FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
5/30
今日も雨。寒いし。
自転車買ってから雨ばっかり。

朝、春風舎の仕込み立ち会い。

夕方からキラリ富士見へ。
キラリンクのミーティング。
疲れた。がんばろう。


5/31
今日も雨。寒いし。
自転車買ってから雨ばっかり。

アゴラへ。
9月のリーディング公演のオーディション2回目。
ご飯を食べて、オーディション3回目。
やっぱり疲れた。
体力的にはそんなに疲れてないはずなんだけども。

どうもマクベス終ってから精神的に優れない。
明後日から7月の稽古も始まるなぁ。
9月のフェスティバルとデスロックも詰めないと。
12月のデスロックは、オーディションやる予定です。よろしくです。

うーん、雨だからかなぁ。
それとも部屋が汚いからかなぁ。

スポンサーサイト




今なぜそこまでして個人情報を集めたいのかJT
でお馴染みのTASPOですが、この広告とか酷いな。
080531-000522.jpg

「自動販売機で」を小さくすることで、個人情報集めたいだけですって言ってるようなものなのに。
大学生でもやらないよな、こんなの。
「自動販売機で」を大きくしないと、気まずいって。一番大事な情報なのになぁ。
SUICAとPASMO両方ともJRと私鉄に乗れるって事を、PASMO利用者を増やすためにひた隠しにしてたのを思い出す。
こういった構造は、まぁ100年たっても変わらないだろうなぁ。
これで発展してきたんだもんなぁ。
周りのためには自分は死んだ方が良いとか、ちゃんと気付く大人になりたい。



5/27
朝神戸から戻り、仮眠。
昼過ぎに起きて、春風舎下見立ち会い。

その後、チャリンコ屋を回る。
千川→中野→江古田と巡って、江古田で購入。
GIANTのESCAPE R3にしました。
メチャクチャ軽い。


5/28
起きて、水道が止まってた。1月分から払ってなかったらしい。
早速新しい自転車で水道局へ。
快適だ、トップスピードとか怖くて出せない。

で、千葉へ。
三条会のアトリエ公演観劇。
まずは卒塔婆小町Bプロ。
前説が関さんじゃないあたりで、これは、と思ったら、案の定、関さんがちゃんと出てる。
渡部さんも入ったうえに、俳優関美能留もつかえるとなったら、相当なパワーアップですよこりゃ。
大川さんの髪型がえらい格好良くなってた。
あ、橋口さんも。

んで、軽くお茶してから葵上Aプロ。
いやー爆笑しました。三島由紀夫で。
メディアから、完全に時間を操ってるなぁ、えらいこっちゃ。
でもやっぱり俳優さん達が素晴らしいです。

A.C.O.Aの史郎さん達も来ていて、一緒に打ち上げにお邪魔する。
楽しかった~。

終電で帰る、も、御茶ノ水以降の中央線が恒例の遅延で、全く終電間に合わず。
中野からバスで途中まで帰り、歩く。
中央線が遅れたおかげで440円+30分徒歩とか、どういうつもりなんだろうか、電車。


5/29
アゴラへ。
9月のリーディングのオーディション。
その後、国際演劇月間の打ち合わせ。
その後、ジジババミーティング参加。
楽しかった。

今が一番日本の演劇は良い状態なんじゃないかとすら思う。
15年後は、15年前に戻ってるとか、全然考えられる。
いや、今も15年前と何も変わってないのかもしんないな。
タイミングを逃さずやっていきたいものです。

今日も終電を逃し、池袋から歩く。30分。意外と近い。

副都心線のダイヤが発表されていた。
池袋0:20終電か、まぁましにはなったけど、終電は結局西武線を使うなこりゃ。
しかも、副都心線開通と同時に、有楽町線、西武有楽町線、東上線がかなり複雑になる。
和光市~池袋の有楽町線に無駄に準急が走る、千川、要町には有楽町線準急、副都心線の急行も止まらない。
千川、要町を使ってる人には結構面倒なことになるんじゃないか?
副都心線では急行だけど、東上線に乗り入れると各駅に変わったり、その逆とかもあるそうだ。

ちなみに副都心線急行の停車駅は、和光市、小竹向原、池袋、新宿三丁目、渋谷です。
すごいぞ小竹向原。
まぁ6/14は待ち遠しいですね。


神戸日記です。


神戸に来ました。
とりあえず、仕込みです。
ギャラリーです。もう慣れっこです。スイスイ進む。
皆は客席を作り、俺は音響と照明を作る。
ギャラリー特有のレール照明のシュートも慣れたもんだ。今回は軽く仕込み図も書いちゃった。
IMGP0455.jpg


で、仕込み終了。
とりあえず、何も下調べせずに来てしまったので、とりあえず、三宮に行ってみる。
金曜で混んでいたのと、男岩井の腹が減りすぎて、神戸にて、博多もつ鍋を食らう。
しっかしまぁ、美味かった。

この人達楽しそうだなぁ。
まぁデスロックとしては初の旅公演、さすがにはしゃいでいます。

明日は、場当たり、ゲネ、本番。
がんばります。


5/22
3人いる!稽古。
ついに通し。通る。いやー通ったね。
一年以内の再演なら何とかなるもんだ。

稽古後、春風舎でなべげんこと渡辺源四郎商店「ショウジさんの息子」観劇。
いやー、最高。
これはこれは、神戸前に、最高なものを見せてもらいました。
掛け値無しに素晴らしいです、迷ってる方は、是非観てください。
なんだか、東京の劇団ってつまらないんじゃないかとかいう希望を持たせてくれます。

昨日の快快もそうだけども、面白さって、大切だなぁ。
技術やら、意味やら、テキストと身体やらなんやらクソみたいな大事なこともあるけども、やっぱり面白くないとなぁ。
春風舎の客席がこんな雰囲気になるなんて、あんまり記憶にない。
涙もろい方は一応準備を。
久々に、終演後しばらく立てない芝居だったなぁ。
客電とかつけてくれるな、みたいな。幸せでした。
畑澤聖悟ストレートバージョン堪能しました。

そして、なべげんのアトリエにも俄然行きたくなったのでした。
もう来年は那須と青森と富士見でやれたらもう十分です。やりたいなぁ。

打ち上げで楽しく飲んで、帰宅。

はい、で、明日朝から神戸に行きます。
「3人いる!」やってきます。
本番は明後日、明明後日の24,25です。
いやー楽しみだ。笑ってもらえると良いなぁ。

まぁ公演終って甲子園に行くのがまぁ相当な楽しみだけども。
阪神VS西武戦は、さすがに桑田Tシャツじゃあダメだよなぁ。
完全に桑田視点で行くんだけども。
桑田があの頃投げていた、打っていたあの聖地へ。
いやー楽しみー!


5/21
稽古前、自転車屋へ。水曜定休!
稽古して、王子へ。
自転車屋を一軒見る。うーん、もうちょい考えよう。

王子小劇場へ、快快観劇、の前に、セグウェイ試乗。
写真は此方にも載せられています。
http://shinoda.koyubichi.com/
http://kitagawa.koyubichi.com/
久々に若い女の子にカワイーとか言われて写メとられてる夏目を見た。



んで、観劇。
なんだか最近面倒臭いことを色々考えていたけども、快快面白かったからいいか、という気になる。
正に快快。
大丈夫大丈夫、演劇面白い。

終って、これまた同じ回に観ていた松井さんと飲む。
帰宅。

やべぇ、仕事たまってるじゃん。


あれ?こんなに書いてなかったっけ?

4/27 
稽古
多分この日にイス取りゲームをやり始めた。


4/28
稽古
プレビューに向けて作る。


4/29
プレビュー&プロセス公開。
なんとかのりきる。


4/30
休み。休む。
ユニット美人のゲネを観る。


5/1
稽古


5/2
稽古


5/3
稽古


5/4
稽古

ここまでの稽古で、プレビューでやったところ以降は何も出来上がらず。


5/5
稽古最終日。
全部作る。


5/6
劇場入り
血糊問題をどうしましょう。という感じ。


5/7
場当たり。稽古。
照明が凄い。


5/8
稽古、通し、公開ゲネプロ。
まぁゲネはゲネだな。
もうやんないだろうなぁ。


5/9
初日。
作品は何とか完成。
間に合った。


5/10
追加公演のマチネ、ソワレ。
もう二度とマチソワなんてやらん。
一日に二回も公演するなんて、おかしい。
いや、でも本当に、一日二回公演とか、世界的に見たら珍しいんです。


5/11
楽日。
早いなぁ。
バラシも早く終る。さすが床だけ。

プレゼントを買ってから、打ち上げ。
んで、プレゼント交換。
中西君からeneloopをもらう。嬉しい。
俺は、山本君に弁当箱をあげた。そしたら寺内さんが羽場さんにほぼ同じ物をプレゼント。
これもまた楽しい。

坪内逍遙の台詞をPCで打ちまくったので、最近変換がかなりおかしい。
「こちら」は「此方」になるし、「これ」は「之」だし。

朝まで呑み、話し、終了。
楽しかった。


5/12
寝る。焼き肉を食べに行く。


5/13
アゴラ国際演劇月間のミーティング。
フェスティバルディレクターをやります。


5/14
sizuoka春の演劇祭に行く。
http://jnsk.blog14.fc2.com/blog-entry-518.html


5/15
春風舎に青年団若手自主企画新宿八犬伝を観に行く。


5/16
国際演劇月間ミーティング。その後、デスロックミーティング。


5/17
横浜へ、動物園で動物園物語。
http://jnsk.blog14.fc2.com/blog-entry-520.html

5/18
「3人いる!」稽古開始。
夜ブラジル観劇。


5/19
六尺堂から床マットをキラリ富士見へ運ぶ。
間に合わず快快は別日に変更。
夜、飲みまくる。
帰宅すると電気が止まっている。蝋燭を買ってみる。


5/20
「3人いる!」稽古。
夜、自転車を見に行く。
うーん、どうしようかなぁ。買っちゃおうかなぁ。
その隙に電気復活。


意外と演劇を観ている。暇、といえば暇なんだけども。
そして毎日色んな人と演劇の話をしている。
日本の小劇場界には驚かされてばかりだ。一体どうなっているんだろう。
多分、もうそろそろ考えるのとかやめるなぁ、こりゃ。
ホントびっくりするわ。ひくなぁ。


問題1)次の中で間違いが一つあります。間違いだと思うものを選びなさい。
1.音楽は芸術だ。
2.絵画は芸術だ。
3.演劇は芸術だ。
4.Perfumeはかしゆかだ。




野毛山動物園へ、中野成樹+フランケンズの「動物園物語」を観に行く。

これ、動物園で「動物園物語」という、まぁもうふざけすぎている企画なんだけども、でも、そんなの観に行かないわけにはいかない。

んだけども、これ、相当素晴らしかったです。
こんな素晴らしい動物園物語は、今後見れるんだろうか、というか、動物園物語は、動物園で動物を観た後に観ないといけないんじゃないかとすら思ってしまう。
だって、観客は動物園に行ってきた側だもの、ジェリー側だもの。
そんなの劇場じゃあり得ないですよ。ジェリー側から観れる動物園物語、これは新鮮で強烈でした。
で会場が動物園そのものっていうメタファーも効きまくりで、これはもう、最高でした。
動物園だけども、現代社会だけども、でも動物園じゃん、という、まぁ面白かったんです。
村上、佐久間両氏も最高でした。
いやー、那須でお世話になった佐久間さん、案の定最高の俳優さんでした。

今日明日の2回公演でチケットも売り切れていますが、明日観る方はどうぞ期待に胸膨らませていってください。
急な坂スタジオに戻ってからのトークも面白いですよ。

いやー、最高でした。
野毛山のイベントとして月一くらいでやり続けて欲しい。

終演後、観に来てた松井さんも一緒に飲みに。
こちらもメチャクチャ楽しかった。

フランケンズの面々は、実は大学の先輩。
最近、柴君といい、日芸の知り合いが増えて嬉しいなぁ。
まぁ俺ほとんど大学行ってなかったけども。

んで、11月くらいにフランケンズの演出をさせてもらうんだけども、そういえば、フランケンズは元々はフランケンシュタイナーって名前だし、デスロックとフランケンシュタイナー、出会うべくして出会ったなぁ、と、上演中のプロレスLOVEなシーンを観て思った。
あぁ中野さんと武藤のIWGP奪取について話し忘れた。

「演劇LOVE」は、もちろん武藤の「プロレスLOVE」のパクリです。




やっぱり感動しちゃうんだよなぁ、これとか。
ポールとクラプトンとかさぁ。

当時の、ジョージお前なにクラプトンなんか連れてきてんだよ的な感じとか、思い出しているに違いない。
あれ、でもこれオリジナルってリンゴ叩いてんだっけ?
ホワイトアルバムの曲は、こうなってくるとたまらないな。

そういえば高校生の時に70年代ってたかだか20年前だったのに、今はその高校時代が15年前だし、全然当時70年代って近かったんだなぁ。
ウッドストックから40年か。
今の高校生とか、ロック聴いてんのかなぁ。CSNYとか。まぁでも聴いてるか。

あ、これ一応椅子取りゲームの元ネタ。というか、行き着いた椅子取りゲーム。
大人が本気でやると、もはや回らない。椅子取りゲームをするのかどうかすらわからない。
一応、2008年になった瞬間にイスを取るのかどうか、みたいな、もう末期です。
まぁ俺が取れなかったわけだけども。
こういう意味でもマクベスは再生のリニュアル版でもあります。



行ってきました。
Shizuoka春の芸術祭。ラビァ・ムルェ『消された官僚を捜して』。
バスで片道3時間。
本当に行って良かった。

正に、宮城さんの言っている、今の世界にアーティストが出来ること。
それをまざまざと見たなぁ。今回の事件があってなおさら。
他のどんなことでも、日本にいてベイルートをここまで身近に感じることなんて出来ないだろう。
冒頭の宮城さんの挨拶でもうなんだか泣きそうになる。
ラビァ氏の何としてでも日本で上演するんだという芸術へのストレートな思いと、それに全力で応えている宮城さんの関係に感動したのかなぁ。
素晴らしいフェスティバルです。

作品も途中インターネット回線のトラブルが若干あるも無事上演終了。
スカイプが途切れる度に燃えた。
上演が終って、彼はまた銃撃戦の行われている町に戻っていきました。
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200805110015.html
写真を見ると、本当に衝撃を受ける。

今回は他のラインナップも、相当充実しているので、皆さんお勧めです。
世界で演劇は今どうなっているのか、世界はどうなっているのか、いやー、宮城さん素晴らしい。
他の演目も行こう、全部観たいくらいだ。

あと、お茶をくれた方、本当にありがとう。名前も聞けずすいません。
明日部屋の掃除でもしていただきます。

今回は佐山さん寺内さんと一緒に行ったんだけども、往復6時間、色々話して、なんとなくこれからのこともボンヤリ見え始めた、のか、という感じ。
まぁこんな作品見たら演劇嫌いとか言ってる場合じゃない。
今の世界にアーティストができること、かぁ、素晴らしいなぁ。


久々ですが、作品解説です。


マクベス終了後に楽しみにしていた公演の一つが、Shizuoka春の演劇祭でのレバノンのラビア・ムルエ氏の公演。
彼の公演は去年にしすがもで見て、とても面白くて、現在観なきゃ行けない演出家の一人で、今年も観れるのかと楽しみにしていたんだけども、なんとまぁ、レバノンで銃撃戦が始まってしまって、ラビア氏がレバノンから出国不可能になってしまった。
本当に、彼はそういう状況で演劇を作っている。

公演中止も危ぶまれたが、なんとインターネット回線を利用して上演するとのこと。
http://www.spac.or.jp/08_spring/disappear.html

俄然観に行く、なおさら観に行きますよ、こりゃ。
向うでは銃撃戦ですよ、向う側では銃撃戦って、これは画面を通してるといっても確実にもの凄い劇体験だろう。ちょっと気合い入れて観ないと。
去年の公演を観たときも、彼らと自分達の置かれている状況の違いに愕然としたけども、今回はそれをぶっちぎりで上回るのだろう。

いざ、静岡へ、いや、いざ、レバノンへ。


「WALTZ MACBETH」無事終了しました。
ご来場いただいた方々ありがとうございました。


初日が明けました。
といってももうすぐ終わりです。
早いなぁ。

まだまだ席ありますので、みなさま是非観に来てください。
今日とか、今日のマチネとか、あと4時間で開演だけども、是非。
よろしくお願いします。


今日は公開ゲネプロでした。
やっとここまで漕ぎ着けた。
今回は、ホントどうなることかと思ったけども、結局出来た、という甘っちょろいもんでもなく、結局出来たは出来たんだけども、待ち合わせ時間には間に合ったんだけども、間に合うために2,3人は殺してきた、みたいな感じです。
間に合えばいいって訳じゃないよなぁ、間に合わないよりは良いけども、いや、でも間に合って良かった。

まぁ間に合ったかどうかは初日を迎えてからか。
とりあえず、いつものゲネプロの感じにはなった。
あとはまぁ、明日の初日に向けて一気に昇っていくだけなのでがんばります。
どうぞお楽しみに。


今日発売のSPA!に、公演紹介が、なかなかなスペースで掲載されています。
夏目の紹介の仕方が面白いです。
たしかに注目の…。
あと、発売中のSTUDIO VOICEにも、結構なスペースで紹介されています。
良ければ見てみてください。
まぁ、で、公演も見てみてください。


今日自転車のサドルを盗まれた。
今回の公演を観に来た人には結構笑えるエピソードになるだろう。
まぁとりあえず、いまのところは、全く笑えない。

明日から小屋入り。
どうぞお楽しみに。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 JNSK OFFICIAL DIARY, All rights reserved.