ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1/29
珍しく早く起きる。多分昨日寝過ぎたせいだ。多分じゃなくて絶対そうなんだけども。

で、やらなくては、と思って今月放っておいたものに着手。
といっても銀行行って、カードの再発行と、暗証カードの再発行手続き。
あと歯医者の予約。

大分すっきりした、しかし、部屋の片付けとか全く手つかず、そうとう気まずい部屋に住んでいる。
フローリングが見えない。

で、アゴラに向い、宣伝美術WS。
楽しかったなぁ、京姉さんの、紙トークだけで十分満足。
あんな紙やこんな紙をいろいろ見ながら。
後半キスフェスパートは木元君が上手く喋ってくれて助かった。
色々思い出したなぁ、大変だったなぁ、キスフェス。

終って、軽く打ち上げ。
来週、再来週のWSも出席予定、文字組みとか、フォントの話とか、超楽しみ。


1/30
昼間、アゴラでうずめ劇場観劇。
九州から東京に拠点を移しての第一弾、全然関係ないけどもデスロックと入れ違いですな。
「ねずみ狩り」の戯曲の事は知らなかったけど、トークによると、ドイツとかで良く上演されているらしい。
何でそういうのなかなか日本に入ってこないのかな、「ジャックとその主人」とかもそうだけど。
で、今日はAバージョン(全4バージョンあります)を観る、ペーター・ゲスナーさんと松本でWSを受けた絹川さんの組み合わせ。
観ながら、そういえば、言葉を音として切り離してから、音に言葉の意味をつけるっていう、まぁ俺の好みな感じって、外人の話す日本語、そのまんまじゃん、とか思った。
全然そういう演劇じゃなかったんだけども、なんか見方によってはすごいコンテンポラリーな言葉の使い方にみえて面白かった。
全員外人とか面白そうだなぁ。韓国の俳優とかとやってみたいな、日本語で。
作品も面白かったです。内容知らずに観たので結構ビックリしたけど。
戯曲を枠だけ残して会話は相当いじってると思うんだけども、女性が男性の提案を受け入れる流れが気になった。他のチームも気になるなぁ。いや、そういう意味じゃなくてね。

で、王子へ、夜はシンクロ少女観劇。
これ両方見た人ならわかると思うけども、相当なダブルヘッダーです。
なんだ、俺の行動見張られてたらただの欲求不満なおっさんじゃないか。
まぁ「めくるめくセックス」というタイトルに惹かれて行ったわけではないのですが。
柴君のを観たりして、若い人の演劇を観ようかというのもあり、シンクロ少女は知り合いの女の子が演出していて、前作でデスロックっぽいことをやっていた、という漠然とした噂を聞いてて、観てもらってるのに未見だったので行ってみることに。
なんか言い訳っぽくて結局エロ目的みたいだな。
もちろんエロいもの観れるかもと、思ってなかったといえば嘘になるけども。
前半はエロもエロ以外も雑だったので、舞台でのエロとか悪口の扱い方とか、ポツドールのこととか色々思い出したりしながら観る。
後半は、女性のセックスものとしては珍しいし良い展開だったと思います。
最後面白かったなぁ。まぁ俺が○○好きってのもあるけど。
せっかくならもう一段飛んであと20分くらい続けて欲しいとか思いながら観る。
おぉ、何かエロそうだ。
とまぁ人の作品を俺がとやかく言ってもしょうがないんだけども、なんか演劇好きな人達が、若い劇団を青田買いして成長を見続ける、みたいな感覚について、なんとなく理解できた気がする。これで俳優も演出も上手くなっていく様を観ていくのは、それはそれで楽しいだろう。
多分デスロックをそう観ていてくれている人もいるのだろう。

で、帰宅。
春風舎の打ち上げにでも顔だそうかと思ってたら、終ってた、残念。

そして、明日は、いやー、ついに1月を締めくくる一大イベント。
一日7時間観劇です。
シェイクスピア→シェイクスピアです。移動もギリギリです、間に合うはず。

来月も、三条会と、フランケンズと、シェイクスピアだ、スゲーなシェイクスピア。
チラシもできたし、ぼちぼちリア王です。

二騎の会と、LOVEツアーと、秋のどでかいイベントと、まぁ相変わらず並行だけども。
ツアーも、行き先増えそうです、多分近くです。
あぁ、夏にも何かあったなぁ。

スポンサーサイト

1/27
昼間、柴君のtoiのゲネを観る。
名古屋で観れなかった2本も面白かった。

あゆみ(アゴラ版)もそうだったんだけども、やはり、柴君はロマンチストだなぁ、と思ったんだけども、ん、ちょっと待て、多分違うぞこれ、これ多分彼らにとっては普通のことだ、特別言及することですらないんじゃないか、と、柴君だけではない、快快とか、いわゆるりたーんず世代と、自分達の世代には、何か、我々と我々の上の世代、とは違う、断絶、というか、完全な違いを感じていたんだが、この、ロマンチックな感じ、というところに糸口があるのではないか、と思ったところにnmさんのBLOGにも正にその事が書いてあって、なかなか腑に落ちる。
まぁ柴君がロマンチストなのはそうなんだろうけども、いや、それは我々の世代から見るからそう見えるということなんだけども、彼らは、多分我々が信じる事が出来なかったものを、信じる信じないという問題にすらならないほど普通のこととして信じられている、信じられている、というと大げさだな、彼らには、何でもないことなのだろう。
これは彼らの世代に問題があるとかでも、我々の世代がどうだ、ということではなくて、まぁ例えば、街がありました、街がドンドン崩れていきました、我々の世代は、崩れきる寸前の世界を見た世代、崩れてしまう中、崩れを阻止しようとしたり、崩れた先の世界を考え行動する人達をみてきた、というような世代だと思う。
彼らは、完全荒野になった地に生れた世代。完全荒野。昔ここに街があったという話は聞いてるだろうけども、荒野からどういう街を作っていくかは彼らの自由、崩れていくなんてことは考える必要もない。
明るい未来を謳おうが、感動って良いよね、、みんなで楽しくやるのって楽しいじゃん、とそんなことに何かしらの疑いや、判断なんてする事自体意味無いのじゃないかな。
月まで歩いていくなんて、ロマンチックでもなく、普通の事でしょ、だって、別に夢でも何でもない。
多分、そんな彼らの作るものに、彼らより上の世代は感動したり、共鳴したりもするけども、おそらくそれは、同じ面白いでも、彼らと同世代の受け取り方とは、やっぱり確実に違うのだと思う。
けっこう評価も割れているみたいだけども、その辺も理由なんじゃないかな。
まぁその辺の違いを考えつつ、まぁでも面白いものは面白いし、りたーんずは楽しみだな。
今回のtoiで、一番好きなのは「ハイパーリンくん」。やっぱ、音楽とかには弱い。超ノリノリ。これは出たいな。ゲネを見ている柴君もノリノリで面白かった。
このまえの王者館とかも踏まえつつ、まぁ演劇ってなんでしょう、とまぁ、相変わらずダラダラ考えている。
本当に今月は演劇沢山観ているなぁ、何本?
野田地図
サンプル×2
柴君×2
少年王者館
高山植物園
くらいか、こんなもんか。
まぁでも、今月はあと2本は観る予定。
冬物語のチケットが取れない…誰か取れませんか?

toi後は、稽古。といってもデスロックではなく、とりあえず稽古していって、発表できるようになったらどこかで発表しよう、という、気長な、大人な、余裕の演劇。
とりあえず稽古初日だったので、2パターンで読んでみて、楽しく飲んで、終了。楽しみだ。


1/28
寝倒した。起きて夕方、ダラダラしまくって終る。

野球つく、多羅尾坂内野球団はメジャー4位。東葛スペクターズはマイナー優勝。
まずまずの成績で終える。



うわー、チラシ誤植発見…
納品日にテンション下がるわー…
さて、どこでしょう?


2006年「再生」以来のA4チラシ。
詰め込んだなぁ。
 
リア王omote


リア王ura


久々に写真つき。
光州の写真とかも、あるんだよなぁ、また適当に。

1/23
朝のバスで名古屋へ。
到着後、時間を完全にもてあます。
以前勧められた熱田神宮へ行ってみる。
初詣です。
IMGP1340.jpg

で、おみくじをひいたら…
IMGP1338.jpg
まぁ内容最悪。
FUCK熱田神宮。草薙の剣とかどうでもいい。

で、同じ敷地内にある違う神社で再度ひく。
IMGP1341.jpg
IMGP1342.jpg
まぁ多少改善。
ほんとおみくじとか、新年早々不吉なこととかやめて欲しい。
全く良いこと無いだろ。

で、勧められていた敷地内のきしめんやへ。
IMGP1354.jpg
IMGP1355.jpg
まぁ境内で食うのは良いですね。

しばしぼんやりして、名古屋へ戻り、長久手へ。
IMGP1367.jpg
IMGP1368.jpg
IMGP1370.jpg

面白チラシ発見。
IMGP1369.jpg
佐山雅弘さん、デスロック佐山和泉の父である。ピアニストである。

で、演劇観て、ちょっと飲んでホテルへ戻る。


1/24
昼からWS。男二人でロミオとジュリエット。

美味いカレーうどん屋に連れて行ってもらう。
うまい。
IMGP1374.jpg


1/25
午前中からWS。今日は待望の女性も参加。
ジュリエットの長台詞をいう状況を考える参加者の方々。
IMGP1377.jpg

良くWSに参加してくれるITくんのジュリエットは今回はこれ。
IMGP1378.jpg
実は扉の奥は上り階段になっていて、クビから下は、階段の上に昇っていっている。
ので、段々血が上ってきて顔が赤くなる辺りがとてもジュリエット。

昼休憩には、もちろん、あんかけパスタ。
IMGP1379.jpg

WS終了後、七ツ寺で少年王者館観劇。初。
舞台監督が中学の同級生でもあるイトハンで、名古屋で久々の再会。
面白かったです。
スズナリで観たいな。次のスズナリは行きたい。

コメダも行きました。
IMGP1380.jpg

ついに、あんトーストに挑戦。
IMGP1382.jpg
IMGP1383.jpg

大分名古屋飯も制覇しつつある。そろそろ、ひつまぶしに挑戦するか。


1/26
朝東京着。
寝て、起きて、高山植物園観劇。
一月演劇観てるなぁ。

4年ぶりの植物園。
なにしろ、植物園観て青年団入ったくらいですから、楽しみにしていました。
で、面白かったです。良い台詞とか、やっぱり良いもんだなぁ。
大分涙をこらえつつ観る。死ぬとかにはめっぽう弱い。
高山さんの渾身の台詞が久々に聞けてグイッと来ました。
また次回にも期待です。


昨日からワークショップしに名古屋に来てます。
明日の夜バスで帰ります。

昨日は劇王イベントで柴君の演劇を観た。
トラムでやるやつの2本。
あゆみと純粋記憶再生装置。
あゆみは3人版も面白かったなぁ。
新作は、また大変そうなことやってるなぁ。
柴君は、練習とか好きだな、絶対。
長久手にも行けて良かった。

今日のワークショップは、参加者二人。
しかもテキストはロミジュリ、で、男二人。
で、5時間。
なにせ二人である。やることやることがすぐ終る。
一体5時間も何したんだ、という感じですが、まぁ色々と、喋ったり、喋ったり、演劇したりしました。
久々にちょっと演劇やったな。

まぁでもさすがに5時間は長いな、ペースもなかなか掴みきれない、まぁ明日もがんばろう。
早めにホテルに戻ったんだけども疲れて寝てしまった。
で、さっき起きてコンビニ行って風呂入ってビールを飲んでいる。
明日は朝10時から16時半まで。
夜は演劇でも観たいな。

今日は名古屋も雪でした。

撃沈してる4代目劇王
IMGP1372.jpg


2/20
今日はさすがに昼から起きて色々やるぞと思っていたんだけどなぁ。
全く無理で夕方起きる。
ダメな日。
こんなんばっか。


2/21
16時のミーティングに寝坊。
むしろ16時に電話で起こされる。
こんなんばっか。

ミーティング後、サンプル2回目観劇。
1回目といろいろ統合しながら観る。
とりあえずは、松井さんが、今舞台上で起きている、その今の瞬間を相当今回は比重高く作っている。
ので、それはもちろん難しいことなんだけども、松井さんのやり方でそこに来たかー、と、んで次の「通過」の再演はどうすんのかなぁ、とか聞きそびれたな。まぁ楽しみでしょうがない。
もう一回観たかったなぁ。日程的に無理なんだけども。
楽日に向けてまたどうなるのか観たかったなぁ。


2/22
チラシ入稿。
入稿しました、29日の宣伝美術WSというデザイナーにとっては最高のプレッシャーの場で多分オフィシャルお披露目。

完全にキャラ変えチラシ。
変えました。まぁ色々思うところはありまくりですが、まぁそれはまた適当に。
とりあえず、演劇好きな人に見せるチラシから、演劇知らない人に見せるチラシにシフトチェンジです。
デザイナーとしては、まぁ幅を広げる良い機会、というか、まぁ荒波に打って出たとも言える。
勝負する相手が、他の劇団のチラシじゃないからなぁ。なんて楽な戦いしていたんだろうか。
まぁ第一弾として、また今後は今後でこれを踏まえて考えよう。

基本スタンスとして、チラシは、一番最初に出来る作品、本番は、一番最後に出来る作品。
チラシ含めて公演なので、リア王、まぁ始まりました。

えー、1/29のアゴラでの宣伝美術ワークショップにゲスト的な、感じで出ます。
キスフェスの事みたいなのを多分話す感じです。
今回のWSはこれ相当為になる。
ついにお京姉さんが口を開く。
http://www.agora-summit.com/2008w/ws_senden.html
これ出てから入稿したかったよ、もう。

下北で、ついに美容院に行く。
チラシ配ってた店にそのまま入る。
まぁ普通。無難。寒いし、まだまだ短くはしない。

勢いでスタジャンとかも買う。

んで、明日から名古屋です。
やっとスーツケースの中身を入れ替えます。




太ってもかっけぇ。



1/18
昼に起きて、イラストレーターを立ち上げる。


1/19
3時くらいにイラストレーターを閉じる。

まぁチラシを作っている。
そろそろ出来上がる。
チラシも、脱東京で芸風を変える感じ、多分。

寝て起きて、ダラダラ。

「猟奇的な彼女」を今さら観る。
いやー、こりゃ面白いや。
韓国ってだけで楽しいのに。
さすがに言葉の勉強にもなるな。
喋ってる意味字幕で出るんだもんな。

これでもかっていうくらいな展開。でもこれでもかっていうくらいだからスゲー楽しい。
後半戦の別れのシーンとか普通に笑った。
ラブコメわかってんなぁ。
後半の、爺さん出てきかたとか、最後のおばさん出てきかたとか、最高。
こりゃあ主演の娘人気出るわ。
役名を言わないのをがずっと気になってたんだが、ウィキペディアで調べて納得。
もともと実話ネット小説だったのね、それすら知らなかった。

キム・ギドク以外の韓国映画って初か?もしかして。
キム・ギドクしか観てないってのもアレだけど、韓国でそう言ったら、まぁ女子からは変態映画好きな人みたいな感じだったしな。
よし、観るぞ、韓国映画。

チラシ以外にも、ちらほら働いてはいる、が、返信できてないメールも結構あるな。
締め切りを一ヶ月過ぎているものもあるな…。やろう。すいません。よし、観るぞ、じゃねーな全然。

夜は、演出助手に応募してくれた人と会う。
演助は二人に付いてもらうことになりました。
今日会った彼は、20歳で長身、そしてイケメンなので、女子達が色めき立ってくれると良いと思います。
俺としては、俺より大きい人が居てくれると、高いところにあるものを取る係を代わってもらえるので助かる。

今日会ってない方の人は、全くイケメンではないので、良いバランスでしょう。

いきなり二人も演助が付いてくれて、大助かり。これで俺がボール投げたり、キットカット投げたり、緞帳開けたり、マイク降ろしたり、開演キュー出したりしなくても済むかなぁ。

まぁ楽しみです。

今週末は、また名古屋に参ります。
よろしくどうぞ。







1/15
昼起きて、下北へ。
マウスを購入したかったのだが、下北には、マウスは売ってなかった。
PC関係だと、多分メディアが精一杯、以前関連商品が売っていた店は軒並み潰れるかペットショップに変わってた。
しょうがないので古着屋とかに行きまくる。

渋谷へ、無事マウス購入。

で、満を持してアゴラへ。
アゴラで働くための、マウス購入。

が、サンプルがどうやら売り切れだった今日がキャンセルが多くて観れるっぽいので観る。

ただ、三階からだったので、三分の一は全く見えず。
スゲー面白かったけども、三分の一観えてないからなぁ。
だったらギャラリーから観たかったなぁ。
なんとかして下からまた観ます。
作品は、とてつもなく面白いと思います。
もう、酷い。
感じとしては、nmさんが、珍しくブログでデスロックとサンプルを同時に取り上げてた辺りに納得。
全然別角度から、同じようなことを、でも結果的に全然別の形で現前させていて、なんか、嬉しいというと変だが、グッと来る感じ。グイッと来る感じ。



1/16

昼起きて、PCを開ける。


1/17

4時頃PCを閉じる。
寝る。

昼起きて、キラリへ。
キラリ芸術祭では、お客さんを芸術祭参加のアーティストが、キラリまでの道程を一緒にガイドしながら歩く、みたいなイベントをやっています。

で、今日は俺がガイド。
お客さん3人と、館長と、5人で散歩しつつ、ガイドしつつキラリへ向う。
楽しかった。
是非皆さんご参加下さい。
楽しくて、40分くらいかけてキラリ到着。

モモンガ・コンプレックス観劇。
映像では見たことあったけど、実は初生モモンガ。

いやー、とんでもなく面白かった。
ダンスのことは俺もよく分かんないけど、演出、と言う点では、とても効いていた。
多分、演劇的な演出が効いていた、という評価を得るんじゃないかとかと思う。
わかんないけど、なんかダンス批評のイメージとして。
スゲーなー白神。
この水準のことを、埼玉の公共ホールのレジデントとしてやってるのって、すごいな、キラリンク、とまぁ、でも、実はキラリンクの全貌、というか、実際のアーティストとしてのガチンコの活動はこの芸術祭が初めてなわけで、蓋を開けてみたら、やっぱ、なんかこれおもしろいというか、結構意義のあることをやっているんじゃないかなキラリ、と全然他人事ではないんだけども、モモンガの作品の質の高さあってだけども、素直に思った。
がんばろう、とも素直に思った。
この作品を、沢山の市民の人に観てもらえてると良いなぁ。

モモンガ、明日18日の13:00開演が楽日です。
お時間あれば、是非。

野球つく、今シーズンは、案の定惨敗、メジャー8位とメジャー15位(笑)。
16チーム中15位とか…。マイナーリーグ降格ですわ。

期待していた犠打数も、両チームとも、一打差でトップを逃すとか、まぁ、前シーズン優勝したとは思えない成績でした。

時シーズンも、3シーズン目なので、まぁこのままだとダメでしょう。
レジェンドだけが溜まっていくが、課金はしないぞ。
4番不足で嘆いているが、ホーナーとか、ブライアントとか持ってるけど使えないジレンマ。


えーと、最近暇ですが、チラシを作ってるので暇、とも言い難い生活です。
大体の時間はチラシを作っています。
お腹がすいたら何か食べて、眠くなったら寝ます。



1/14
ふと思い立って、野田地図を観に行くことに決める。

金はないが、一度も観たことがないのはまずいだろう、いやまずくはないけども、観て損はないだろう。
宮沢りえと松たか子と橋爪功はちょっと観たいし。
YouTubeで見たメタルマクベスの松たか子とか格好良かったし、と、まぁなんか休日っぽいイベントだし、ってことで、渋谷へ。
当日券に並ぶ。
立ち見かなぁ、まぁ立ち見だと安いから良いか、と思ってたら、普通に中二階一番前に座れた。
9500円。高い…大人の値段だ。なんかでも、ちょっと贅沢な事をしてる感じでまんざらでもない、コクーンだし。

やっぱ楽しいね、芸能人を目の前で見れるって、最初の1時間はそれだけで楽しめる。
宮沢りえってこんな声だったっけ?最初分かんなかった。
宮沢りえも良かったけども、やっぱ松たか子良かったなぁ。
妹の時は宮沢りえをちゃんと立てて、自分が出るときは一気に出る。
最後の方の二人の所は何言ってるか全く分かんなかったけど、メインになったときの松たか子は良い。
橋爪功は実は結構好きだったんだけども、やっぱよかった。
やっぱ芸能人って、もともと個体が持ってるものが強いので、ちゃんと芝居すれば強い。

アンサンブルに知ってる人がちらほら。
演出やら内容については、まぁ野田地図のイメージ通り。
俳優の熱演と、心に響く台詞、みたいな感じ。
多分お客さんも喜んでるんじゃないかなぁ。演劇ダサイとは思わないだろう、多分、これなら。
まぁ開演前から一階席のお客さんを眺めながら色々考える。
上演中ももちろん。
色々社会勉強になって、結果行って良かった。

今年はついに蜷川も見よう。ゴールド何とかじゃないやつを。

渋谷でiPodのケースとイヤホン購入。いいぞ、新年っぽいぞ。


1/12
寝る。
多分21時頃起きる。
ビール飲んで、テレビ観て、ネットして、野球つくして、寝る。


1/13
寝る。
多分昼頃起きる。
いいとも見て、ごきげんよう見て、ネットして、二時ッチャオみてたら、ゲストが桐原健太君だった。
演技者。で共演したときも、売れそうな感じしたもんなぁ、すごいすごい。

また寝る。

起きて、ようやくメールを一気に打つ。

つるかめに行って、買い物して、飯作って、飲む。
だらだらテレビを見る、リンカーンとか。
野球つくは、今サイクルは絶望的だなぁ。

あ、東京デスロック、次回公演の演出助手を募集しています。
http://deathlock.specters.net
ご興味ある方よろしくお願いします。

そろそろ社会復帰かなぁ。
まぁ在宅で出来ることばっかだけども。

まぁのんびり始めます。
こんなに休めるのは、次は多分8月下旬。
今年もよろしくお願いします。


光州の日々です。
ROSESさんの日記の裏番。ん?こっちが表なのか?

1/8
朝、成田へ、成田は遠い。
昼過ぎの飛行機でまずはソウルへ。

空港にアテンドの人は来ないので、どのバスに乗るか決まったら時間を伝えてくれと言われていたので、バス停を探し、もらっていた連絡先に電話する。
電話すると、なんと電話の相手は今空港で我々を待っているとのこと。
数メートル先で電話の相手を見つける。

そこからバスで4時間かけて光州へ。
バスを待ってる時間に、今日は劇場には入れないことを知る。
予定では、今日の夜から仕込みの予定。そのスケジュールで航空券の手配などをお願いしていた。
さっくりノリ打ち決定。
※ノリ打ち…一日の内に、小屋入り、仕込み、場当たり、リハーサル、本番を行うこと。

まぁしょうがない、航空券の手配など、日本語がほとんど喋れない人から電話がかかってきて、この予定で良いですか?と言われて、ダメです、と答えて、その「ダメです」が通じない、というやり取りだったのだから。

結局、この日はホテルに荷物を置いて、サムギョプサルを食べて終る。
もちろん、美味しい。

店に舞台監督も来て、打ち合わせ。
お互いに劇場のことや作品のことを初めて知る。
本番は明日である。
すでにこの時点でROSESさんに頼りっきり。
しかし、韓国ではいくら演出家といっても、年下の発言の弱さは否めない。
申し訳ないと思いつつも、頼る、今回はもう頼るしかない。

久々に韓国で飲むソジュは、やはり格別。
でもさすがに韓国に来た喜びに浸ってる余裕はない。


1/9
9時半より劇場入り。
午前中は暖房を入れられないとのこと。
もちろん、寒い。

初めて入る劇場。
もらっていた図面で想像していたよりは、狭いが、実際、広い。
舞台の使い方を考える。
まぁ、舞台美術を、一から考える。
とにかく考えることは、この状況でベストのもの、そして、作品として成立する可能性の高いものを選ぶということ。
行き当たりばったり公演には慣れているが、ちゃんとした劇場でノリ打ちはさすがに初。
袖幕とっぱらい、劇場の壁、照明のタワー、裏の休憩用スペースとか、まぁ全部見せにする。
照明のタワーが格好良い。
舞台監督以下スタッフは、とても優秀。
彼らはソウルから来ているスタッフで、後から聞いたら舞台監督は木花のスタッフとのこと。どうりで。
ただ彼らも雇われなので、劇場の事は彼らにもわからないことが多い。

まだまだ問題はある。
劇場が、韓国ではスタンダードな形だが、舞台前面が半円型になっている。
なんとかお願いして床面はリノを敷けるようになったが、リノは、舞台前の半円のスペースには敷くことが出来ない。
つまり舞台前部分は、白木の舞台がむき出しである。
ただでさえ客席との距離が致命的になりかねない作品である、考えたあげく(といっても数分だが、しかし数分で考えないといけない)舞台前面も照明機材むき出しで置いてもらって全体のバランスを取ることにする。

頼んでいたプロジェクターが到着し、使えることを確認、なんとかなるだろう。
字幕のオペも、ケーブルを引き回して俺が音響ブースでやることができるようだ。
危なかった、俺が出来ないとなると、他に出来る人は、いない。
一応字幕をだす部分は、音響は無いので、最悪俺がブースから移動して字幕オペに行くつもりではいたけども、本当に良かった。

午前中に舞台周り、テクニカルをあらかた決められた、大きなトラブルは起きていない。
ROSESさんは、通訳を介さずに、どんどこ照明の話も進めている。
ぶっちゃけ午前中で、通訳を介したのは数回しかなかったんじゃないだろうか。
通訳の人も、通訳をやるのは初めてで、プロではなく、ただ日本語を話すことが出来る人、である。
もちろん演劇の現場も初めて。
技術的なことはROSESさんに任せた方が多分10倍くらい早い。
実際に、2秒で終る会話が通訳を介すことで20秒かかる、ということはある。
今回は1秒でも惜しい現場だ。

昼食を食べ、場当たり。
色々問題はあるが、ゲネを優先する事にする。
ほぼ、ぶっつけゲネ。

ゲネを見て、いろいろ問題がハッキリする。
やはり、距離の問題が一番大きい。
俳優のやっていることは、おそらくほとんどもういじりようがない。

ゲネ後は俳優に色々注意点を伝え、ほとんどテクニカルの修正に当てる。
照明も、大幅に変えてもらう。
多分、この時のROSESさんとのやり取り、多分数分の会話だが、実は今回のハイライトの一つだったのではないかと思う。
俺の言葉足らずなところも、ちゃんと読み取ってもらえているのを明りを見て感じる。
俳優とのやり取りもそうだが、こちらが言葉で完全に説明することは出来ない、ただ、言葉でしか話せない、でもそこで言葉になっていない部分のやり取りが、演劇の面白いところだと思う。
お互いに、言葉には出来ないのだが、やり取りは言葉でしかできない、が、目の前には言葉ではないものが出来上がってくる。

ゲネが終ったのが16時過ぎ、19時開演なので、俳優に付き合ってもらえるのはあと1時間半程度。
俳優達の確認作業、自主練と、照明合せを同時に行う。
全てのシーンを確認している時間はない。
踊りの部分だけを通す。
照明は格段にゲネの問題点を解消してくれた。
なにしろ時間がない、ROSESさんに出来るだけイメージを伝えるようにして、あとは本番よろしくお願いします、と言うことしかできない。

俺の問題として、まだいくつか、字幕のタイミング、あと最後の曲が気に入っていない、多分この曲ではダメだ、と言うことはわかっている。
まもなく本番1時間前だというのに、ブースで選曲をする、俳優には、本番違う曲がかかる可能性があるけども、よろしく、と伝える、もうメチャクチャだ。
最悪、そのシーンまでに選曲が終ればなんとかなる。
と、一人ブースでテンパっている時に、フェスティバルの芸術監督と舞台監督と通訳が音響ブースにやってくる。
まぁゲネ後からかなり怪しい動きをしていたから薄々気付いていたんだが、どうやら芸術監督がゲネを見て気に入ってない様子。
こっちはそれどころではない。

通訳から、「この作品はわかりづらい、と芸術監督が言っている、わたしもよくわからない、開演前に観客にこの作品の見所などを説明してから上演するのはどうか」と言われる。
ちょっと、もう、どうかしている。
俺も完全にそれどころではない。
完全に思考回路がショートする。
まぁ、暗にこの作品はつまらない、と伝えられたわけだ。
こちとら、この作品を面白くするためのありとあらゆる事をしているときに。
とりあえず、今できることを全てやるしかないし、このまま何もしないで本番を迎えるとどうなるのかは自分が一番良くわかっていたので、残りの時間は一秒たりとも無駄に出来ない、と言うときに。

まぁ光州というのはソウルと違っていわゆる地方であり、観に来る人も、普段芸術鑑賞などに慣れているわけではない人が多いから、観客にわからないと思われたくない、と言うことらしい。
もちろん俺の脳裏にもあの人顔が浮かんだ。
早速光州で東京デスロックが今後戦うであろう地方公演の問題に直面したのである。

しかし、今、日本語が完璧には話せない通訳を介して芸術監督に説明する事が、時間の使い方として正しいのか、一番やるべき事は、選曲と、俳優への指示だと言うことだけは分かっている。

そしてその時、客席にROSESさんの姿が、見つけたときにはもうROSESさんの名前を叫んでいた。
事情を説明し、相談する。
本来、照明家に相談することでは全くない、でももう頼れるものには頼るしかない。
ROSESさんは、とてもスマートに、俺の考えを読み取り、答えてくれた。
ROSESさんの返答で、通訳も、芸術監督も納得してくれた様子。
通訳が納得する必要はもちろんないが、彼女は自分が納得しないと通訳できないタイプの人なのでここではそれがとても重要だった。
ここは、間違いなく今回のハイライトである。

そして、本番をむかえる。
こんな気持ちで本番をむかえたのは初めてだ。
やるべき事は全てやった。
いつもなら、俳優が多少間違えようと、稽古通りのことが起これば、何の問題もない、上手くいく確信がある。
今回は、その確信がない。確証がない。
全て、予測で指示を出している。もしかしたらその指示が間違っている可能性がある。
その結果、矢面に立っているのは俳優で、もちろんスタッフも、その時動いているのは演出家以外の人である。
彼らは、全て演出家の演出を元に作品をよくするために動いている、もしかしたら、彼らのその労力が、無駄になる可能性もある。演出家の責任だけど、演出家は矢面には立っていない。
何という現場を作ってしまったんだろうと、凹む。
自分の予測を信じるしかないが、信じることと確証はほど遠い。
間違っていたかどうかはその瞬間に自分が一番良くわかる。
そんでまぁ、凹んでる場合ではない。

そして開演ギリギリまで、思いついたことは俳優に指示を出し、開演。
お客さんは500の客席に半分くらい。多分光州なら上出来だろう。

本番は、とても素晴らしいものでした。
俳優達も照明も、とても素晴らしかった。
その瞬間に出せるポテンシャルを皆が発揮していたと思う。
ノリ打ち1ステージのみというのも良い感じに後押ししていたのだろう、とりあえず素晴らしかったです。
恐らくこの後に本番をむかえていたら、何の不安もなくいつものように本番をむかえていたと思う。

懸案の曲は、かける数秒前に決定し、変更。
俳優には申し訳ないことをしたが、その変更も、恐らくとても上手くいっていた。

そして観客の反応だが、笑いも起き、「LOVE」初演を見た人ならわかると思うが、後半連呼される「あー良いですよね」という台詞を観客も声を出して言うという、反応。
つまり、とても反応が良かったわけです。
子供達も多く見に来ていたが、終演後ロビーで子供達が「あー良いですよね」と言ってふざけていたりした。もちろん日本語で。
彼らは、もしかしたら演劇は面白いと思ってくれたかもしれない。

芸術監督も、初めての光州での演劇フェスティバルで、ああいう提案をするのは良くわかる、責めるつもりはないが、これから先も、何を信じて作品を上演するかということを強く考える良い機会になりました。

終演後、大学の教授の方とも話し、評価してくれているようでした。
初演の話もして、まぁもちろんもっと狭い空間で見た方が面白いだろう、とも言われました。
ロミジュリの時も大学の教授の人達からはすごい褒められたな、どうやら韓国の大学筋にはウケが良いようだ。

今回は、この劇場、この日程で、最良のものが作れたと思います。
本当に俳優、スタッフに感謝します。

そして終演後ROSESさんを通じて、舞台監督から、開演前に芸術監督が言ったことを気にしないで欲しい、彼も本番を見て開演前とは違う事を考えたかもしれない、と伝えられる。

そして劇場を出ると雪。

ホテルの近くで打ち上げ。
美味い、光州は、韓国で一番料理が美味しい、とのこと。
しかし、ポンテギは相変わらず苦手だ…。

こうして東京デスロック初の海外公演は無事終了しました。
時間は短かったですが、とても濃密な、一日を過ごしました。
多分一生忘れません。

明けましておめでとうございます。


1/10
朝9時に俺は別行動で劇場へ。
諸々契約書にサインし、笑える感じの公演フィーを受け取る。
韓国でそれなりの額をもらうと、やっぱ笑えるな、まぁ給料を全て1000円札で受け取ると思ってください。
封筒パンパン、立つ立つ。

駅でみんなと合流し、ソウルへ。
雪はソウルでは降っていなかったが、寒い、とにかく寒い。
マイナス10℃とか。

新村のホテルにチェックインし、大学路へ。
CASTAYAに出てくれたチョンイムが出ている「十二夜」を観劇。
面白かったなぁ。
4月に比べると、韓国語の演劇を見ても分る単語が増えていて楽しい。

皆を4月に毎日通っていた店に案内し食事。
懐かしいなぁ。
でまぁ美味い。

新村にもどり、ロミオとジュリエットの出演者達と飲む。
彼らとの再会は、まぁ、言葉にならないです。
今年は多分また彼らと作品が作れるし、皆元気そうで、相変わらずで。
後から日本の俳優達も合流。
デスロックで韓国に来て、韓国の俳優達とみんなが一緒に飲んでる姿を見る日がこんなに早く来るなんて。
言葉にならないです。
なんだか去年1年そこそこ頑張ったご褒美的な時間を過ごせたと思います。
また今年も頑張れそうな気がします。

飲む、とりあえず飲む。
多分5時過ぎとかまで飲んでいたと思う。
最後真っ直ぐ歩けなくなって、ホテルに帰る。

部屋に入り、とりあえずは嘔吐。
朦朧としながら荷造りをして寝る。


1/11
8時過ぎチェックアウト、バスで空港へ。
完璧な二日酔い。

寝まくってたら日本に着いた。

帰宅し、高円寺でスペクターズ新年会。
新年早々暗い話題で盛り上がる。

さすがにちょっと休みます。




光州公演、無事、終りました。
奇跡的に無事、劇団初海外なのに、初めて入る劇場で、初日の朝小屋入りで、奇跡的に無事終りました。
まぁ人員的には、むしろ海外慣れしている、ということもあり、の奇跡でした。

まぁ色々、相当大変でした、こんな思いはなかなか出来ないだろう、ので、色々考えたので、まぁそれはまた追って。

とりいそぎ、無事終った報告です。

作品は、とても上手くいきました。
「LOVE」と言えば「あー良いですよね」ですが、客席からも「あー良いですよね」(日本語で)が飛びまくる、といった感じで、まぁまた追って。

あと、やっぱり「LOVE」は、とにかく子供が笑いまくる。
意外と田舎合ってるんじゃないかな。

いや、まぁまた追って。

とりあえず、去年の夏くらいから、やっと休めます。
休みます。

明日は、楽しいことしかないでしょう。




1/7
昼からキラリふじみで韓国LOVEの稽古。
まぁ何とかなるでしょう。

夜、キラリ芸術祭の壮行会。

帰宅し、韓国用字幕を作り、やっと終る。
これから荷造り。

ソウルまで飛行機で2時間ちょい、ソウルから光州までバスで4時間半…近いんだか遠いんだかなぁ。

とりあえず、明日出国です、行ってきます。

あちらでは、ロミジュリのメンバーと飲んだり、CASTAYAに出てくれたチョンイムの出演している公演を見たりと、まぁ楽しいイベント盛り沢山です。

あ、観に来られるお二方、チョンイムの公演を10日の15時から大学路で見ます。良ければ是非。
携帯は、デスロックの携帯が通じます。
何かありましたらそちらへ。


1/5 
楽日。
大入り、のため客入れでいっぱいいっぱい。
どうも有り難うございます。

本番も良かったんじゃないだろうか。
で、トーク。
まぁ沢山喋りましたね。
今までも話していた内容が多かったけども、まぁ最後にお客さんの前で話せて良かったです。

で、バラシ、打ち上げ。
恒例プレゼント交換は、誠さんに、Perfumeグッズをプレゼント。
行きました、竹下通りのアイドルショップ。
まぁジャニーズファンの子供達がぎゅうぎゅうにひしめく店内に、32歳男性は相当場違い。
30分並んで、写真やらを購入。

で、笠井さんからユタポンと、紅白のDVDと、ビールの泡立ちが良くなる器機を頂く。
楽しいなぁ、やっぱ、交換は。

で、朝まで飲んで、ちょっと寝て、荷返し。


1/6
五反田、西巣鴨、大塚と荷返しで回り、帰宅し、1時間ほどねて、キラリふじみへ。

はいー、韓国公演の稽古です。

もうなんだよ、このスケジュール。
まぁでも、二日後には韓国にいる、休んでる場合じゃない。

「その人を知らず」は終りましたが、全然まだ終ってません。
まだまだ気持ちは2008だなぁ。

帰国したら休むぞ。あ、いや、そんな休めないな。
二ヶ月後に本番だ。
チラシ、企画書、あぁ二騎の会の準備もあるぜ。

ついに正月とかも無くなったか。


とりいそぎ、「その人を知らず」無事終了しました。
ご来場いただいた方々どうも有り難うございました。

作品については、帰国後、まぁ書こうかな、と思ってます。

あぁそうだ、トークで言い忘れた、鏡演出の件ですが、何言おうとしてたか思い出しました。
俳優にも、戦後に書かれた台詞を言っている、現在の自分の姿を見て、台詞を言って欲しかった、みたいな感じのことです。

明日も稽古、明後日出発します。
顔が白すぎる。


1/4
今日も本番。
音響が色々トラブル。原因不明。まぁ不明じゃないのもあるけど。
今日も沢山お客さんが来た。
マクベスとか、あんなに来なかったのに。
まぁ大旨好評のようです。
めずらしく「観る価値なし」とか「もうやめろ」とかほとんど言われてない。
まぁ変なこと何もやってないからか。3時間あるけどね。
なんとなく、unlockと、この間の3本立てやって、その色々がまぁ出てる気はしてます。
まぁその色々は当時怒られまくったんだけども。

ま、内容もほとんどWEB上でネタバレしてるので、明日のお客さんは、まぁそんな感じだろう。
楽日は大抵そうだ。内容もわかって、実際どんなもんか観に来る人たち、に観てもらいましょう。
どうぞどうぞ、値踏み上等、おまちしております。3階席なら当日券もなんとかなる、かと。

本番後、韓国版「LOVE」の稽古。やっぱ大筋は面白いなぁ「LOVE」。
ただ、韓国はキャパ500…初演はキャパ50だったのに…どうなることやら、まぁ韓国人ばりの現地勝負ですな。
国内ツアーも楽しみだ。

とにもかくにも、明日で、東京最後です、どうぞよろしく。


1/1
結局アゴラを出て渋谷をぶらつく。
さすがに閉まってるね、どこもかしこも。
なんとか肉を食いたくて牛角食堂へ。
まぁ、これで十分。

しっかしまぁ、元旦の渋谷は、外国人しかいない。
靴屋しか開いてないんだけども、その靴屋に外人だらけ。
ほとんど中国人。
牛角食堂も半分以上外国人。

新年なので靴を買う。
久々。ついにVANSに手を出す。新年なので。
昔はPUMA以外は認めてなかったのが、リーボックに手をだし、コンバースに手を出し、去年はついにアディダス、NBを買ってしまい、ついにVANS。
どうも、俺スケーターじゃないのに、という感が払拭できずにいる。
久々にメタリックを購入。
090101_1959~001
まぁでもスニーカーへの拘りとか、貧乏には一瞬で負けるね。
昔は平気で2万とか出してたのになぁ。
渋谷ならShoeBarで買うのが恒例でしたが、俄然ABCですわ。
まぁでも今のPUMAとか最悪だけどね。新しいレプタイルとか、ダサイ、なぜだかダサイ。
まぁレプタイルに色つけちゃダメでしょ、紫とか、何してくれてんだ。
スゥエードも、やっぱ黒緑が一番良いよなぁ、でもスゥエードのニーズとかないんだろうなぁ。
黒緑復刻してくんないかなぁ。
現行してるのではNBが一番良いかもなぁ。
リーボックのモノポリーシリーズのはしゃぎ方も結構面白いけど。
いや、まぁ全然VANSいいっすよ。新年迎えて一皮むけた感。
でもVANSのアイアンメイデンシリーズの次に出たKISSシリーズが、微妙なんだよなぁ、ジャケにしろよジャケに。メイデンシリーズは、良い、あれは良い。
まず、メイデンってだけで良い。

で、スーパーで半額のローストビーフとか筋子とか買って飲んでTVみて寝る。
まぁこんなもんだろ、元旦とか。


1/2
本番。


1/3
本番。
なんだか当日券とかで結構お客さんがきている。
多分、明日明後日も、まぁいっぱいいっぱいだろう。
とりあえず予約はもう終了しました。
当日券は、くわしくは問い合せてください。出るには出ると思います。
まぁでも、デスロック見れないくらいぶっちゃけどうってことないんじゃないですかね。
多分永遠に、噂は聞くよね的なポジションですから。噂だけ残して去ります。さようなら。

年越しましたが、基本的には変えてません。
まぁ変える理由もないので。
まぁいろいろ、楽日のトークで話せればと思っています。
今回はまぁ初日にちょっと話したくらいで珍しく話していないので。
ここにも多分そのうち書きますが。

なんだか、毎日飲み過ぎだな。
あと食べてないな、1週間以上は満腹を味わってないなぁ。
韓国への体力とか、全然無いぞ。
明日は本番後韓国公演の稽古もあるなぁ。


12/30
今日はちょっと早めに集まって何シーンか稽古する。
19:30開演5ステージ目。
終演後男優陣によるトーク。

書き忘れていたが、昨日は照明の岩城さんの誕生日をみんなで祝った。
やっぱいいなぁ誕生日を祝うのは。


12/31
今年を振り返ってる暇もなく大晦日。
渋谷でギターの弦を買って、アゴラへ。
「その人を知らず」年越し版を作る。
爆音シーンを、若干変更。
意外とこれはこれで面白いんじゃないか。

で、23:00開演。
いやぁ正直こんなにお客さんが来てくれるとは。
どうもありがとうございました。
年越しの瞬間も、ちょうどいいタイミングで来てくれて、狙い通りにいきました。
良かった良かった。

にしても、ついに演劇をしながら年を越すとは。
まぁしばらくこんなこともないだろう。

そして、新年会。
お客さんもたくさん残ってくれて、結構飲んだなぁ。
一芸大会も、楽しかった。
笑った笑った。
俺は、夏目バンドで1曲と、三好十郎の朗読をやりました。公共化したので読み放題です。
まぁ酔っ払って噛み噛みだったけど。
今回はギターの弦も切れずに済みました。

来てくれたお客さん、どうもありがとうございました。
是非、戯曲が公共化する瞬間に立ち会ったと自慢して下さい。

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。



1/1
そして、アゴラに一人宿泊。

昼過ぎに起きたんだけども、そういえば、今日の予定全く考えてなかった。
新年早々暇をもてあましてる。

もう17時だよ。
元旦に一人って、意外とさびしいもんだな。
家帰っても部屋めちゃくちゃだしなぁ、寒いしなぁ。
実家にでも帰ってやろうか。
映画でも行こうかな。
美味しいもの食べたいなぁ。


スロウライダーが、次回公演で解散する。
旗揚げ時期も近くて、お互いに客演しあったり、共に歩んできた気がしているので寂しい気もするが、デスロックも東京休止するし、そういう時期なのかなぁ。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 JNSK OFFICIAL DIARY, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。