ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12/23
夕方から、忘映会。今年は「アメリカVSジョンレノン」を観る。
六pんぎひる図へ。
いや、六本木ヒルズへ。

うん、ジョンに関しては特に新しい情報無し。
ヨーコ、うーん、喋らなければ何とかなるかも、と思えてきた。
俺も大人になったってことかなぁ。

二つくらい席を空けた隣に、酔っぱらってるんだか、いちいち連れの女に解説をしたり、曲がかかると歌い出す奴が居て、最初Mが注意して収まったが、しばらくしてまた始めたので、さすがに俺も注意する。
あり得ないだろ、映画観で歌うみてーの。

サクッと飲んで帰宅。
いやー、ライブ、ライブ、映画と、良い3日間だった。

帰宅途中、ブックオフで「テルプシコーラ」全巻購入。
一気に読破。
これはヤバイ、悲しすぎる。
バレエとバレーみてーの!


12/24
昼からアゴラで働く。
すっかり年末だね。というかイブか。
事務所にも人が少なく、そんな感じ。

仕事後、渋谷で携帯を機種変更。
ついにAdvanced ZERO-3 [es] にしてしまった。

うーん、これこのままだと電話機として使いづらすぎるだろ。
とりあえずソフトを入れまくって色々解消。 
これは楽しい。
携帯というよりかは大分PDAに近い。
無線LAN使用時の電池の消耗が激しいな。

電話帳を入れ替えたり等で過ごす。


12/25
起きてブラブラしてたら、日本レンタルメディア管理組合から電話。
諸々は最近のBLOG参照。

まぁでもクリスマスはちゃんと楽しく過ごす。


12/26
朝からアゴラで仕事。
途中消費者センターに電話したりとバタバタ過ごす。

夕方からキラリ☆ふじみへ。菅尾組の稽古を見学。
他の幕を見るのも大事だな、こりゃ。
色々思いをめぐらす。


12/27
今日もキラリ☆ふじみへ。
取材1件。

アゴラへ。
WS研究会のMT。
その後、飲みに行く。


12/28
そこそこ具合が悪い、風邪。
寝倒して、夕方アゴラへ。
4月のWSのMT。
楽しみだ。

そして今日もキラリ☆ふじみへ。
1幕のミーティングに顔を出す。

アゴラ~キラリ☆ふじみの往復も大分慣れてきた。



12/29
昼よりアゴラで働く。
なんか、休みだから働く、みたいになってるな、また。
仕事を休んで働く、とか矛盾してるようだが、まぁそういうもんか。

夜、渋谷でSP打ち上げ。
終始楽しい雰囲気で、楽しかった。

撮影では絡まなかった出演者の皆さんとも話せて良かった。

wiiは、最初岡田君が当たったんだけども、岡田君は持ってるから他の人にって事で、くじを引き直して俺が当たる。
岡田君からもらったと言っても良いだろう。

二次会はパスして帰宅。
まだ朝まで飲む程は回復してない。



12/30
コンタクトが、さすがに寿命。
片目で出かける。

吉祥寺へ。
あなんじゅぱすLIVEです。
昼間によーこさん、藤井さんと打ち合わせ。

スタートまで時間が空いたので、コンタクトを買いに行く。
危ない危ない、年末年始片目とかあり得なかった。

新しいコンタクトでLIVEスタート。

いや、まぁ、なんとか司会はそつなくこなせたんじゃないかな。
にしても、藤井さんすごかったなぁ、現代詩、ちょっとこれ面白いや。

面白いテキストを見ると、演劇にしたくなるなぁ。

お客さんも沢山入って良かった。
10日くらい前にSAKANAをみたステージに上れたのは結構嬉しい。

今回は普段のあなんじゅぱすとは違った、あなんじゅぱすnanoのLIVEでしたが、とても良かった。
プログラミングドラムとマリンバって良いね。
個人的には、まりもちゃんと、うさぎちゃんが大ヒット。

ここを見て観に来てくれた方もいて、そういうのはとても嬉しいです。ありがとうございました。

なかなかバタバタしてるけども、楽しい年末だ。

そして、明日からは、いよいよ最強のイベント。
楽しさはこんなもんじゃないぜ。
うおー、楽しみー。

スポンサーサイト

とりあえず、日記はまた追って。
今日はSPの打ち上げがありました。
出演者挨拶の一人目が夏目で最悪でした。

抽選大会でwiiが当たりました。
夏目もwiiが当たりました。TV無いくせに。
おしまい。


こんな感じになりました。


業者は、「日本レンタルメディア管理組合」
とりあえず、ネットで検索。
民法で認められた組合です、をウリに押してくる違法業者、なるほどね。

でまぁここ↓を見付けて一安心。
http://www.bengo4.com/bbs/read/663/712.html

で、日本レンタルメディア管理組合に電話。

「債権の移動があったと言うことですか?」
「いえ、債権は移動してません。うちは組合ですから。」
「どういう意味ですか?」
「(組合について長々説明)」
「あ、そうですか。じゃあ消費者センターに相談してからまた連絡します。」
「とりあえず、どっちにしても早くしてください。」


レンタルビデオ屋に電話。
経緯を話すと
「組合を通してくれ」
「組合のやり方は違法の可能性があるので、店と直接やりとりをしたい。弁償する気はある」
「直接やりとりは出来ないことになっている」
「消費者センターに相談した後また連絡します」


で、消費者センターに電話。
経緯を話す。
まぁ↑のリンク先の通りのお答え。


レンタルビデオ屋に電話。
消費者センターでの話を伝える。
和解の金額を伺うと、延滞料日数分+弁償で、\70000払って貰わないと困るとの
こと。
新品購入料金以上払うつもりはないと伝えるも、らちが明かず、また連絡すると伝え終了。

再度こちらから連絡。弁償代\5000+\遅延料\5000=\10000を提案すると、組合
と相談して連絡するとのこと。

数時間後、店舗から、組合と協議の結果、上記の金額で和解するとの連絡あ
り。明後日までに支払って欲しいとのことで、明日27日の午後で約束。


まぁ一応明日払おうかなと思ってるんだが、\10000くらいなら。
でも高いかなー、どうすっかな。
一応弁護士ドットコムの回答してくれた佐藤弁護士に感謝メールを打ってみた。
まぁレス無いだろうけども、レスあれば、また考えよう。


しかし、WEBにすら延滞の場合は日本レンタルメディア管理組合に委託する、とか書いてあるビデオ屋が結構ある。
こことか
まぁTUTAYAは大丈夫だと思います。
ちなみに俺の場合は、千川のリバティというビデオ屋です。

これ騙されて払ったヤツスゲーいるんだろうなぁ。
払っちゃダメですよ。
このBLOGが少しでも役に立つと良いんだが。

あー、\10000も高い気がしてきたなぁ。
面倒臭いから良いっちゃ良いんだけども…

そんな感じです、皆さんアドバイスありがとうございました。
大分助かりました。


こりゃ心強い。
連絡来たのこの業者だよ。

http://www.bengo4.com/bbs/read/663/712.html


HELP

レンタルビデオ屋から70000円の請求が来た。
正確にはなんか取り立ての別業者だけど。

経緯はこんな感じ。

何本か借りたDVDを返した。
数日後、1本返ってきてないと連絡が来た。

店内のポストに投函したので、返したはずだから確認してくれ、と伝え電話を切る。

これが6月くらい。

で、今日まで音沙汰無し。

で、延滞料と買い取り料で合わせて\70000だって。

家でもDVDは見つかってない。

さて、どうしたものか。さすがにハイわかりましたと言って払うつもりはない。

普通に借りっぱなしならまだわかるが、これなんとかなんないのかな?

HELP


12/21、22

昼春風舎の下見立ち会い。


夜吉祥寺へ。

最強の2日間、1日目。


SAKANA LIVE @MANDALA-2

最強。


終って大塚へ。
服部宅でデスロック会議。
飲んだだけだけど。

多分6時くらいに就寝。



9時過ぎに起床。

春風舎下見立ち会いその2。
酒臭すぎるな。


帰宅し風呂に入り、キラリふじみへ。
ロミオとジュリエット稽古2回目。
今日はまぁテキストを使ったりもしつつ、基本は立ったり座ったりしてもらう。
あと、とりあえず踊ってもらう。
20人の群舞はなかなか見応えがある。
感動的だなぁ。
年内の稽古はとりあえずこれでお終い。



で、高円寺へ。
最強の2日間、2日目。

ネタンダーズLIVE @高円寺JIROKICHI

最強。
ロックンロール、冬のいち日、G.B.、とか最強。
071223_1459~001

塚本さんに最強の新譜にサインしてもらう。

最強の居酒屋、抱瓶で飲む。
もつ鍋最強。

途中から最強のベースマン吉川さんも合流。
吉川さんとちゃんと飲んだの初めてか?
色々聞けて楽しかった。

タクシーで帰宅。
金使ってるなぁ。
ご褒美ご褒美、年末くらい、この1年を思えば良いだろう。

やっぱLIVEに行くのが一番楽しい。

まぁでも、恒例の本当の最強の2日間はこの後だけどね。
(年越しの日記参照)


wonderlandに二騎の会の劇評が載ってます。
どうぞ読んでみて下さい。やっぱ戯曲が褒められると嬉しいね。


12/16
覚えてないや。
多分家で休んでた。



12/17
部屋の大掃除をする。
まぁ今年初の片付け。
2月の公演のモノとかをかたづけたりとか、まぁすっきり片付いた。

ジルベールの小屋も片付けました。

久々にフローリングが見えて、部屋が寒くなりました。



12/18
昼にアゴラに行ってWS研のミーティング。
を、早退し、キラリ☆ふじみへ。

いやー、今年はもう仕事しない筈だったんだけどな、稽古始まりました。
まぁ適当に稽古経過はこちらにUPされたりしています。
http://dairenai.blog123.fc2.com/

いやいや、ロミオとジュリエットですよ。
やっぱ考え始めると、三条会のロミジュリ面白かったなぁと思います。
もうあれそのまんまでも良いよ。

まぁ稽古はとりあえずWSから。
いかんせん俳優が20人もいますからね、そして初めて仕事する人だらけです。
まぁここからですわ。
まぁでも、長時間の稽古って、俺はダメだな。

さて、ロミオとジュリエットとは何か?ですね。
何にしようかな。

稽古後飲んで、帰宅。



12/19
なんか、二騎の会終わってから、完全休養モードになってたんだけども、部屋片付けたし、稽古も始まったりで、またワーカーホリックモードに。
アゴラに行って働く。



12/20
午前中にリトルモアで打ち合わせ。
また来年もやりますよ、演劇LOVE2008。
お楽しみに。

まぁ来年1年の企画は大分もう決まってるので、楽しみです。
となると、また楽しいことやろうとすると、2009年か…考えたくないなー。
まぁとりあえず来年お楽しみに。

デスロック新シリーズも大分固まってきたし、いやいや、楽しくなりそうだ。

原宿ついでに、久々に街を散策。
完全に衝動買いをする。
久方ぶりに服とスニーカー購入。
店員とスニーカーについて喋りまくったり。
なんの衝動だか。
なぜか1足も持ってなかったNBを初購入。
071221_0158~001

完全に今履いてる↓コレとかぶってるんだけどね。
070610_2253~001.jpg

まぁでもなんだ、NB衝動か?

PUMAのレプタイルが復刻したんだよなー、履きつぶしちゃたから、これも買いそう…。

夕方から春風舎でワークショップ研究会。
桃唄309の長谷さんのWSをみんなで体験。
最後まで居たかったけども、早退。

キラリ☆ふじみで、全体顔合わせ。
まぁ一堂に会するのは最初で最後か?まぁ打ち上げとかあるか。
ようやく全幕稽古が始まって、演出家3人でもろもろ話したり。
けっこう楽しいです。

良い具合にアクセス数も落ちてきましたが、告知です。
年末東京にいる人は是非遊びに来てください。

来る12/30に、「あなんじゅぱす」というバンド(?)のLIVEで司会(?)をします。
吉祥寺MANDARA-2です。
僕が何をやるのかは今だ不明ですが、とりあえずあなんじゅぱすの音楽はとても良いです。
多分喋るんだとおもいますが、年末らしく、なんか考えときます。
まぁMANDARA-2デビューはちょっと嬉しいです。
詳細はこちら、ぜひどうぞ。
http://homepage3.nifty.com/unangepasse/

そんな感じで、休もうと思ってた年末も、まぁそりゃ休めないよな。
休んでてもそんなに楽しくない、という感じか、まだ。
直近のモノがそんなに無いので、打ち合わせが楽しい時期ですね。


携帯復帰してます。


12/15
昼間、春風舎へ。
NUDO観劇。

演出のよこた君は、弱冠二十歳なんだけども、web上で色々発言をしていて、ロングランを提唱する東京FLCなんてのもやっている。
まぁその趣旨に関しては賛同できないところもありますけど。まぁその辺は、色々経験すりゃいいでしょって感じです。

しかしながら、弱冠二十歳、作品はまだ残念ながら未熟です、俳優も若いので、年相応の作品、だと思います。
でも、それは悪いことではなくて、というか、まぁ普通なので、がんばってね、という感じなんだけども、ただ、それなりに発言しちゃってる分、損する事があるだろうと思う。
まだ、日本の観客は、それなりのことを言うんだから、それなりの作品つくれや、みたいな傾向が強い。
僕が思うに、それなりのことを大学生の年代の若者が言う、と言うことは、当然のことであって、彼らがそう言う事を考えてくれてないとむしろ困るワケです。

よこた君の他にも若くて、問題意識をもっている若い世代は以前より増えていて、演劇教育の方向としては、悪くない、と思ってます。
大学生が、問題意識をもっていて、偉そうなこと言ってるけど、まだ作品は未熟、というのは、当然なのです。それが学生演劇の在るべき姿じゃないでしょうか。

むしろ、学生が、問題意識をもたずに、闇雲に駅前劇場を目指している事の方に、違和感を覚える。

そこいらの小劇場でのし上がろうなんて考えている学生劇団を見るならば、NUDOを見に行った方が、僕としてはまだ腑に落ちるってとこかなぁ。演劇を嫌いにならずには済む。

ただ、これはまぁ自らを省みたりもしつつ、今の時代は、プロデューサー的視点を持つ芸術家が出てきつつあって、web上の発言もまま目に付く、まぁ俺も発言しすぎなんだけども、何言ってたって、我々は、結局は作品が全てです。

言ってること真逆な感じだが、言ってること面白くても、作品が面白くなかったら、滅びるよ。
今後、演劇教育の賜で、問題意識のある芸術家は増えるとは思う、既に結構居るとは思うけども、ただ、面白い作品をつくる芸術家は、特に増えない、というか、まぁそのへん自分で何とかするトコだし。

じゃあ今後どうなってくかって言うと、恐らくプロデュース能力の高い芸術家の活動は、しばらく注目されるだろう、今後5年くらいは。
そういう人はもうちょい増えるだろうし。
ただ、特に何も考えず好きにやってる天才の方が作品は面白くて、評価もされるでしょう。
発言力もあるだろうし。

んでまぁ、問題意識のある、面白い芸術家が増えれば良いんだけども、そこはまぁ増えないよね。なかなか。
ただ、問題意識があって、そこそこの作品を作る人を面白くするより、天才に問題意識を持ってもらう方が、早い。
しかし、それを邪魔するモノが、これまた多い。
演劇の幸せを勘違いしたモノが、多い。
それでも少しは演劇のためになるでしょ?とは僕には全く思えません。
にわか小劇場ブームは、演劇の為には根本的には全くなっていない、逆効果。
だと思います。
結局は、TVへの道が開けるだけじゃん。まぁ俳優は良いかもしれないけど。
そんなんで演劇が救われるかってんだよ。
そういうのは、こっちが利用できるようになるまで手だしたらいかんよ。

演劇ってよくわからないよね、と言われないようになろうなんて全く思いません。
まぁ演劇くらいじゃない?わからないって劣等感なく言えるの。
演劇ってよくわからないよね、と言うときに、演劇が蔑まれないようになりたいだけです。
だから、わかってもらいたい、とか、下手に出ちゃダメだと思います。
不特定多数に、ほら演劇って意外と楽しめるでしょ、何て言ってちゃ何も変わらないでしょ、こんだけナメられてるのに。

我々は演劇に自信を持って作品を作っている、楽しみ方は出来るだけ教えます、ただ、気に入らない人は気に入らないでしょう。ごめんなさい。
美術とか、音楽の方が楽しめる人もいると思います。ただ、演劇を楽しめる人は、まだもう少しいるはずだと思います。

2007年も、皆様の健闘むなしく、演劇はTVに出たいと思われて終ります。

まぁ実際出たい人多いんだろうけど、あぁ、TVに出たくてやってる演劇を「小劇場」とよべば良いんじゃないかなぁ。
さすがに言い過ぎか。
まぁでも言い過ぎていかんと、どうにもならんよ。


とまぁTVに出たばっかで何いってんだって感じですが、ブログのアクセス数が5倍に跳ね上がってます。
すげーなSP。
まぁSP見てここにぶち当たった人は、演劇を是非観に来てください。
こねーか、さすがに。

2月の芝居は、俺が演出で、1話の犯人だった夏目も出ます。
よろしくです。
公演情報など



夜、アゴラ同僚の結婚式二次会。
貸し切りじゃなかったので、後ろのテーブルのギャル共がうるさすぎて隣の人とも会話が困難でした。
僕は、飲み屋でコールする人は、年齢関わらず、蔑みます。
公共の場で酒を飲む資格無し。飲みたきゃ外で飲め外で。で仲良く凍死してろ。


また消えた。
保存しようとすると、ログアウトして、消える。
もうFC2やめます。クソ。


12/13
寝た。
もつ鍋を作って食べた。

12/14
母親と新宿で会った。
焼き肉を食べた。

携帯復帰は来週になりそうです。


使用曲
《OP》 Joni Mitchell 「woodstock」  ALBUM:Ladies of the Canyon
amazon

《LAST》 Patti Smith「Smells Like Teen Spirit」 ALBUM:Twelve
amazon


12/8
マチネ

終って渋谷へ 
プレゼント交換用プレゼント選び。
決まらず。

ソワレ

打ち上げ。SP6話は見れず。


12/9
楽日、なのに10:30集合。
13:00開演なんてもう二度と嫌だ。

マチネ。
でも今回はマチネの方が出来が良い。
夜は疲れちゃう。やっぱもう1日2回公演は止めようかなぁ。

渋谷へ。プレゼント購入。

ソワレ。

バラして22:30くらいから5階稽古場で打ち上げ。

恒例のプレゼント交換。
今回は俺は装置の濱崎君へ。
ユニクロのフリース部屋着とヒートテックインナーをプレゼント。
そして天明さんから手袋と、韓国語教材CDを頂く。
いやー、楽しいなぁプレゼント交換は。

6時くらいまで呑んで寝る。
お疲れ様でした。

12/10
14時くらいまで稽古場で寝続ける。

起きてアゴラ脱出。
チャリでちんたら帰宅。

で、また寝る。

起きて、買い物行って、家で呑む。

で、また寝る。


12/11
起きて、作品解説を書いてたら全部消える。クソ。

キラリふじみへ。ロミジュリ打ち合わせ、終電くらいまで。
美術がスゲー格好良い。なんだこりゃ。

帰宅し、書類作り。
朝まで。


12/12
ちょっと寝て、銀座で面談。

終ってアゴラへ。
夏以来のアゴラ勤務。
給料も半年もらってない。
奇跡的に演劇で食っている、が、さすがにそろそろ限界だなぁ。

デスロック打ち合わせ。
来年も楽しくなりそうだ。



いやー、消えちゃったんだよね、作品解説。
スゲー書く気無くなった。

まぁでも一応。
今回は、戯曲を立ち上げる作業を緻密にやったらああなっただけです。
別に奇をてらったわけでもなく、まぁ毎回そうなんだけども。
むしろ、あの戯曲をあれ以外の演出でやろうという事の方が不思議な気がする。

「五月の桜」というタイトルだし、桜は四月に咲くのが普通って事でもなくて、
北海道は五月だし、九州はもっと早いし、時間なんて人それぞれ違うんだ。
という事が描かれてるとしか思えないです。
ので、家族それぞれの木を立てました。
和希が沖縄にいると思ってる人の木はありません。
和希への思いが木になってるので。

真ん中の木?は桜ですが、まぁ桜はお父さんだなと、んじゃあお墓だろ、ってことでお墓の桜です。
戯曲に出てくる桜はこれ一本。

ちなみに彼らは、動けないワケではなくて、動かないだけで、
母も、姉も、自分の木を育てなきゃいけないから和希の元には行けないし、
むしろ和希に近づくことよりも、和希を思う自分の木の方が大切なのかも知れないし。
工藤はバリアがあるから近づけないし、となると行けるのは一基だけでしょう。
最初の登場でみんな木を持ってくるのは本番後半から足しました。

和希のリアクションというか、あの変なしゃべり方というか、まぁ諸々ルールみたいなのもありました。
お父さんの話は完全に心を閉ざして明るく、一基の話は普通に、等々。

和希 生まれ変わったら木になりたい。
工藤 え?
和希 木になりたい。
工藤 桜?
和希 大きな木。
工藤 どうして?
和希 わかんないけど。自由でしょ。
工藤 自由?
和希 ただそこにあるの。
工藤 え?
和希 なんでもない。
工藤 それ辛くない?
和希 なんで?
工藤 だって、ずーっと一人でそこに立ってるの?
和希 木だからね。
工藤 動けないんだよ。どこにも行けないんだよ。
和希 どこに行くの? どこに行きたいの? 工藤さんは。
工藤 え?
和希 ……。
工藤 生まれ変わっても人間になりたいよ、俺は。
和希 ふーん。
工藤 人間でいようよ。
和希 ……。
工藤 人間でいよう。

という会話がまぁ全てですね。
工藤はどこに行きたかったのか?まぁ和希の側に行きたかったんでしょう。
人間だもの。

そんな和希への姉瑞樹のこんな台詞もあります。

瑞希 あたしたちは生きてるんだよ。あんたもあたしもお母さんも、生きてるの。毎日ご飯だって食べなきゃいけないし、心細くだってなる。でも死んだ人間は二度と生き返らない。わかってる? お父さんは生き返らないんだよ、もう。
和希 わかってるよ、そんなこと。
瑞希 そばにいてくれないんだよ、死んだ人間は。そばにいてくれる人が必要なの、生きてる人間には。あんたにだってわかるでしょ?

とまぁ、そう言う事ですね。
んで、あのラストシーン、この戯曲を現前化するなら、一人で立つ姿と、人に支えてもらう姿をどう見せるかってことになるだろう。

ちなみに、作品見て無くて、この台詞だけ見て、うわ、こんな事普段言わないよ、とか思っちゃう人にこそ、見てほしかったと思います。

特に今回は、こういった普段我々が言わないような綺麗な台詞をいかにクリアに聞かせるか、
良い台詞だと思ってもらうかに重点が置かれていて、俳優には「LOVE」の第一部でやったことを台詞でやってもらっただけなんだけども、
台詞を、コミュニケーションの手段として使う、とまぁ当り前のことですが、実は多くの演劇はそうではないんです。
まぁこのやり方なら、シェイクスピアだろうが三島由紀夫だろうが、現代口語のコミュニケーションを利用て発話することは出来るんじゃないかな。
三条会が、身体性、出来事を通じて台詞を現前するのに対して、やはり我々はコミュニケーションを通じて現前させる、というのが良いんじゃないだろうか。
言葉を受けたり、跳ね返したり、流したり、結構いろいろあるもんです。
まぁデスロック新シリーズへ向けての布石みたいな感じかね。
まぁでも、さすがに今回は三条会に出たのも大いに影響してるとは思います。
戯曲へのアプローチの仕方が全然変わった。

最初の桜のシーンは、まぁサービスってのが一番だけども、
あのシーンとラストの木だけのシーンが、まぁリーディングやるなら俳優は舞台裏であの舞台だけ見せていれば十分だぁなというくらい、この話の全てだと思います。

動かないことに関しては、動かないことは、何もしてないわけではなく、移動しない、誰かとの距離を変えない、とか、色々な事をやっている状態だと思います。
何もせず立ってる、としか見えない人にはクソつまんなかったかも知れないけども、そう言う人は、演劇を観なくても幸せなんじゃないかなぁ。5㎝動くだけで世界が変わるとか、興味ないでしょ。
俳優を使って戯曲を現前化させるのが演劇だと思っているので、目の前で俳優を使うならば、そういう事だと思います。
何も考えずに当然みたいに俳優を動かしたり、歩かせたり、俳優が動く事を当然としてしまうと、それは、日本語を使うのは当然で、一人が一役をやるのが当然で、台詞を戯曲上で話しかけている相手に言うのが当然で、という、表現としてクソにも劣る思考停止したものが出来上がるでしょう。まぁそれがみんなの大好きな演劇なんでしょう。
まぁ今回俳優が動かないのは完全に必然で、1時間以上目の前で人が動かない、と言うことに、何か感じる人と、何も感じない人がいるのは、別にどうでも良いことなんですけどね。
ただ劇場では、劇体験しかできないので、TVが見たい人はTVを見たら良いんだと思います。

まぁまぁ、とりあえず、戯曲を現前化すると言うことを、今までで一番バランス良く出来たとは思います。
にしてもこの戯曲は現代の演出家が演出すれば、大体あんな感じになるんじゃないかな。
俳優を立たせて動かすなと言ってるとしか思えない。
と本番を観て思いました。

まぁ今回はこんなもんで。消えちゃったから手抜きです。FC2を恨んで下さい。
何かあれば聞いて下さい。


多分今夜辺りから最大1ヶ月携帯が止まります。
関係者各位、適当に。


作品解説書いたら全部消えた。

次に書けるのはちょっと後です。気長にお待ち下さい。


本日12/9楽日です。
まぁ、最高傑作です。
来年1年を占う作品にはなるでしょう。
去年の「再生」に続き、年に1本くらいこういう作品が作れて良かったです。
演劇は、戯曲と俳優と演出で成り立ってるというごく当り前のことをごく当り前にやると、現代演劇だとまぁこれがスタンダードだろう、という感じです。
観たい方はぜひ観に来てください。
13時と18時です。
当日券も出ます、宜しくお願いします。


12/2
春風舎稽古最終日。
稽古して、通しして、片付けて退出。
いよいよアゴラ入り。

帰宅すると、ジルベールの様子がおかしい。
足腰が立たず、奇声を発する、
どう見てもインスリノーマの発作。
とりあえず血糖値を上げるために砂糖水や砂糖を与えるも収まらず。
一晩中奇声を上げ続ける。

12/3
朝になっても発作は治まらず。

アゴラ入り。
舞台の仕込みは夕方前には終る。
シンプルなセットは良いね。

場当たりを始める、が、どうにも何かがおかしい。
まずは照明家と話して、照明を変更、大黒幕を吊ることにする。

仕込み中ISBSにジルベールを病院に連れて行ってもらう。
一応点滴を打ってもらったりはする。

23時過ぎにアゴラで幕を吊っているときにISBSから連絡があり、ジルベールが死んだとのこと。


12/4
小屋入り前に、ジルベールを埋める。
家からは遠いが、数少ない外に連れて行った場所の桜の木の下に埋める。
外に連れて行ってもビビって全然動かなかったなぁ、そういえば。
7年か、平均寿命よりは少し生きてくれたか、まぁ、さすがに悲しいです。

アゴラ入り。
場当たり再開。
諸々変更、俳優の立ち位置も大幅に変更。
その後、再度照明を全変更。
これで照明は今回通算三度目の仕込み。
申し訳ない…。

夜場当たり再開。ようやく全てしっくりいく。
春風舎で慣れてしまった弊害あるなぁ。
次回からは心してやらねば。


12/5
稽古。
ゲネプロ。
本番。

とりあえず無事初日が明ける。
さて、ここからですね。

所さんとアフタートーク。
作品の話とかじゃなく、こういうトークの方が楽しいな。


12/6
二日目。
二日目にマチネとかやるもんじゃないな。
もっと稽古したい。
でも意外に本番の出来は良かった。

大分いろいろ見えてきたかな。
本番を向かえて、観客の目に触れて初めて作品は生まれるんだなぁ、という感じがする。

ソワレもぼちぼち。
まぁ面白いんじゃないかね。

松井さん、添田さんとアフタートーク。
面白かった。
松井さんの演出する文学座交流企画が楽しみだなぁ。


12/7
3日目。
寝倒した。
3本立ての時に特に感じたけども、作品を見せるってなかなか消耗するな。

夕方小屋入り。
いまいち腑に落ちてないところがあり、新しく演出を加える。
小さな事だが、まぁ大幅に変更とも言えるかなぁ。

本番は、まぁちょっと緊張感がおちたかなぁという気もする、まぁ演出家はどこまでも欲深い。おもしろいけど。


さて、仕込み中にペットが死んでしまったり、小屋入りしてから変更だらけだったりで、相当大変な感じで初日が明け、とりあえず3日目まで終りました。
のこり2日、4ステ。

今回は、まぁ僕が演出したものでは、戯曲、俳優、演出が一番上手いこといってるんじゃないかな、という感じです。
まぁ詳しくはまた終ってから、とりあえず、是非期待して「観劇」に来てください。


初日無事明けました。

皆さん観に来てください。よろしくどうぞ。


笑っちゃったなぁ。ドリフすげぇなぁ。


11/26
稽古

11/27
昼間稽古。

夜千葉へ。三条会「若草物語」観劇。
面白かったー。ホント、コレ観ないでどうすんだって。
打ち上げに顔を出し、帰宅。
次にアトリエ来るのは、メディアの稽古見学かなー、楽しみだ。
メディアのチラシも京さんが作ってて、とても格好良い。
デスクトップ背景にしてます。


11/28
稽古

11/29
稽古
通し稽古を岩城さんと、たむんと、お京さんが見に来る。
毎回だけども照明どうなるか楽しみだなぁ。

11/30
朝8時集合で厚木へ。
SP撮影。
12時終了、小竹向原へ。

14時~20時 稽古

渋谷へ。
21時~23時 SP撮影。
一応これで俺のシーンは撮影終わり。
意外と長期間かかったな。お疲れ様でした。


12/1
稽古。

SP第5話。
一人では見たくないけど、やっぱり見る、いや、まぁ見るか。
来週は本番中か、打ち上げ中に皆で見るのか?
あ、ちょっとホントに嫌だな。

まもなく本番始まります。
12/5~12/9です。
観に来てください、宜しくお願いします。


二騎の会そろそろ本番です。
色んな公演が被ってるし、まぁデスロックじゃないし、といった感じで観逃す方が後悔するのが楽しみです。
宜しくお願いします。
http://www.seinendan.org/jpn/infolinks/infolinks071018.html




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 JNSK OFFICIAL DIARY, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。