ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5/28
休演日。
なので、稽古。
「F」リーディングの稽古です。
昨日までの俳優木崎から演出木崎へ。
演出多田から俳優多田へ。
いかんせん二人芝居、すげー台詞量、二人でしゃべり倒す。
疲れるね、俳優、でも楽しいね。

にしても、いやー、木崎演出すばらしい。
リーディングですが、ちゃんと演出されてます。
こいついつの間にこんなこと考えていやがったんだか。
これ相当面白いんじゃないかなぁ、まぁ出てるからわかんないけど、お勧めです。
木村家より、はるかに派手です。
むしろこっちの方がデスロックに近いんじゃないか。
まー楽しみにしてください。
5/30土 18:00 1DAYです。

一方木村家は、明日から後半戦。
まぁ結構な自信作なので、楽しみにしていてください。
初日からは結構変わりました。
コンセプトは変わってないけど、まぁお客さん入って色々わかったので、地味に攻めるだけです。
全然引かれることへの危惧とかない。
これが「一月三日、木村家の人々」です。

どうぞ、楽しみに来てください。
デスロックみたいな、怖い演劇じゃないっすから、腕組みして観てたら時間損するだけっすよ。
わざわざ劇場まで来てるんだから。
楽しんじゃってください。

明日、俄然当日券出ます。よろしくです。

スポンサーサイト

5/26
稽古して、本番。
ある種、相当良いでき。
多分このステージと同じことは起きないだろう。


5/27
稽古しないでマチネ、ソワレ。

リア王くらいから変わってきたけども、これまでは、A×B=Cだとすると、舞台上に作品としてCを乗せてきたんだけども、最近は、舞台上にはAがあって、Bが観客で、その結果がC。
で、俺の作りたいものは、というか作品と言える部分はC。Aではない。
稽古ではAを作るけども、作品はあくまでC。
そのCをどう作品として成立させられるか、というところが、まぁ演劇だと難しいのかもしれない、現代美術だと土壌があるだろうが、現代演劇、というジャンルすら危ういし。
でも、それをできる環境というのをつくれてきているのが自信だし、より所でもある。

関係あるけど関係ない話。のうえにネガティブな話。
十数年前のオリザさんの新聞のインタビューで、現代演劇と現代美術について発言してたのを最近読んだ。現代演劇はCなんだと言うことを言っていた。オリザさんも若かったのでけっこいう今より食い込んで言っていて、面白かった。
そしてこの十数年、見渡してみると、結果誰も平田オリザには関心がないんだろう。
これは近くにいるから思うことだとも思うけども、平田オリザには、誰も関心がない、と思う。
関心があっても平田オリザよりも自分に関心があるんだろう。
自分の国の演劇がいかに不毛かなんて、誰も考える必要はないし、それで誰も損はしないし、芸術家がのたれ死のうが誰も損はしないし、今平田オリザが居なくなってもも誰が悲しむだろうか。
僕が知らないだけだろうけども、こんなにも演劇を変えた人物が居ただろうかと思う。
現代口語演劇とかではなく。
それを考えると、もうオリザさんはフランス人を楽しませていれば良いんじゃないかとも思うし、東南アジアでしか演劇を作らなくても良いんじゃないかと思う。
ただ、僕は、平田オリザを無視し続けるこの状況を、相当恨めしく思っていて、そういうことだけは発言していこうと思ってる。それしかできないけども。

で、まぁそんな関係ないんだけども、演劇におけるCの価値というのは、そういう考え方自体は認知されていない事で、むしろ演劇どころかすべての芸術はAだということなんだと思う。
基本、表現というものは、Aなのかもしれないが、演劇だけはCなんじゃないかともおもうし、演劇にだけはCができるんじゃないかとも思う。いや、演劇でのCは、演劇の要素と関わりが深いのだと思う。

しかし、これは、完全に的外れで、間違っている、という認識が大多数で当然なんだけども、今自分が生きていくうえで価値があると思っているのはCを作ることなので、まったく躊躇なく、Cを求めて突き進められる環境はとてもありがたいと思う。

でまぁなんとなく言いたいことは、、今回の二騎の会はCASTAYAの影響を、ふんだんに受けている。
あの作品を考え続ける事が、CASTAYA以降にやってきたことだけど、今回は、とてもいい感触を得ている。
そして、あの有名な、孤独、というところの話になってくる。
これは当然のことで、観客がBである限り、Cを作品として観ることのできる人、というのは存在しないことになってくる。
だからこそ、掛け値なしに掛けれるのだけども。

今回は、今までで一番ソフトだけど、一番無謀に攻めている。目隠し演劇よりも攻めている。
ただ、攻めている方向は、誰にわかるものではない。
A×Bの間での攻防が、作品だと思っている。
もはや作品を見てください、とは思っていないのかもしれない。
自分の考えている演劇がもはや演劇じゃないんだったら、演劇を使った別の何かでもいい、ただ今はこれが演劇だと思ってしまっている。
それだけはしょうがない。

となりの客が自分が真剣に見てるシーンで笑ってうざかった、とか、そういう体験をできるのが演劇だと思う。
映画館でうるさいやつとか、は、うざいだけだけど。
一人で映画観て、楽しかった、とかより広く、楽しさという定義から外れても、何かしらの体験となることをやりたい。

明日は休演日、「F」リーディングの稽古。がんばろう。
明後日からの「木村家」後半戦、どうぞ観に来てください。
観てくれた方、お気に召したらお知り合いにも勧めてみてください。
いつものことですが、演劇は、今回の公演にお客さんが来ないと、次回公演は永久に無かったりします。
よろしくお願いします。



6/10発売の中村まりの新譜がついに一部試聴可に!!!
http://www.marinakamura.net/main/schedule.html
楽しみすぎる。
そろそろ中村まり知らないやつはモグリみたくなってきたんじゃないか?


5/23
木村家初日。
稽古して、ゲネプロして、稽古して、本番。

美術がかなりギリギリだったけど間に合って良かった。
これこれ。

お客さんが入った感じは、大体イメージ通り、かな。
リアクションもよかったと思う。
こういう作品を届ける、と言うことも大事だな。
キラリでもこれできたら楽しいなぁ。

今日のトークは堤さんに来てもらって宮森さんスポットのトーク。
堤さんがまたもや色々しゃべってくれて助かりました。感謝感謝。


5/24
稽古、をけっこうする。
ここまでくると、間とか声量とかだけじゃどうにもならないので、大変だ。
演劇作るのは大変だ。

その後本番。
稽古したところは良くなった。

今日のトークは、俺一人でしゃべり倒す。
親父のことと作品のこと。
いやー、一人のトークも良いもんだな。
岩城さんの解説は、毎公演あってもいいんじゃないだろうか。


5/25
稽古、を今日は早めに切り上げる。
本番。
やっぱり稽古はちゃんと粘ったほうがいい。
でも本番前にあんまりやりすぎるのもいかん。

今日のトークは俳優スポット。
俳優達にしゃべってもらう。
もうちょっと上手く振れればよかったな、反省。
人に喋らせるテクをもうちょっと磨かないと。

作品は、3ステ終わって、まぁまぁ変えつつ、大体本番の雰囲気はわかったので、できるだけ攻めていこうと思う。
攻めすぎのギリのところまで行ければいいなぁ。

そして、けっこう動員が笑っちゃう感じです。
インキガオプソヨ…
笑ってもいられないんだけども、どうぞよろしくお願いします。
「F」プレイベントもどうぞよろしくです。

これからも演劇にできることを色々やっていきたい。

************************
青年団リンク 二騎の会『一月三日、木村家の人々』

作:宮森さつき 演出:多田淳之介
出演:小河原康二 木崎友紀子 島田曜蔵 村井まどか 佐藤 誠 森内美由紀

■公演期間
2009年5月23日(土)―6月2日(火)

■会場
こまばアゴラ劇場
03-3467-2743 http://www.komaba-agora.com
京王井の頭線「駒場東大前」駅東口より徒歩3分

■タイムテーブル
5/23(土)19:30◎
5/24(日)18:00◎
5/25(月)19:30◎
5/26(火)19:30
5/27(水)15:00☆/19:30
5/28(木) 休演日
5/29(金)19:30
5/30(土)15:00/★『F』←次回作プレイベント18:00 START!
5/31(日)14:00/19:00
6/1(月)19:30
6/2(火)18:00
受付開始は開演の40分前、開場は開演の20分前です。

◎…終演後ポストパフォーマンストーク有り
☆…平日マチネ 割引料金2,500円にてご覧頂けます。

★…二騎の会次回作『F』プレイベント
[5月30日(土) 18:00 START]
作:宮森さつき×演出:木崎友紀子。
多田淳之介が役者で参戦し、端田新菜との二人芝居でお届けする、二騎の会次回
作『F』。2010年アトリエ春風舎にて上演予定の作品を、一早くリーディングで
公開する一夜限りのスペシャルイベントです。作家・演出家・役者によるトーク
ショーも併せて行われます。お見逃しなく!


■チケット料金
基本料金(予約・当日)=3,000円 学生・シニア(65歳以上)=2,000円 平日
マチネ=2,500円
『F』プレイベント=1,000円
家族割=1名様:1,500円
・ご家族でご来場のお客様は、基本料金の半額でご観劇いただけます。
・家族割をご利用のお客様は、当日受付にて「家族写真」をご提示ください。
・学生・シニア(65歳以上)の方は、当日受付にて年齢・学籍を確認できる証明
書をご提示下さい。

■公演の詳細は下記HPをご覧ください。
http://www.komaba-agora.com/line_up/2009_05/nikinokai.html



5/18
昼から稽古。


5/19
高津に行って、昼から稽古。


5/20
昼から稽古。


5/21
小屋入り。
舞台を仕込む。仕込んではバラし、のいつものパターン。
でも、想像通り、位で済んだ。
良い舞台が建ちました、建ちました?じゃないな、なんて言うんだろうか、こういうのは。


5/22
一日舞台稽古。
の前に、例によってまたバラして仕込む。
これで完成。
稽古する。
次から小屋入りは三日くらい欲しいな、さすがに楽しい。

さて、いよいよ初日です。
どうぞ皆さん観に来てください。
演劇にできることはなんだろなと、「リア王」から現代戯曲になるとこうなるかな、みたいな感じかなぁ。
らしくない感じになるかと思ってたけど、結局多田っぽい感じになったなぁ。まぁ当たり前か。

兎にも角にも、東京での多田演出は今年はこれ一作だけです、木村家が家族会議をします、どうぞお集まり下さい。

通常のアゴラ劇場の客席と異なります、ミニスカートでのご来場はお勧めしません。
劇場内は土足厳禁となっております、お履物を脱いで入場していただきますのでご了承ください。


************************
青年団リンク 二騎の会『一月三日、木村家の人々』

作:宮森さつき 演出:多田淳之介
出演:小河原康二 木崎友紀子 島田曜蔵 村井まどか 佐藤 誠 森内美由紀

■公演期間
2009年5月23日(土)―6月2日(火)

■会場
こまばアゴラ劇場
03-3467-2743 http://www.komaba-agora.com
京王井の頭線「駒場東大前」駅東口より徒歩3分

■タイムテーブル
5/23(土)19:30◎
5/24(日)18:00◎
5/25(月)19:30◎
5/26(火)19:30
5/27(水)15:00☆/19:30
5/28(木) 休演日
5/29(金)19:30
5/30(土)15:00/★『F』←次回作プレイベント18:00 START!
5/31(日)14:00/19:00
6/1(月)19:30
6/2(火)18:00
受付開始は開演の40分前、開場は開演の20分前です。

◎…終演後ポストパフォーマンストーク有り
☆…平日マチネ 割引料金2,500円にてご覧頂けます。

★…二騎の会次回作『F』プレイベント
[5月30日(土) 18:00 START]
作:宮森さつき×演出:木崎友紀子。
多田淳之介が役者で参戦し、端田新菜との二人芝居でお届けする、二騎の会次回
作『F』。2010年アトリエ春風舎にて上演予定の作品を、一早くリーディングで
公開する一夜限りのスペシャルイベントです。作家・演出家・役者によるトーク
ショーも併せて行われます。お見逃しなく!


■チケット料金
基本料金(予約・当日)=3,000円 学生・シニア(65歳以上)=2,000円 平日
マチネ=2,500円
『F』プレイベント=1,000円
家族割=1名様:1,500円
・ご家族でご来場のお客様は、基本料金の半額でご観劇いただけます。
・家族割をご利用のお客様は、当日受付にて「家族写真」をご提示ください。
・学生・シニア(65歳以上)の方は、当日受付にて年齢・学籍を確認できる証明
書をご提示下さい。

■公演の詳細は下記HPをご覧ください。
http://www.komaba-agora.com/line_up/2009_05/nikinokai.html







二騎の会「一月三日、木村家の人々」
が今週の土曜日から始まります。
5/23土~6/2火です。

今年唯一の東京での多田演出作品です。

どんな作品かというと、家族の話です。
僕としては、演劇を作ること、演出することをまた色々あれこれ考えながら作った、という感じです。「リア王」に引き続き色々捨てたらなかなか身軽になって爽快な気分です。いろんなところに行けそうです。「死守せよ、そして軽やかに捨てよ。」な気分です。軽やかに行きたい。どんな作品になるかはお客さんが入るまでわかりませんが、よければ見に来てください。
よろしくお願いします。

公演情報


前回のエントリーは、なんて中身の無いことを書いているんだろうか。
もうちょっとましなこと書きなさいよ。

5/16
昼から稽古。夜は通し。
そろそろ本気だすぞ。


5/17
昼から稽古。
本番に向けて、まぁまぁいい感じで進んでいるんじゃないかな。
まぁ今回は楽しいのは本番からかな。

三鷹でやってるサンプルは観れないな。さすがに。
まぁ時期的な問題と、それ以外の理由で。
多分抜群に面白いのでみんなは観にいったら良いと思います。

演出助手の館さんが、結構有名な制作者から、「何年後に円形?ちゃんとパルコ目指してるの?」みたいな説教を受けたという話を聞く。
わー、けっこう幻滅。
結局そうかよ、あの人も。

夏のツアーと秋の韓国二本立ての準備で、俺と服部さんと佐山さんが死ぬほど忙しい時に、夏目は何一つ仕事せず、鎌倉なんぞに遊びにいったらしい。

本当にむかつく。

ツアーはチャリで行け、お前だけは。


5/14
昼間は、何してたっけな。
あ、そうだ、打ち合わせに遅刻したんだった。すいませんでした。
どうも、いかん。

で、夜は二騎の会稽古。
なかなか掴めそうで掴めない。
もうちょっとで正体が見えそうな、実は見えてるけど気づいていないだけのような、そんな感じ。

最近、酒を飲まずに寝る、というのにたまに挑戦している。
おそらくこの10年、酒を飲まずに寝た日は、年に10日無いくらいだと思う。
つまりは、毎日完全に酔っ払ってから寝ていた。

まぁ節約にもなるし、ちょくちょく休肝していこうかなと、なにしろ、朝の目覚めが全然違う。
そういえば今まで酒飲まないで寝たのって、すげー風邪ひいてるか、2時間後に起きなきゃいけないとか、そんな場合しかなかった。

普通に酒入ってないと、こんな目覚めいいのね、知らなかったよ。
かといって寝坊しないかどうかは別だけどね。
いや、しないようにはするけども。


5/15
稽古時間を間違えた上に、電車を逃して1時間20分遅刻して稽古場へ。
「F」リーディング稽古。
皆さんこちらも観に来てください、がんばります。

夜二騎の会木村家稽古。

渋谷に向かう副都心線だが、各駅と急行がありまして、もちろん各駅は通過待ちなんか途中でするもんだから、結果的に意外と本数が少ない。

たとえば、35分発の急行を逃すと、次に早く渋谷に着く電車は、49分発の急行。
間の各駅停車は通過待ちをするので、結局49分発が一番早い。
小竹向原は有楽町線も発着するので、ホームで3本電車を見送る、とか。
まぁ便利にはなったから別にいいんだが、ホームで10分以上待つのとかって、なんか都心じゃないよなぁ。副都心だからいいけどさぁ。

あと、今日は電車で向かいに座った女性が、多分慎重150cmくらいで体重65㎏くらいな感じで、黒と紫の体にフィットする(フィットしてしまう)ミニのワンピースを着て、大きなサングラスをしていたんだけども、おもむろにサングラスをはずし、化粧をし始めて、そのノーメイクの顔が、メガネはずしたのび太みたいだった。
なんか色々考えた。まず、どこに行くんだこの人この格好で。全然気にならないが、気になる。

別に電車の中で化粧するのは、全然嫌じゃないです。
東京メトロの「家でやろう」シリーズのポスターの方が嫌です。
いえでやろうシリーズ
被害者がおっさんとババァってのがなぁ、おっさんとババァだけが迷惑がってんじゃねーよ、と思う。
「かえりみよう~若者だけが迷惑をかけているわけじゃない」とか作れば良いのに。
完全若者意見だけども。
基本的に、電車で友達と会話はして良いのに、携帯電話を使って話しちゃいけない理由って、無いよな。
なぜ相手が目の前にいないだけで迷惑?



一ヶ月たっちまった。


悲しい。




忘れないぜ。


明日から個人的にGW。
GWらしく、ガッチガチに予定を詰め込んだ。
明日はついにりたーんず中屋敷チームを観てコンプリートしてから茅野へ。
3日は茅野から下北へ、で、なべげん観劇&トーク。
4日は朝から福井へ、5日は福井から駒場に戻り稽古。
乗り継ぎも完璧。

日記がたまってる。また適当に一気に書こう。
じゃあ今書いてるこれは何だって話だが。

「F」が周辺で好評。意外なところに強敵出現。まぁ自分出てるけども。

「木村家」は、まぁどうなる事やらですが、彷徨っている最中です。
リア王でREBIRTHシリーズ一段落して、何だか色々リセットされた感じがする。
「五月の桜」とはまた全然違う作品にはなるだろう。
戯曲毎に相応しい演出というのは、あるんじゃないかな、と言うか、こう演出すれば良いんだよ、というのは、常に戯曲に書いてある。むしろ、こう演出してくれ、と言っている。んじゃないかと、思う。
今日の稽古でようやく戯曲の欲求が見えてきたかなぁ。なんて。

自分の演出した作品は、月くらいから見たい。
リア王の時もちょいちょい感じていた事だけど、そんな感じが今はしている。

「LOVE」は、初演は2007年当時のデスロックの現在形だったので、今回は2009年のデスロックの現在形にしようと思う。
チラシも完成。
諸々予約も開始しました。プレビューも是非来て下さい。

07版の「LOVE」が韓国ロミジュリに繋がったように、09版「LOVE」は富士見のロミジュリに繋がってくれるんじゃないかと思っている。
オーディションやります、詳細はまた追って。



髪を切りました。
バッサリ15㎝はいきました。
使用前も撮っておけば良かった。
090501_0115~001
長髪はまた来年だな。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 JNSK OFFICIAL DIARY, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。