人は木霊。
3人が話した言葉を使って舞台上でコミュニケーションを取る。
テキストの可能性、繋がり、コミュニケーション。


○六日目
発表に向け、テキスト作り。
グループに分け、母親の話をしてもらい、テキストを作成。
二日目に同じ作業をやってるので話は早い。

作ったテキストを使って木霊。
木霊がメインのテキストを邪魔しないように。
説明してもなかなか難しいんだけどね。
あくまでメインのテキストを広げるためのモノであって、木霊が目立とうとか、策を練るとまず上手くいかない。
舞台上で何を優先させるか、というところか。


○七日目
昨日皆に作ってもらったテキストを構成し直して、ちょっと手を加える。
今回のテキスト完成。これを残り二日で作品として完成させる。

作品のテーマを説明。
母親、誕生、死のイメージ。

結果としてルールはこうなりました。

「胎児期」
胎児。人生への希望。笑い声のみでコミュニケーションを取る。

「誕生」
舞台上で語られたテキストから一言選び発する。誕生。
身体は、両足以外の部分もどこか地に付ける。
体の高低差を付けるためだけど、両足で自立していない、というモチーフ。高低差が付いていれば良いだけなんだけどもね。


「成長期」
テキストを木霊する。言葉を覚える。
身体も徐々に起き上がる。
テキストが終っても木霊は続き、言葉を覚えていく。

 
「成人」
身体には最も負荷をかけ、言葉を覚えた人々が次のテキストの会話。


「親」
身体は直立。
テキスト中のコミュニケーションは笑い。
テキスト間は木霊。成長期にある人々に向けて言葉を教える。


「母の死」
使用したテキストからどんどん言葉を木霊させてお互いにコミュニケーションをとる。
失敗も成功も含めてコミュニケーション。
コミュニケーションとディスコミュニケーション。
コミュニケーションによる笑い。


という感じの段階を、四グループが順に進んでいく。

個々の誕生のタイミングなどを決める。


○最終日
細かくルールを決めていく。
ここで間を作って、ここでは笑いを起こして、ここの木霊を回す時間を長く、等々。
で、稽古。こういうのは稽古の回数が勝負というところもある。
起き上がり方なども微調整。

あとは、いかに全員でコミュニケーションをとって共通の目標に近づけるか。


○発表前
一時間稽古できるので、最初と最後を決める。
こういう団体戦は、最初は重要。
ガーディアンと同じ作戦だが、明転して、ただ人が居る、というのは完全に俺好み。格好良いなー。喪服最高。
微調整をして通して、ゲネ、本番。

とまぁこんな感じで作りました。
発表の稽古はまぁ二、三日かな。八時間くらい?
ゼミ自体も一日三時間しかないのでカツカツではありましたけども、地味に現代口語から始めて正解だった。
テキストを使ってコミュニケーションをとる、という構造は同じ。
これはどの演劇でも共通している、はず。
さすがに初日からいきなりあんな事やらされたらわけわかんなすぎるだろう。

今回は、皆が話してくれた母親のおもしろ話をテキストに、そこからいかにイメージを膨らませられるか、という事でした。
喪服で母親の話をするだけで、既に色々想像は膨らむ。
テキストの扱い方としては結構手応えがあったなぁ。
まぁでも元ネタがあるので、もうちょっと発展させていきたい。
そんなこと言ったら元々はオリザさんだけども。

最後笑ったのは、相変わらず僕は疲れと笑いに魅せられてしまっているので、僕にとって笑いは=幸せ=生です。
疲れても笑う、疲れてるけど笑う、笑えないけど笑う身体にもの凄い魅力を感じてしまうんですね。

木霊は、言葉のチョイスやタイミングは俳優にほとんど任せている。
ただこういう状況にしたいとかガイドは付いてはいる、まぁでも任せている。
稽古していくうちに決めるモノではなく決まるモノですね、こういう事は。
なので、偶然性に頼ってはいるんだけども、実はそこまで偶然性のモノではなかったりする。
稽古でもそこまで違ったモノになることもなかったし、テキストから選んでいる言葉なので、そしてその言葉は母親の話に使われた言葉だという事を全員が知っているからだろう。
この手法は、おそらく世の中の全ての文字情報をテキストとして使用できるんでは無かろうか。
とか考えるとワクワクするね。

そんな感じでしたunlock#2.5「mother」
オープニング曲はking crimson「sex sleep eat drink dream」
unlock#1と同じです。unlockシリーズのテーマ曲。


8/26
お昼よりENBUへ。
最後の調整。
ちょいちょい変更。

喫煙所からの風景。
070826_1614~001.jpg

中央線と総武線が通りまくる。

控え室に行くと高井さんのクラスが練習していた。
うちのクラスと違って女の子だらけ、当り前だけどもこんなにも空気が違うか。
うちのクラスの皆が完全にデスロック的な空気を身につけているのにはたと気付く。
頼もしい。

16時からサマースクール参加者と身内向けの公開ゲネ。
さすがに皆緊張してたけどもまずまずの出来。
他のクラスの発表も楽しかった。

本番に向けて休憩。後半をちょこっと変更。

そして19時本番。
いやー面白いなぁ。
こんな短期間でよくもまぁこんな作品が出来たもんだ。
ガーディアンも2日で作ったけども、短期間で作るチーム戦というのも結構良いな。
まぁもっと稽古はしたいけども。

現代口語演劇の右と左をしっかり教えてから、目隠しして暗闇に放り出す。
という当初の目標は軽く達成できた。みんな暗闇で楽しそうにすらしていた。
デスロックに出るというのはこういう体験だというのも伝わったとおもいます。
みんなお疲れ様でした。
観に来ていただいた方もありがとうございました。
もの凄い少人数しか見てないですが、作品解説はまた後日。

Image049.jpg

新井君、五十嵐君、生熊さん、井坂君、村上君、大竹さん、折原君、柏村君、古川さん、小玉さん、服部さん、平尾君、美弥姉、山脇君、面白い作品をありがとう。LOVE。

で、打ち上げ、久々に朝まで飲んだ。楽しかった。

始発で帰宅、寝る。
今日から稽古だ。頑張るぞ、演劇LOVE 。



8/25
起きた、が、あまりの疲れッぷりに寝る。
無理だ。
アゴラに電話、遅れると伝える。
あー、さすがにもう若くない感じかなぁ。
起きた、けど、雑用のため、またアゴラに電話、遅れると伝える。

ようやくアゴラ着。
働いて、御茶ノ水へ。

ENBUゼミ最終日。
発表の稽古。色々直して、大分面白くなった。
あとは俺次第かなぁ。まぁ皆にも頑張ってもらうけども。
明日発表だけども最後まであがこう、いつも通り。

明日26日19時から
http://enbu.co.jp/zemi/map.html
ここで発表します。「unlock#2.5」です。
観たい方、ENBUゼミか俺まで連絡を。

宜しくお願いします。


8/22
春風舎の立ち会いをしてからアゴラへ。
夕方まで働き、ENBUゼミ。

今日はマチコさんと夏目が見学に。
なかなか面白くなってきたぞ、無駄に面白い演劇を発表しちゃうぞ。

皆で飲みに。あー確かに、知り合いが二人も居ると若干気楽だな。

明け方まで映像作業等。


8/23
起きて、家で作業し、ENBUゼミ。
今日はISBSが見に来た。
いつもの稽古とやることはそんな変わらない。

終って新宿でSF大会打ち合わせ。0時まで。

帰って、映像作業と、発表会の台本作り。
7時半就寝。久々に明日までの仕事がかぶってしまった。


8/24
案の定起きれず。10時集合が13時前に到着。
SF大会4劇団連続通し稽古。

アゴラの楽日から10日ぶりにぶっつけで通す。
10日空く、とか何を基準にして良いかわかんないけども、多分結構ちゃんとできた。
さすがだ。
始まる前に大体の指示をしておいて、通し中もちょこちょこ指示を出す。
なんと20分も縮まった。さすが床の上。
いや、床の上も面白いぞ、これ。
印象は全く違うけど。
まぁ、地獄みたいな間とりたいけどなー。

ENBUゼミへ。
台本を配って、これをあと2日で発表するわけだ。
まぁもちろん準備は着々としてきてたけども。
もうひとひねりかなー。
うーん、完全に本気だな。いや、これであってるだろ。

どうぞ皆さん観に来てください。
新作です。

あー、仕事が、なんかいっぱいあるなぁ、多分、今日はあんま無いぜと思ってたらそうでもなかった、もう1時半か、次公演のテキストとかも直したいし、あの公演やあの公演のキャスティングもあるし、WSもあるし、あ、あの人にメールしなきゃ、すんません、あ、あの人にも連絡して、その結果をあの人に教えなきゃいけないし、うわっあの書類つくんなきゃ、おっとあの振り込みそろそろしないとやばいぞ、うーんBLOG更新してる場合じゃないなー、まぁでもこれはこれでしておかないと、あ、神戸の日程がやっと決まった、5/23~25辺り、あとは今年度最大のイベントが決まれば、多分大丈夫だと思うんだけども、これは絶対にやりたいんだよなー、浮かれたいなー、まぁ9月中に決まるみたい、あれ、さっきもう一個仕事思い出したけど何だっけ?あー思い出した、やべぇ今月終っちゃうぞ、やべぇぞ、決めなきゃ、連絡しなきゃ、夏休みの宿題的な忙しさ?いや、別に7月とか全然楽してないし、まぁでもORZさんはこんなもんじゃないだろうしな、ほんとあの人のおかげでアゴラはワーカーホリックでなんぼみたいな事になってるんだと思うよ、忙しいとか言えねぇ。まぁでも今日はもう寝よう、風呂入って、飯作って3時くらいには寝よう。オヤスミナサイ。





8/21
朝っぱらからガスの給湯器の点検。
給湯器までは、部屋の中を通らないと行けないので、死ぬほどちらかった部屋を通ってもらう。
あ、そこ足ついて下さい、とか。
unlock#1の荷物をまだ片付けていない。半年経っちゃったな。

んで、寝て、起きて、あー、ダラダラしちゃったなー。
あー、いかんいかん。
ホント死ねばいいのにとか思うよ、思わないけど、まぁでも思うよ。
思わないか、ホントは。そんな感じ。

マジで朝青龍の去就とか俺の人生に関係なさ過ぎる。
でも親方のコメントの報道の仕方は酷いな。
「モンゴルに帰りたい気持ちがあるなら、病院くらい行けるだろ」とほぼ全局で報じられている。
これだと、モンゴルに帰るのと病院行くのは違うだろ…アホか親方、となっちゃうけども、
本当は「モンゴルに帰りたい気持ちがあるなら、病院くらい行けるだろ、治して帰ればいい」と言ってたんだよな。
最後の一言は重要だろう。全然意味変わっちゃうし。
まぁでも親方アホだには変わりないけど、早く帰せばいいのにとは思うけど。
相撲協会の決断は相当興味深いなー。嘘、そんな興味ない。
でも国技にして最も閉鎖的な集団がどうするかな。
折衷案じゃなくて思い切った決断を期待するけど、まぁグダグダな感じになるんだろうなぁ。

渋谷へ届け物をしてから御茶ノ水へ。
えんぶゼミサマースクール4日目。
そろそろ折り返し。
んで、まぁそろそろデスロックの演劇へシフト。
発表に向けて色々試したりしつつ、ついに軽く笑ってもらう。
やっぱり人が笑い続ける様は面白い。感動的だなぁ。
無料で見せるにはもったいなさ過ぎるのが作れると良いなぁ。
unlock#2.5ってとこかな。
ガーディアンの審査会も#1.5みたいなもんだし。

とかやりつつも「演劇LOVE」もやらねば、あ、二騎の会も。
天王山らしく過ごさねば。
どんどん仕事が積み上がっていく。



http://sports.nifty.com/kuwata-masumi/

このタイミングでBLOG開設!
友へ、だよなぁ、やっぱ。


8/20
起きて、家で作業。アゴラに行かねば…。

財布、見つかる。
学芸大で自由になる前に寄った飲み屋にあった。
あの飲み屋で金払ってないんだけどな。
その後路上で寝てるときに確認した気がしたんだけども、まぁ酔ってたってことか。
まぁでも良かった、カードとか止めないで良かった。
何が入ってたか思い出した時に、LIFE(スーパー)のポイントカードが一番惜しかったくらいなので中身は大したことなんだけども、財布自体が帰ってきて良かった。一応GUCCI。


えんぶゼミへ。
今日もまだ現代口語。
ぼちぼち発表に向けて徐々にシフトしていこう。
今日も30分オーバー。
3時間×10日だと結局詰め込んでしまう。今日のも2,3日かけたいとこだけども、現代口語で止まってるわけにもいかんしな。
作品だけ作っても良いんだけども、いきなりだとわけわかんなすぎるし、まぁいきなりじゃなくてもわけわかんないかも知れないけども。
まぁ面白いのを作ります。
発表会を観たい方はこちらからどうぞ。
http://www.enbu.co.jp/zemi/


あと、東京デスロックでは、制作者、制作補を募集しています。
HPのTOPページをご覧下さい。
宜しくお願いします。



8/18
朝寝て、昼起きて、色々やって、二子新地へ。
バタフライズ花火大会。

RIMG01222.jpg

人は多いです。


RIMG0153f.jpg

いえーい


RIMG0164s.jpg

いえーい
隣は30人規模の若者のサークルでした。浴衣だらけ。
一応映像も。長いのでまぁ最初と最後で雰囲気だけでも。



RIMG0207s.jpg

イベントもあり。


RIMG0255d.jpg

二次会は自由が丘で自由に。


RIMG0270s.jpg

3次会は学芸大学で自由に。


RIMG0268s.jpg

自由な感じで。


まぁこんな感じでした。

最終的には30歳5人で公園の芝生で野宿。
楽しかった。

起きたら財布がありませんでした。
最悪だね。


8/19
交番で盗難届を出して、みなとみらいへ。

パシフィコ横浜下見。
さてどうなる事やら。
まぁアゴラと同じ事はさすがに不可能なので、ここで出来ることをやります。

ちなみにアゴラはunlockシリーズですが、横浜はunlockではありません。むしろCARAVAN。
アゴラ版のボーナストラック的に楽しんでもらえるとは思います。
水と砂無しでどうやるんだって辺りとかを。
意外と色々クリアに見えるのかも知れない。

アゴラに行って働いて、春風舎へ。
あなざ事情団『ゴド侍』観劇?体験?
いやーやっぱ面白いなぁ。
こんな面白い演劇が観られるなんて良い時代に生まれたなぁ。


とりあえずは桑田の話からにしましょうか。
8/14付けでパイレーツを戦力外通告されました。
今後の去就は、一旦帰国してからとなりそうです。
パイレーツからはコーチ就任の要請も来ているようです。
マイナーで現役続行か、引退か、という感じになりそうです。
ニュースで見る桑田の表情はとても明るく、相変わらず「ありがとうございました」とロッカールームを去りました。
もう何でもいいや、桑田なら。
とりあえず、メジャーのマウンドに立つ姿を見ている時は最高に幸せでした。ありがとう。

8/16
久々に家で寝た気がする。
結構寝てしまった。

起きて、次回デスロックのチケット発売日だったのを完全に忘れてたので、大急ぎで設定とか。あぁ…このスケジュール大丈夫かなぁ。

んで、御茶ノ水へ。
えんぶゼミサマースクール初日。
生徒さんは14人。今日は1人欠席で13人。
良い人数です。

今日はオリザさんの簡単なWSと、いつも自分がやってるWSをやる。
せっかくなので今日のWSのプチ発表をえんぶの方に観てもらう。
最後に多田淳之介史を解説したら、スゲー時間かかってしまった。
初日から40分押しで終了。

とりあえずは初のクラスなので、色々試しつつ、充実した日々を送りたいですね。

26日に発表会があります。無料先着順なので、よければ観に来てください。
完全に新作を作るつもりで発表します。
20分の発表なので、まぁガーディアン・ガーデンの審査会は越えたい。
授業(?)も見学できるようなので見たい方は連絡下さい。
今回はさすがに誰でもという感じではないですけども。
個々に連絡するのもあれなんでここで、いつも来てくれている貴方とか貴女とか、時間あれば是非。

8/17
起きて、デスロックのWEBを更新したり。あぁ働かねば。
アゴラに行ってから、えんぶゼミ二日目。

今日も、色々演劇の話を皆でしたり、WSをしたり。
今回のサマースクールが、またちょっとでも演劇のためになればいい、とか言う話をしたり。
まぁ僕の考えていることは出来るだけ伝えたいです。
その上で個々に色々考えてもらえるととても良い。
今日は俳優とは?みたいな話をする。

んでオリザさんの恐竜WSをやってから、自分のWS。
とりあえず前半は、地味に、現代口語演劇をやってきます。
今日も最後に組毎の発表をえんぶの方に観てもらう。
こうなったら毎日発表会でも良いくらい。
ちゃんと人に見せる、という経験は多ければ多いほど良い。

親睦会で皆で飲みに行く。
今のところ、小劇場界で1,2を争うドS演出家だと言うことには誰も気付いてないだろう。
最終日には全員にそう思われてるのが理想だけども。


恒例の作品解説です。


デンワトマッテマスアスフッキシマス


8/14
楽日。
新しい水を入れて、本番。

何とかお客さんも沢山来てくれた。良かった。
やはり1週末だと厳しいな。
かといって俳優の手売りを増やしてもしょうがないしな。
デスロックの数少ない誇りです、俳優の手売りチケットには頼らない。
それで動員増やしても全く意味がない。
まぁ、だから動員が少ないんだけどもね。

んで、バラシ。
ご想像の通り、大変です。
25時まで。
それから劇場で打ち上げ。
いやー、疲れた。みんなお疲れ様。
ご来場いただいたお客様、ありがとうございました。


8/15
劇場で目覚めると、打ち上げの片付けが完全に終っていた。
皆すいません。

で、六尺堂でカタシ。
いかんせん、砂が乾かない。
こんなにも炎天下なのに。
待つこと6時間。乾かない。

皆に任せてアゴラへ。
新・オリジナルワークショップを作る研究会。
3年ぶりにワークショップ研が始まりました。
コミュニケーションティーチャーを育てるべく、今後色々やっていきます。
今日はその一回目。外部の参加者とも初顔合わせ。
面白そうな方々が来てくれた、楽しみだ。
今日は山内さんのWSを皆で受ける。
俺のWSはこの山内さんのWSが基になってるんだけども、実際受けるのは初めてで、楽しかった。
なるほどな。

軽く飲んで、帰宅。
公演の荷物は、アゴラから春風舎に運ぶ荷物が多すぎて断念。
にしてももの凄い量の荷物を持って帰る、なんだこれ、苦行だろ。
楽日、バラシ、カタシ、WSときて最後にこれかー。

帰宅し、気付いたら寝てた。
で、明日からえんぶゼミ。
次回公演のチケットも発売になる。
初日まで45日?で3本立て。
あ、HP更新しなきゃ。
来ましたよ、今年の忙しさ天王山。

恒例の作品解説はまた後日。
今回は観客には絶対にわからないだろう事が多いので、お楽しみに。
いや、まぁ適当に楽しみにしてて下さい。


8/13
午後から装置をリフレッシュさせて、ちょっと稽古して、本番。

今日だけ満員、なので今日は場内係もやる。
まぁ1ステくらいはね、満席になってくれないと。
恒例の前説もして、速攻ブースに上がり開演。
オペは大分落着いたな。
芝居も安定してきたし。

fringeに思いっきり空調の事を書かれた。
http://fringe.jp/blog/archives/2007/08/13153029.html
ちなみに空調は切ってないんだけどな。
まぁあつかったんならしょうがない。
こんなに毎日空調と格闘してるのに、全然ダメでしたね。うるさくて良いのか。
お客の数と外気温で3台中何台クーラーをつけるか決めて、なるべくちょい暑いくらいで最後のシーンで早く終ってくれと思う位を目指してるんだけども。
一応芝居中はブースからうちわであおいでクーラーの冷気をなるべく回し、チラシ仰いでる人が多ければクーラーの台数を増やす、というシステムなんだけども。きのうから扇風機も導入したんだけども。
難しいなぁ。俺のうちわ風は届かなかったか。

ちなみに空調の音がうるさくても作品の伝わり方は変わらない、と言う意見だけは「?」かなぁ。他にも雑音があるから良いとは思わない。
雑音は雑音、減らす努力は必要。
とくに声を扱うジャンルで、それをいっちゃ身も蓋もない。
大劇場ではなく小劇場を選んでいる劇団にはやってること全否定ですよ。一呼吸音すら聞かせたいのに。あ、そんなの聞こえなくて良いって事か。
暗転で多少明るくてもいいでしょ、みたいなもんか?僕はできるだけ暗くしたいですよ。
お客さん一人の咳払いで大事な台詞が聞こえないことも多々ありますが、報われなくても努力するのを止めたらお終いだと思っています。

暴力的に、空調うるさいから切ってるわけではなくて、かなり気は遣ってるんだけども、まぁもっと努力しろって事ですね。
初日よりお客さんがの数が半分だったので同じクーラーの設定で行けると判断してそうしてました。
別に芸術家気取りで空調切ってはないです。暑かった方々すいませんでした。

なので今日はガンガン空調入れてみたら、空調がうるさかったと言われるし、難しいなぁ。

明日は楽日。空いてます。当日券ありまくりますので宜しくお願いします。


8/12
稽古して、マチネ。ラストを少し変える。
まぁわかりやすくしてみた、今回はこれ位やっても良いんじゃないかね。

出来はまぁ演出家としてはイマイチ、お客さんにはわかんないところでだけども。

んで、ソワレ。はまぁ良かったんじゃないかな。
ラストをまた少し変更。これくらいかな、やっぱ。
扇風機を導入してみたが、やっぱり暑い。
また改良しよう。

終演後生田さんとのトーク。空調ガンガンつけたらやっぱ聞こえなかったみたい。結構二人とも声出してたと思ったんだけどな。
案の定生田さんが面白い話を沢山してくれた。楽しかった。

打ち上げ。

あぁ、もう残り2ステか。
相変わらず動員少ないなー。
みんなお盆で帰省してるのか王子とか下北にいってるんだろうなぁ。
いつまでも噂先行劇団だな。
ホント今観に来てくれているお客さんには恩返ししたいです。
どうも有り難うございます。


8/7
稽古最終日。
昼から夕方まで稽古して、春風舎をバラす。

いやーまぁ大変でしたよさすがに。
あのセット春風舎に組んでましたから。
まぁだからこそ出来る本番ですけどね。

んで、そのままアゴラへ。
夜中仕込もうと思ってたが、前のカンパニーのバラシが押して仕込めず。
解散。

そのままアゴラで仕込み以外の作業。
アゴラ泊

8/8
んで、朝から仕込み。
春風舎で仕込んでたとはいえ、なかなか大変です。
さすがにアゴラだと手薄なところがあると大変なことになるからなー。
完璧でないと。

んで、23時くらいまで仕込み。

諸々作業してアゴラ泊。


8/9
仕込み残渣業をして、昼から稽古。
やっぱり舞台で稽古しないことにはどうにもならない、むしろ場当たりは必要ないので稽古。

照明がとにかく素晴らしい。ソラリスの映画見るよりこっちでしょ。
映像に勝ったな。


8/10
稽古して、場当たり、テクリハ。
今回俺は「別」以来の激難オペレーション。
まさかこの作業を一人でやってるとは思うまい。
「別」の時は、音響のフェーダーをいじりながら、プロジェクターの開閉は、紐を口にくわえてやってた。
今回は更に手が多い。

んで、初日。
お客さんいっぱい。まぁ今日だけだけど。
みんなお盆前に観ておく感じか。

本番は無事できた。
さて、ここからどこまでいけるかだな。

堤さんとPPT。
嬉しいことを沢山言ってもらう。応えていきますよ。
初日で色々頭がいっぱいで、巧いこと回せなかったかな。
自分の公演のトークはこれまた難しい。
でも堤さんに来てもらえてやっぱ嬉しいな。

ROSE氏のBlogの話だが、僕は初日は初日、作品が生まれる日としてます。
その後、観客の目に触れることによって変わっていくもので、むしろその変化を受け入れていかないと、変わることがマイナスになる場合も多々あるので。
もちろん前回のアトリエ公演程変えることはないけども、僕の活動は一つの公演で終ることではないので、今回の公演期間中どのステージを観ても、自分の今の最高の作品であることは間違いないです。
常にステージを最高の状態にする事がまぁ僕にとっては重要なんですね。そこにだけは何の迷いもないです。
あと、僕の作品は、僕の意図と観客の感じるところを直結させるモノではないので、僕が初日から楽日まで突き詰めたところで、ある一定のレベルまで持って行けてれば、とりあえず自分は満足するだけで、観客の受け取り方にはそんなに影響されない、と言う気がしています。
こうした方が観客は面白いと思うだろう、と言うことを考えるなんて、そんな観客に失礼な作り方があるだろうか。
お客さんに向けて作られたものを観たいと僕は思わない。
初日と楽日が違くても、それが僕です。


8/11
二日目。
とりあえず夏のアゴラは空調の調節が難しい。
マチネは強めにつけたら、俳優は極寒だったらしい。
客席は大丈夫だったみたい。
ソワレはお客さんも少ないし、初日の半分か、ので弱めで済んだ。音がね、するんだよね、空調。
嬉しいやら悲しいやら。
せっかくアゴラなのにな、まぁ観たい人はどしどし来てください。
こんなにも初アゴラではしゃいでるのに。
これ以上のソラリスは無いと思うんだけどなー。
小説よりも想像をかき立て、映画よりもリアリティがある、それが演劇だろう。


初日です。
どうぞお楽しみに。


8/6
早起きして高津へ。いやー奇跡的に起きれたなー。
色々物色して、最高のモノをゲット。
コイツはおあつらえ向きだぜ。

で、昼から稽古。
こまごま直したり煮詰まったり、まぁいつものことか、あとは面白くするだけです。もう今回は煮詰まってナンボ。

今日はSNBさんが稽古場に来てくれた。
見てもらえて良かったです。

アゴラにインターンシップで来ている大学生も来てくれた、が、稽古見て怖い人だと思われたんじゃ無かろうか…大丈夫かなぁ。

で、今日も通し。
明日また直して、アゴラ上陸です。

待ってろアゴラ。

稽古後、夜の春風舎最終日なので、江古田台湾屋台料理屋へ。
安いし美味いしね。
やっぱ江古田はここか和田屋だな。

10金初日です、どうぞ皆さん観に来てください。
お盆ですが、帰省前にでも宜しくです。



8/4
昼から稽古。
頭から行けるとこまで、22時まで。

疲れた疲れた。

今日はロミジュリに出てもらう女優さん2名が見学に。
ロミジュリは、まぁ作戦は違うだろうけども、これに近いことはやってもらいます。宜しくです。


8/5
昼から昨日の続き。
夜通し。
演出部新人のMYNG君KMT君が見学に。
とりあえず春風舎のバカバカしい状態を見てもらえただけでも。

稽古はあと2日。
最終日は稽古場バラシがあるので正味1.5日か。
まぁお楽しみに。
待ってろアゴラ、な気分。初アゴラだしね。
仕事でいくのとは大違いだな。


8/1
アゴラに泊まって朝から鹿殺しの仕込み立ち会い。
まさぁ自分の公演の前の週の公演の仕込み立ち会いをするとは思わなかったな。
まぁでも普通に働く。

さすがに観れないな。

んで、春風舎に向かい稽古。

稽古。


8/2
起きて、春風舎へ、稽古。
今日も見学有り。
ロミジュリを受けてくれたT君が来てくれた。
オーディションやったかいがあったってもんですよ。

夜中、チラシ。


8/3
昼間に次回デスロックのチラシ入稿。
まぁソラリスほどの策略ではないけども、良いチラシじゃないかな。
タイトルも思い切りました。
ソラリス初日から折り込み開始です。笑ってやって下さい、忙しさとか含め。
9/30から3本立てです。

で、稽古。
全体的に変える。
通し。
素材は大分できたので、あとは組み立てます。
大分完成型は見えてきたのかな、色々仕組みがわかってきた、なんだろう、人間の仕組みかなぁ。

なんだか初日のチケットが売れてるみたいで不思議だったんだけども、みんなお盆前に観て帰省しようって事か。
なるほど。

お盆か…大丈夫かな、みんな東京にいるかな。
よくよく考えたら死人が帰ってくる芝居だなぁ。


7/31
BLOGの更新をマメにしてるからと言って暇な訳じゃないです。
いや、そうでもないか。いや、そうか。

起きて、家で色々。
アゴラに行って、また小竹に戻る。

稽古。
今日は4人も見学の方が来てくれた。嬉しいですね。
ちょっと直して、通し。
もう毎日通しやりたいなぁ。

今回は本当にどういう演劇か言葉にしづらいなぁ。
何て言えば良いんだろう。
何だろう、時間を忘れる演劇?
だめだ、意味わかんないなこれじゃ。

稽古後江古田の台湾屋台居酒屋に行って、積み重ねとか盛り上がりがないね、と確認する。
でもなんか面白いんだよなぁ。
本当に積み重ねとか、盛り上がりとか、カタルシスとか皆無。
なんなんだろうか、これ。
完成した後に自分が何考えるかは楽しみではある。

まぁ相変わらず疲れた身体ブームは健在です。
色々確信出来ることもあるんだよなぁ。

生きる事への絶望無くして生きる事への愛はない、ですよ。
良いこと言ったなぁ、カミュ。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 JNSK OFFICIAL DIARY, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。