ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は11時から19時まで稽古。
通訳の加奈子さんがおやすみなので英語で稽古。
終ってから、ベルギー人に英語でメール。ワークショップの内容とかを…。
メール一通作るのにどんだけ時間かかってんだか。
ベルギー人とか、スペイン人とか、スイス人と、つたない英語でやり取りしています。
言っておきますが、英語はほとんど喋れません。
なので、相当な労力です。が、時間がない、人がいない、しょうがない。

日本語でやってる仕事もまぁ超忙しい、というか、稽古で消耗しすぎて、頭が全然働かない。
こんなに体力も精神も消耗する稽古は早々無いだろう、まぁ日本の演出家でこんな稽古してたら俳優に怒られるよ。
作品は、なんとなくデスロックとかぶっていくような気がしてならない。
あぁこれデスロックで俳優にやらせたなぁ、という感じの演出が、俺のシーンに加わった。
だよね、これ面白いよね。
なるほど、やってみるとこんな感じか、なかなか楽しいじゃないか。

まぁあれです、稽古を大体昼から20時位までぶっ続けでやって、その後仕事して朝5時くらいに寝てます。それが毎日です。土日とか休める人は良いなぁ。
案の定人生で一番忙しいです。
あと人生で一番金がないかもなぁ。ハハ。

スポンサーサイト

怖ろしいことに、マイドキュメントの中身が全て消えている。
もう、なにが無くなったかすら良くわからない。
演劇関連のデータは別の所にあったから良かったが、多分かなりのものが無くなった。
復元ソフトでも上手く復元できず。
多分、これからどんどん何が無くなったか気付くんだろうなぁ。
あぁそういえば、koreaっていうフォルダがマイドキュメントにあったなぁ、全部入ってたなぁ…



やはり、怪しいと思っていたが、渋谷駅での副都心線から井の頭線への乗り換えは、半蔵門線のホームを経由するのが多分最短距離。
駅の「井の頭線はこちら」の表示に従うと遠回りする事になる。
渋谷から乗るときも、半蔵門線の改札から入りましょう。








ただいま絶賛稽古中の、7月に出演する「ハナノミチ」のソロパフォーマンスが明日夜、飯田橋の日仏学院であります。
僕は出ませんが、7月のがどんな感じになるのか垣間見れると思います。
無料ですので、良ければ是非是非。

    ソロパフォーマンス
   "Hana no MIchiⅡ"in Tokyo
   作・演出:ヤン・アレグレ 翻訳:藤井慎太郎
   出演:川隅奈保子
   日時:2008年6月20日(金)19:00開演
   会場:東京日仏学院 エスパス・イマージュ
   入場無料

   飯田橋駅(JR総武線、東京メトロ有楽町線・南北線・東西線、都営地下鉄大江戸線)
   JR:西口より徒歩7分
   地下鉄:B3出口より7分 http://www.institut.jp
   ※詳しくは東京日仏学院HPをご覧下さい。
   ※特に予約の必要はありません。


副都心線に乗ってえらいことになった人のBLOGとして、えらいアクセス数になっております。
突如として2000アクセス。
←左カラムの下の方、リンクの下にあるcountにカーソルを持っていくと、笑える棒グラフが見れます。
またSPの再放送でもしたのかと思ったら、結構色んな所にリンクを張られているみたいです。
すごいな、副都心線。

今日も乗りましたが、もちろん混乱してました。
なんか今日は停電になったみたいですね。いやはや。
しばらくは自転車だなぁ、こりゃ。
とりあえず、小竹向原がアツイ事は確かですね。
というか、小竹向原次第な気がする…。

告知です。
東京デスロック出演者オーディションやります。
詳細はこちらでどうぞ。
よろしくおねがいします。

今日はよく働いた。
明日は稽古も休み。働くぞ。んで、ハイバイ観に行くぞ、楽しみだなぁ。

最近は中フラと動物電気を観た。
動物電気の会場で、多田さんが動物電気を観に来るなんて意外ですね、と言われた。
そうか、俺が元々動物電気に、しかも7年も在籍していた事って、意外とマイナーなのか?
まぁデスロックとは繋がりづらいだろうけども、結構たまに、こちとら元動物電気だぜちくしょうめ、と奮起する事もままあります。
下北沢小劇場界の荒波は揉まれてみないとわからないこともあります。
一つの劇団が、駅前劇場から初スズナリ、そして初本田劇場まで、良い経験をさせてもらいました。
作風もあるかも知れないけども、電気を観ると、田舎に帰ってきた気分になります。
兄さん達もがんばってるし、がんばろう。

中フラは、ようやく多田淳之介+フランケンズの内容が少し見えてきた。
良いカンパニーだなぁ、一緒にやるのは相当楽しみです。
公演ももちろん面白かった。やっぱセンスだよなぁセンス。
ナチュラルにストイックなセンスって大事だなぁ。


副都心線開通しました。
ほぼ毎日乗っています。

しっかしまぁ、酷い、一日たりともダイヤ通り運行してない。

渋谷→和光市が、急行で22分!がウリなんですが、
今日は、
渋谷→和光市が、急行で1時間20分かかりました。

これ凄いよね、1時間20分地下鉄にはなかなか乗らないでしょ。

アゴラからキラリ富士見に向っていたんだけども、
渋谷では「通勤急行川越市行き」の表示に、渋谷から鶴瀬まで一本だよ!と盛り上がったんですけども、渋谷を出発する前に「行き先を確認しております。」とアナウンス。
いやいや、そこを今確認か。

で、結局「この電車は急行川越市行きに変わります。」
行き先は変わらず、行き方が変わった。

渋谷を出たら、小竹向原までは順調に、途中停車は一回で済んだ。
んで、小竹着いてからが、まず、ホームのアナウンスで、「この電車は通勤急行です、次の停車駅は~氷川台に止まります。」と言ってるときに、なぜか車内アナウンスで、「これ急行!」と車掌の切れた声。

さすがに爆笑したけども、車内に言っちゃったよこの人。
その後、ホームのアナウンスで車掌の「急行です!」があって、んで駅員さんが、「失礼しました、この電車は急行川越市行きです、次の停車駅は和光市に止まります」。

で、小竹~和光市で、とんでも無いことが起きているらしく、全く発車せず。

しばらくすると、「この電車は急行川越市行きから、通勤急行川越市行きに変更します。次の停車駅は氷川台に止まります。」とのこと。
変わっちゃったよ、車掌必死に叫んだのに。

んで、その後結局30分以上発車せず。

アナウンスもどんどん疲れていき、最終的には「ただいま、小竹向原駅と和光市駅の間に電車がたくさん止まっているため、発車できません。」とか言ってた。
すげーわかりやすいけども、どんだけたくさん止まっちゃってんだよ。

んで「あと1分半で発車します。」と言った3分後くらいに発車。
次の氷川台に着くまでも5分くらいかかった。
とりあえずたくさん止まってるらしい。

氷川台を出るときがまた凄かった。
ドアが閉まって、出発して、50M位進んだところで、停止信号で停車。
いやいや、まだホームに電車の後ろ半分の車両残ってるんだけども。
どんだけ見切り発車したんだよ。

ホームからみたらすげー不思議だろうな。
ホームの半分くらいで電車が5分くらい止まってるとか。

その後も途中停車を繰り返し、一度、車内アナウンスで、「お疲れ様です、」という謎のアナウンスもあり、和光市に着いたところで「この電車は、当駅止まりに変更いたします」
とのこと。
結局東上線に乗換え。なんのメリットもなかった。

あと、冷房が相当ガンガン入っていて、二の腕をさすり続けた。

結局駒場東大前から鶴瀬まで2時間かかりました。
普通に検索すると1時間で着きます。
小竹向原到着から和光市到着まで1時間以上かかってるからね。


まぁ急いでいる時はしばらくは乗らないことをお勧めします。
乗るときは、観光気分で。移動手段と考えると危ないです。
あと、渋谷駅はJRとか井の頭から乗換えるとかなり歩きます。
駒場東大前行くには、副都心線使っても時間的には変わらない、という案の定な感じになってます。


まぁでも複雑すぎるんだよね。
下りだけでも
1、副都心線(渋谷→和光市)
2、副都心線→小竹向原から西武線に乗り入れ
3、副都心線→和光市から東武東上線乗り入れ
4、有楽町線→小竹向原から西武線に乗り入れ
5、有楽町線→和光市から東武東上線乗り入れ

これに副都心線急行、副都心線通勤急行、有楽町線急行、があり、多分下りだけで15種類の電車が小竹向原に集結してきている。
あ、これに東上線と西武線の急行とかも加わってくるうえに、もちろん上り電車もあるし…。

まぁそりゃあ上手くいかないわな。
このまま副都心線だけはいつでもダイヤ通りに運行してない、とかなら楽しいのに。


久々に、現実逃避でTVをたくさん観た。
副都心線の特集は釘付けになる、が、やはり秋葉原関連のニュースが多い。

いつからでしょうか、凶悪犯罪が、もう珍しくないとか、もういつ何が起きるか分からない時代だ、とか、言い始めたのは。
サリン?サカキバラ?小学校に乱入していったアレ?

資本主義社会ですから、エスキモーに冷蔵庫を売ることに命を懸けなくてはいけないわけだから、凶悪事件が起きれば、できるだけ煽って防犯グッズを売らなくてはいけないし、秋葉原には今後も人を呼んで売り上げを上げなきゃいけないし、この前は、大人がTVで、家を出るときは必ず一旦内鍵がかかっている状態でドアの外が安全かどうかを確認してから出なくてはいけない、そう言う時代だって事を自覚しないといけないんです、と本当に気持ちよさそうに言っていた。
まぁそれは別に良いですよ、どんどん防犯グッズが売れてくれたり、鍵屋が儲かるのは悪くないですけども、ただ、凶悪犯罪が珍しくないという情報を出すことは、物を売るためのしかるべき戦略、ですんでしまうのならば資本主義は人間には扱いきれないんじゃないかなと思います。

凶悪犯罪が日常的に起るという情報は、凶悪犯罪が日常的に起きてくれないと破綻するわけで、うまいことその需要と供給を保たないといけないんだけども、そしてその情報を一方的に出すことで、無責任にそのバランスを取っていると言うことには絶対に知らぬ存ぜぬな訳なんだよなぁ。

例えば、人を殺すことが、未だかつて誰も犯したことのない犯罪で、そんな事をすることは、想像することすら出来ない、ということなら、家族と上手くいっていなくても、偏った性的趣向でも、むしゃくしゃした中学生でも、なかなか実行には移せないだろう。
20年前くらいはそんなじゃなかったかな。

まぁ今までも、人なんて殺しまくってるし、そんな情報はいくらでもあったし、別にみんな知ってて、本とかマンガでいくらでもあったんだけども、ある時一斉に煽ったんだよな、儲かるから。
凶悪犯罪が普通の世の中になれば、相当儲かる、確かに。
ただ、凶悪犯罪が普通って言えばいうほど、凶悪犯罪の垣根は低くなって、凶悪犯罪は起きやすくなる。言えばいうほど普通になるよ、だって普通だって言い聞かせてるんだもの。
普通に起きるからみんな気を付けて、と、普通に起きるからあなたがやっても珍しくはないよ、はどう違うのだろうか?
そんなTVで言ったくらいでという気もするけども、そんな事はないと思う。

少年犯罪は、決して増えていない。ただ、増えてると言うと、誰かに良いことがある。
で、実際増えると、更に誰かに良いことが起きる。
情報の使い方としては、本当に素晴らしい、最低だ。
ただ、最低なんて事は絶対に考えられていない。
だって言ってる側は増えてるから気を付けてくださいと言っているだけだ、ということしか想像できないわけだから。

TVを見ながら、凶悪犯罪は、凶悪で、特別な事だという事だけはちゃんと報道して欲しい、まぁ何も期待してないけど、そこは突っ込んでいきたいなぁと思った。

だっておかしいでしょ、凶悪犯罪が身近になった、とか普通に受け入れてるの。
怖い世の中になったから気を付けましょうって。
あ、あと、エコロジーも、金儲けできないエコロジーは存在しないです。
昨今の、ゴミ分別実はエコとかどうでも良かった問題って、だれか説明したんだっけ?
あれって、結局人件費とかが、利益に見合わなくなったからって事だよなぁ。
プラスチックでもなんでも無害で燃やせる焼却炉開発したなんて話聞かないしなぁ。

あ、で、隣に住んでる人が、何考えているか分からない、もしかしたら凶悪犯罪を犯すかも知れない、とお考えのあなた、もちろんあなたもそう思われています。僕も思われています。
もし自分は凶悪犯罪を犯さないと自信を持って言えるなら、隣の人もそう思ってます。僕も思ってます。
といっても安心できないこの時代は、凶悪犯罪が増えたからではなく、凶悪犯罪は普通で、いつでも起きるという、見事な、誰かに良いことが起きるための情報操作に、我々はまんまとやられてしまったわけです。
多分、この感じは、どんどん進んでいくんだろうなぁ。
これは、ある時突然、利益とバランスが取れなくなって、実は全然平和でした、とはならないだろう。
誰も責任は取れない、というか、むしろ我々みんなで責任をとり続けるしかない。
誰がではなく、我々がやってることだしね、ただ、自分達のやっていることだけは自覚して生きていきたいものです。
本当は平和だったのになぁ。

まぁこれからも儲かるのはやっぱ防犯ですよ、あと、新しい便器の開発。

副都心線、明日開通。


「韓国演劇」という雑誌にインタビューが載りました。
IMGP0628.jpg


IMGP0626.jpg


目次にも写真が。
IMGP0627.jpg


舞台写真が載ってないのが残念。


意外と食いつきが良かったので。
これが問題の部分です。
普段はこんなトコから分けないので全く見えないんだけども。
IMGP0615.jpg


多分、今までで一番忙しいなぁ。

3本立ての稽古をしながら横浜でソラリスを上演したりとか、ニセSの本番やりながら二騎の会の稽古しつつデスロックの企画書作ったりとか、全然忙しくなかったんだなぁ。

ハナノミチの稽古しつつ、デスロック3本立てを進めつつ、国際演劇月間の4公演の制作を進めつつ、年末のデスロックを進めつつ、ってとこか。9本同時進行か、うち5本外国人相手だし、見事に5カ国だし。いよいよ忙しさだけはオリザさんに近づいたかなぁ。

30もとうに過ぎてるので、何かあるとわかりやすく局地的に白髪になる部分があるんだが、今回もわかりやすく白髪になっている。
うーむ、わかりやすい。
前回は、韓国の最初の1週間でなった。どうやら未知の領域に対するストレスが原因か?


部屋を片付けた。
正月に岡山行ったときの荷物と、韓国の荷物と、神戸の荷物をようやく片付ける。
大分すっきりした。
が、なんだか身辺が騒がしい。むむむ。

少しずつ色々な事が進む。朗報もあるが油断は出来ない。
この一週間で大分片付いてくれると良いなぁ。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 JNSK OFFICIAL DIARY, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。