ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


取り急ぎ公演終わりました。
観に来ていただいた方、色々ご協力いただいた方々ありがとうございました。
おかげさまで良い公演になりました。

やっぱり基本はキラリで面白い作品を上演できれば、それで満足だなぁ。
観に来たい人だけ来て下さい。
現象としての演劇として、色々手ごたえを感じることができました。
韓国版は、キラリで生まれた作品が、こうして海外交流という形でキラリに帰ってこれたことは、とても嬉しい。
日本で上演することはさすがにもう無いだろうけど。
誰か500万くらいくれたらやります。お金さえくれればいくらでもやります。
でもさすがに劇団員4人でやる規模じゃないな。
でもまぁやるんだけど。
みんなそうしてるしね。

日本版は、かなりイレギュラーな作り方だったけども、これが作れて良かった。
某OBT氏の、薦めるなら韓国版、愛でるなら日本版、というのはとても嬉しい感想。

まぁでも東京復帰とか、ますます全く考えられない。なぜ東京で?
他の地方にならいくらでも行きます。よろしくです。
意地悪とかじゃなくて、本気で、もう全然わからんのです。

さて、韓国人が帰るまでが公演です。
昨日は渋谷原宿明治神宮下北を案内し、今日は上野ZOO浅草まで案内してからアゴラで観劇&トーク。
彼らは月島でもんじゃ、お台場で夜景だったそうだ。
今は彼らと過ごす時間が最優先。

明日夜は大半が最後の夜なので一緒に過ごす予定。
ただ、そのためこれから全く寝れない。
もの凄い仕事の山。
で、多分三日ほとんど寝れないまま次の稽古に突入。
しかも午前中から稽古、使い物になるんだろうか。
なるわけねーな。

いやー公演疲れた、とか全くまだ言えない状況。
一段落とか、全くない。

作品についてはまた後日。
まぁ来月だな。書くかどうかわかんないけど。
別になんか、好きに作ってるだけなので、観たい人だけ観にきてくれてればそれで良いんだよな。
俺がどうこう書いてもなぁ。

言ってなかったけど、デスロック単体の新作は恐らく一年以上ないので、まぁしばらくの見納めでした。
個人的な新作は狂ったように作るけど。まぁ来年は合作の年になりそう。
興味がね、もうそっちだわ。そういうのが幸せ。誰と、何のために作るのか、その辺がね。
どうぞよろしく。
デスロック新作は、作りたくなったら作ります。
なぜ新作を作るのかとか、大事大事。


あと新メンバー募集してます。
http://deathlock@specters.net
こちらも宜しくです。

スポンサーサイト

明日で終わり、終わっちゃう。

とりあえず、明日の目標はただ一つ、泣かないこと。
去年の反省を踏まえて。
去年はまだ韓国だったから良かったものの、日本で号泣するわけにはいかない。

いや、でも全く自信ないなー。

女優が一人、明日マチネ終演後すぐに羽田に向かわなくてはならない。
おそらくそこさえ乗り切れば何とかなるだろう。
ただ、そこを乗り切れるのだろうか。

別れとか、もう全然だめだわ、30代の涙腺。

まぁ他の俳優は2,3日まだ日本に居るので。
そして、彼らが発つ日は、俺は空港に行けない。
申し訳ない、本当に。

さ、明日は13時から韓国版。
平日なのに。
わざわざ来てくれる人のためにがんばります。

18時から日本版。
富士見で18時も早いよね。
こちらもわざわざ来てくれる人のためにがんばります。

どうぞ宜しくお願いします。


もうひとふんばり、明日終わっても、全く休み無しだ、むしろ更に忙しいんじゃなかろうか。
大丈夫か?
ちょっともう、完全にリミット越えてる。
メモリ足りてないな。


今日は日本版のみ。
なんか静かだね、やっぱり片方のチームだけだと。
まぁいつもどおりっちゃあいつもどおり。

2バージョンあるけども、4ステージづつなので、まぁ少ないなぁ。
もちろん長くやりたいはやりたいけども、できない事情もあるにはあるので、まぁ今回はこれくらい。

韓国2ステ、日本3ステ終了。
おそらく、多分韓国版のほうが、わかりやすい、という感じなのかなぁ。外国語だけども。
日本版もわかりにくいわけでは無いけども、韓国版のほうが一般的な観劇体験っぽいのだろう。
その昔、デスロックがやっていた、まぁunlockシリーズの完成形。
俳優酷使演劇。
まぁもうやらないだろうけど。なんだかね、韓国版とても好評なんだけども、こういう作品を作ってて、めちゃくちゃ怒られ続けたことを考えると、微妙っちゃあ微妙でもある。
毎回、面と向かって、本当につまんなかったんですけど、とか言われてたもんなぁ。
他のお客さんもみんなつまらないと思ってたと思います、まで言われたからなぁ。
まぁ今も大して変わらないけども。

日本版は、これからのデスロック。
色んな戯曲でこんな感じでやれたら楽しい。
多分、次こういう風に作れるのは、いわきの高校生と作るやつかもしれないな、スゲー楽しみ。

好みは、まぁちょいと分かれるのかもしれない。
まぁそりゃ誰にでもどっちがとかあるだろう。

舞台上から、もうとりあえずガツンと食らいたい方は韓国版。
舞台上と、なにか関係を探したい人は日本版がお勧め、と言ってもまぁ両方お勧め。
日本版の冒頭が好評なのが嬉しい。
俺はシェイクスピアの楽しみ方としては最高に好きだけども。
どうやらコンテンポられてはいるみたいだ。

コンテンポラリーシリーズでは、戯曲を現出させるために、戯曲以外のものも使います。
新たにテキストも書きます。
相当大きな路線変更です。まぁ結構思うところあって。絶望とか。
今後ももっと自由にやっていきたいです。
恐らく膨らんでいくのは、今回の前半部分。
全く求められてなさそうだけども。

公演は水曜日までやってます。

27火 19:30 KOREA
28水 13:00 KOREA / 18:00 JAPAN

です。

どうぞ、わざわざ観に来てください。


今日も日韓マチソワ二本立て。

まったくもって、切り替えが難しい。
どっちにも思いっきり持って行かれて、帰ってくるのにちょっとかかる。

昨日のソワレ、今日のマチネと韓国版続きだったので、日本版に帰ってくるのに一苦労。
まぁ韓国人のほうが手がかかるので、まぁガッツリもって行かれてしまう。

今日はソワレ日本版、明日は日本版のみなので、しばらく、と言っても一日だけど、日本です。
いつもの感じで。

今日は、日韓両方ともカーテンコールがダブル、うーん、珍しい。
こんな劇団だったっけ?
いや、とても嬉しいです。

一応ここにも書いておきますが、上演時間は、韓国版1時間50分くらい、日本版1時間30分くらいです。

今回は、なんだろうか、なんだか色々吹っ切れて本番ができてる気がしています。
精神衛生上はとても健康。
身体的には相当不健康だけども。

色々お仕事的には前に進めないことも増えてきているんだけども、デスロックでだけは、進めたらいい。
やっぱり本番を迎えてみないとわからないことがたくさんあって、それは、本番をやる楽しさだと。
お客さんの反応含めて、演劇だなぁと、まぁそんな感じです。
自分の作品を見せると言うよりも、客席と舞台上で、なんらかの現象が起きている時間、というのが、結局は全てだと思ったり。

昨日今日で、もうトークもないなんだけども、また色々どこかで話せたら良いなぁ。
あ、明日はBWSこと、Befor Work Shopやります。
観劇前にワークショップです。

あさっては、韓国俳優との交流イベント。観劇前に交流です。

そういうことが、やりたい。
作品は作品でやるもの。

例えば10人交流会に来てくれて、その人たちの観劇体験が、もしかしたらずっと記憶に残ってくれたり、してくれることが、とても、僕は色々賭けてやる価値のあることだと思っていて、わざわざ劇場まで足を運ぶ演劇の、劇場の、価値だったり、素晴らしさだったり、するんだと思っています。
人一人に、何かポジティブな体験をしてもらえることなんて、もの凄く難しいことだし、こんな自分の好きなものを作るとかいうエゴイスティックな仕事をしている身としては、少しでも、そういう事ができれば幸せだなぁと、まぁ思っています。

でも、多分そういうところに喜びを見出せないと、どうしようもない。
自分の行為が、他人の幸せにつながることは、とても大事というか、大切と言うか、まぁ個人的には、とても喜びです。
なんとなく、今日トークをしながら思った。

難解だとか、狙いがどうこうとか、評価がどうこうとか、そういうところからは、なんとなく脱することができてきてるんじゃないかなと。
よくわからない感触だけども、東京公演を休止してキラリに来て、いろいろ大変ですが、作り手としては、本当にそうして良かったなと。

今はわざわざキラリまで来てくれる人たちと、富士見市の人とで、東京デスロックの作品を楽しんでもらえたらという感じが、とても心地良い。

今日は、トークの最初の質問で、キラリのえんげキッズに参加してくれた2年生の男の子が質問してくれて、もしかしたら、あいつはこのことをずっと覚えていてくれるかもしれないし、明日学校で自慢してくれるかもしれないし、ほら、こんなことキラリで活動してなければなかったじゃん、とかだし、でも、とても普通の光景であってほしくて、まだ今は、子供がトークで質問するのは珍しい事だけども、でも、事柄としては、そういう事が実際今日起きてたわけで、何か自分の思い描く理想の感じが、突然現実に現れた気がして、ホント、キラリに来てよかったと思いました。

そういう事ができる劇場だと思っています、がんばろう。

まぁとりあえずは、作品をがんばりますけども。
基本は、そこが全てなので。
そうでないと、さすがに。
なんだかんだ言っても、作り手は、作品が全て。
どんどこ行きます。


ついに、日韓両バージョンの初日があけた。

ホント、同じ日に初日って…。
リトルモア三本立てとはわけが違う。

演劇地獄とはこのこと。
まぁ自分でやる作業が異常に多いのと、色々決めるのが遅すぎるのと、まぁそんなこんなで予想できたっちゃあできたんだけども。

で、結果、両バージョンともとても良い初日になりました。

日本版は、正に生まれた、まだまだベイビーだけども、生まれたね、五体満足で。
韓国版は、なんだろうか、成人式?成人した、人として完成した感じ。

今までも色々危機的な状況は乗り越えてきたけども、今回は未知の、というか、まぁ最大の危機感だったなぁ、なんで初日があけたのか、ちょっとホントわかんない。
あずかり知らぬところで、何かが何とかなっていった。
支えられてるなぁ、いや、俺がじゃなくて、作品が。

韓国版の字幕完成したの日本版のマチネ終わってからだし。

特に韓国版は、圧巻だったなぁ。なんでこんなに上手くいったんだろうか。
なんだろう、あの人たち。
もうちょっと練習でアレやってくれないかなぁ。
まぁでも、それはお国柄もあるんだけども、良いメンバーです。
カーテンコールダブルも、多分神戸の「3人いる!」以来じゃないかなぁ。
まぁさすがに去年から作ってるからね。
ある種の到達点ではあるうえに、更にふじみで色々良い感じにプラスされたので、そりゃまぁそうか。

日本版は、あとはどんどこ面白くしてくだけ。
コンテンポラるだけですわ。
日本人同士の底力ってある。
未知の世界に行きたい。

さ、どうぞ、観に来てください。
どっちのバージョンでも。
でも、両方見てね。

よし、今夜は寝るぞ。


もうどっちが新作だかわかんなくなってきた。

いや、どっちも新作なんじゃないだろうか、最早。

韓国公演と絶対違う作品だろ、これ。



韓国人俳優、ついに富士見入り。
ついに来た。

いや、まぁ感慨深い、かなり。

去年奇跡的に公演を成功させたメンバーと、今年も韓国公演ができて、ついに日本につれてきちゃった。
うん、感慨深い。


いや、まぁぶっちゃけて言うと、どっちか迷っているならば、韓国版を観に来てください。

もちろん日本版も超面白いですけども。

彼らと日本の観客を出会わせたいです。

わざわざ富士見まで来るのならば、韓国版。
観劇体験としては、さすがに日本版とは雲泥の違いがあると思います。

そして、初めてデスロックを観るなら、なおさら韓国版がお勧めです。

コロンブスの卵的な場所に字幕も出るので、韓国語と、日本語の文字と、俳優による、コンテンポラリーな演劇になっています。
外国語上演の可能性を広げられたらな、という感じです。

まぁ日本版も超面白いんですよ。

どうぞよろしく。
チャル プッタカムニダ。



韓国公演無事終了!

いや、好評だろう、さすがに。
感動したと言うお客さんが挨拶してくれたり、名刺もらったり、まぁ色々。

ソヨンの家族も来てくれた。あの姪っ子も。やっぱ可愛かったなぁ。

にしても、韓国のお客さんはノリ良いなぁ。
劇中に手拍子とか起こりまくる。
なんか、今劇場で起きていることにもの凄く素直に楽しもうとして反応してくれている。
まぁ若者達中心だけども。
多分結構俺の作品とは相性良いんだろう。少なくとも日本よりかは。
まぁでも日本人だからね、日本でやりますよ。

東京ノートチームも何人か観にこれて、良かった良かった。
あの客席ごと観てもらえてよかった。
さすがに日本公演とは全然違う、というか、別の作品と言ってもいいくらい。
さて、日本のお客さんにはどう見てもらえるか楽しみ。
多田演出濃度は、まぁ一番濃い作品。

いや、でもハードだった。
10時ゲネ、16時マチネ、20時ソワレ、バラシ。
で、6時まで飲んで、17時くらいに起きた。
で、ちょっと働く。

東京デスロック新メンバー(劇団員)募集


はい、募集します。
宜しくお願いします。
特典としては、まぁ日本中を津々浦々回ったり、一年に一回くらいは韓国にはいけると思います。

明日、帰国します、そしてその足でキラリへ。
仕込みです。

今日はこれから、どうしよう?
韓国で、暇。いや暇じゃないんだけど、さすがにホテルで仕事だけとか、なぁ。



ついにこの時が来ましたね。
日本の文化行政が、もしかしたら変われるかもしれない。
http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009101501000740.html
さぁフランス進出の時のようにこれも無視してみろ、日本。

韓国ロミジュリ小屋入りしました。
仕込みと場当たりを終え、いや、場当たりというかテクリハ、でもないな。
ゲネのための最低限の確認。

で、明日午前中ゲネ、そしてマチソワ。明日で全部終わる。

すごいぜ、岩城さんなんて、まだ見たことないシーンあるのに、明日ゲネだぜ。
相当海外公演に強いチームになってきてる、まぁ岩城さんは元からだけども。
やはりこういう時間の無い場合は、技術を犠牲にしても俺が音響をやるのが正解だなぁ。
富士見は絶対泉田君だけども。
1時間45分の作品の場当たりを、2時半間で終える。

日に日に東京ノートチームが韓国入り。
今日富士見公演を終えた俳優たちが明日韓国入り。
もう既に今日も、50メートル隣のホテルには、ノムさんとかいるんだよなぁ。

でも、おそらく東京ノートチームとは会えずにお互い帰国だろう。
お互いの本番も、日本でも見られないし。
一応俺もスタッフで関わってるんだけども、残念。

さて、明日だ。
今日はさすがに早く寝よう。
サムギョプサルも食ったことだし、何もしないぞ。


明日は 劇場に 行きます

劇場に入る、がまぁ正解だけど、入る、の韓国語がわからん。

つーか、今日か。あと4時間後。
起きれるんだろうか。
睡眠3~4時間が続いてるなー。
これ日本に帰っても続くんだよな…多分。

とりあえず稽古は終了。
まぁなんとかできただろ。

明日からはまた違った戦いです。
今日岩城さんも合流。
楽しみだなぁ。

まだ音源の仕上げが残ってる。
今夜はさすがに寝ないと。

日本公演の初日まで10日切った。
日本版、韓国版共にどうぞ宜しくです。



いやぁ、酔っ払った。
今思ってる事を羅列。

まぁかなり面倒くさいので、mixiに同じ記事をコピペするのをやめてみる。
数少ないこのBLOGの読者も、mixiの更新履歴を追ってる人もいるだろうけども、いや、mixi基準じゃないですよ。
ここはここで勝手に進みます。
mixiは、まぁ適当に書くこともあるでしょう。
まぁ、めんどくせーんだよ。

団の映像作業は大変だったけど、なんとか穴を開けずにすんで本当に良かった。

韓国語にも相当なれた。慣れたのは、わからない、と言うことになれた。
去年よりかは相当わかるようにはなってるけどね。

ちょっと一杯のはずが、4時かよ、韓国。

「ハイバイ」も「ままごと」もすこぶる評判が良いようで、めでたい。
観れないのは残念だけど、まぁどうせ最高に面白いんだろう。

自己顕示欲、というのは、傍目で見て、強ければ強いほど、才能がない感じがする、ね。
でもそれとバランスをとろうという感じが愛嬌で、愛嬌にとどまれるか否かってとても大事だね。
まぁ欲はあるもの、大抵は。ただね、現状以上に顕示した時点で、寒い。サムイ。
評価されたいとか、バレた時点で終わりだろ。
評価なんて、したい人が勝手にしろや、ボケ。
誰からも評価されなくても、続けていく覚悟、なんて、基本事項だろ、ボケ。

まぁ自己顕示欲は、すこぶるあるんだけどね。凡人ですから。


次の稽古では、俳優に言わないといけないことが山ほど。
海外創作は、伝えたいと言う思いと、知りたいと言う思いが、日本人同士の10倍増しくらい。
そりゃ面白くなるよ。


韓国GirlPOP最高。

まぁ、いまだ女王に君臨してるだろう、少女時代


今一番売れている、KARA


一線を画したSEXY的な、売りな、Brown Eyed Gir


次世代、2NE1


同じく次世代、4minute


まだPerfume的なグループは出てきて無いようです。
いや、韓国のアイドルは、日本より格段にエロが武器になってる。
エロを隠してなんぼ、とかはあまりないみたい、あるかもしれんが、メインにはならんのかな。

毎日、超聞いてる、K-POP(Girls only)。



なんとかぬけた、はず。
大丈夫かしら。

まぁ案の定難航して、今日の昼間の稽古は半分自主稽古に。
でも今日でとりあえず2幕までいく、半分か、0幕があるので。
なんとか今週中に最後までいかないとなぁ。

さて、ようやくロミジュリKOREAに集中、できるかな。
いや、おいおい、この仕事もあるでしょあんた、という声が聞こえてくるな。
まぁでも、ちょっとこちらに集中しないと、さすがに、本番1週間前だわ。

食の話。
安い寿司とそばを食べてみた。
韓国では、和食には、らっきょが出てくる。
寿司とか、そばにも付いてくる。
寿司とらっきょは完全にセットだと思ってるみたい。
むしろ、らっきょって、寿司についてくるあれね、みたいな。
寿司とらっきょを一緒に食べたのは初めてだと言ったら驚かれた。

そばは、そばつゆが半シャーベット。冷麺みたいなかんじ。
と言っても日本の冷麺は半シャーベットじゃないか。
どっちもどっちだな。
日本の冷麺なんて、韓国人からしたら全く違う食べ物だよなぁ。

食ってでもそういうもんだろう。
日本の寿司は日本で食べれば良いんだし、韓国の冷麺は韓国で食べれば良い。
外国にはそういう食べ物があるんだってことがわかれば良い。
本物は、その国に行ったら食べよう、それでいい。

にしても、スンドゥブはどの店で食べても美味いなぁ。
明日はテンジャンチゲにしようかなぁ。
いいでしょ。


稽古は順調。
やっぱり、韓国版相当面白いわ。どこに出しても恥ずかしくない。
どれかヨーロッパに持っていくならこれだなぁ、多分。
確実にこの作品が一つの到達点だったんだなぁと稽古してみて再確認。
佐山さんも混ざって良い感じです。デビル佐山韓国版です。

で、団の仕事にはまった。
まぁ日本で終わらせてこなかったのが悪いんだけども。

PC×2 HD×2
完全に自宅レベルで作業可能。
DSC00702.jpg

そしてホテル引っ越しました。
大分広くなった。

DSC00708.jpg

PC2台フル稼働で、徹夜に次ぐ徹夜です。
まぁでも、どちらにしろ明日の午後には終わってないと、とんでもないことになるので、明日は解放されているはず。
さすがに今夜は、寝れる気が全くしない。
何か編集ソフトが再起動しても動かなくなってるし。このままだったらどうするんだろうか?

稽古中にも、1台のPCはホテルでずっとレンダリングとかしてます。
そして、稽古後帰ってくると、失敗してたりしてます。
それでまた4時間とか待って、で、アスペクト比間違えてたりして、また4時間待って、朝になって、とか。


DSC00705.jpg

肉も食べています。
でもこの生活はさすがにうらやましくないでしょ。

もう遊ぶ時間は全く無い。連日夜通しの仕事が列作って待ってる。


最初に宣伝。
横浜でワークショップと、発表会をやります。
「LOVE Yokohama Workshop ver.」を作ります。
デスロックの「LOVE Yokohama ver.」も同時上演します。 
他のワークショップも面白そうです。
どうぞ、ご参加お待ちしております。

ワークショップ全体 http://stspot.jp/news/2009101.html
LOVE Workshop詳細 http://stspot.jp/news/ie-tada.html




で、今日はかなりな一日でした。

とりあえず誰かがどこかに連れてっていってくれるという。

とりあえず、チョンイムがホテルに迎えに来てくれることだけはわかっている。

10時に、ホテル前で待ち合わせ、バスに乗り込む。
新村から長距離バスで、江華に行くとの事。
山があって海があってとても良いところ、との事。
というか、帰ってから調べたら、世界遺産とかあったんですけども、それ言ってよ。全然見なかった。

バス停で、チョンイムが買ってきてくれたサンドイッチを食らう。
DSC006051.jpg

バスで揺られること一時間。
ソヨンと合流。ソヨンはこの辺に住んでるらしい。
遠いなおい、ここから毎日ソウルまで来てるのかい。

とりあえず、山の中に、とりあえず、食事。
寺的なものがあって、見る。
DSC006181.jpg

そして、山を登る。
多分、ここに世界遺産があった。
だって人いっぱいいたもん。

にしても、マジで急。けっこう危なかった。
DSC006291.jpg

で、まぁそりゃあ景色はチェゴヨ。
DSC006321.jpg

DSC006413.jpg

そして、下りもかなり厳しい道、というか、まぁ道?世界遺産への道?
DSC006431.jpg

中腹まで下り、世界遺産を見ずに、回す。
DSC006481.jpg

そして、世界遺産を見ずに、レッツ移動。
DSC006531.jpg
運転はソヨン。

で、こっちが、CASTAYAで40分立った女優でおなじみ、チョンイム。
DSC0065421.jpg


そして、衝撃の事実発覚。
今夜のディナーは、ソヨンの家で、家族と共にだそうだ。

はい、そうです、今はお盆の連休です、一族が集う日でございます。
えー、そこに、お呼ばれ?
韓国に詳しい人なら、多分僕を止めてくれたでしょうに…。
まぁ行くことになりました。

の前に、海!
DSC006583.jpg

DSC006763.jpg

さすがに家族連れだらけ。砂浜で相撲を取る親子。
DSC006783.jpg
親父が負けまくり、でも息子に勝つまで続けるという、かなりほほえましい勝負。
最後息子に勝った父親は、スゲー楽しそうだった。

韓国の家族は、まだまだ絆が深い。
日本だと30年前くらいの感じかなぁ。
まぁ一世代前の昭和な感じ。
とても好き。
久々に親父の事も思い出したなぁ。

えーと、で、その絆が深い家族の、大家族の、お盆の夕食に、向かいます。
全部で12人居るって。

で、着いちゃった。
DSC006941.jpg

基本的には、韓国は上下関係がかなり厳しい。
お父様に失礼があった日にはとんでもない。
ソウルならまだしも、ここはソウルより全然田舎、俄然厳しいはず。
さすがにバシバシ一眼レフで激写するわけにもいかず、ほとんど撮れませんでした。

料理は撮った。オー、マシケッターとか言いながら。
DSC006951.jpg
本当の韓国家庭料理、マシッソッソヨー。

で、まぁ最初は、とりあえず挨拶しまくる。
そして、食べる。
そして、飲む。

で、噂では、韓国人は、めちゃくちゃ酒を勧めてくる、とか、まあ言ってみればウソだと思ってた、というかそんな目に一度もあってなかったので、最近はもうそういうのはね、まぁ外国人だしね、とか思ってましたが、全然本当でした。
イッキ合戦的な?乾杯して飲み干す的な?これが韓国式です、的な?
そして、お盆休みだけあって、叔父さんは朝から飲んでて既にベロベロ的な?
いやー、すごかったです。
皆でもとても親切で、気をつかってくれました。

で、若者は目上の人の前でタバコは吸えないので、裏に行って皆で吸ったり。
お兄さんが少し日本語を話せる友達を連れてきてくれて、かなり助かった。

んで、まぁ、あれです、女性陣から、あとベロベロの叔父さんからモテまくる。
なぜか、モシッソヨではなく、イエップダ。
恋人にどうですか?的な、日本に一緒に来てくれるなら、的な、おー、一本取られた的な。
叔父さんからは、イエップダー、サランヘー、今日は寝ていけ、good!、と、1分に一回のペースで一時間くらい言われ続ける。

雨が降ってきたので室内に移動。
韓国の伝統的なボードゲーム?をみんなで。
いいなぁこういう盛り上がり、スゲー盛り上がる。
まぁ3ゲームやって、ようやくルールが半分くらいわかった。

で、まぁ多分3時間以上飲み続けてます、皆さん。
ので、まぁあれです、全員酔っ払ってるんです。

完全に、今夜は泊まっていけのムードになってるし。
あと、あれです、ハイバイのKOBITOに近い言葉の嵐が常に目の前にあります。
なんかもう、お姉さんは結婚したいのに相手が居ない話で気づいたら泣いてるし。
叔父さんは、相変わらずサランヘーを連呼してくるし。
そして酒を勧め続けるし。
俺を一番気に入っていた叔母さんはカラオケに行こうといっているし。
これが、韓国の家族か~、最高。

でも、子供の時のお盆って、我が家もこんな感じだったかなぁ。
いや、全然大人しいけど、田舎に集って。
まぁ爺ちゃんも親父も死んじゃったし、つーかまぁ離婚してるし、田舎の家自体豪雨で流されてるし、ほとんどなくなっちゃってんだよなぁ。
家族の形が残っているって良いなぁ。
そりゃあみんな優しいよ韓国人。家族を大切にする人は友達も大切にするよなぁ。

ラーメンは好きですか?と聞かれ、イェー チョアヨ、シンラーミョン ド チョアヨ、といったら、一同盛り上がり、もう既にラーメンの準備に。
あ、やべ、この流れ、あの辛ラーメンじゃない雰囲気だ。
日本語のわかる彼に聞いてみると、「心配です」との事。
いや、俺も心配だ。

で、まぁ、赤い液体に入ったラーメンが出てきました。
お兄さんも辛い辛いといいながら食べてるし。
まぁ、でも、何とか食べれた。うまかった。
さすがにその昔4年半インド人のカレーを食べ続けてたからね。
ありがとう、ラーナさん、あなたのカレーのおかげで何とかなりました。










そしてそして、ちょっとこれ見て!!
DSC006971.jpg

DSC006961.jpg
さすがに可愛すぎるだろ、これは。
俺と話すのをスゲー恥ずかしがってて、向こう向いて「コンニチワ」的な、周り皆であらー恥ずかしがっちゃってーで爆笑的な。
ゲームも負けたらスゲー悲しい顔してて、いやー、可愛いよ、そんなの。


で、まぁなんとなく楽しそうですが、忘れてはいけないのは、ここが韓国だと、皆韓国語だということですね。4時間くらい居て、僕は3時間45分は無言でニコニコしてましたからね。
基本ずーっと何言ってるかわからないですからね。
まぁでもそこは演劇やってて良かったところで、会話の断片から、何話しているかはかなりの確立で当たる。

例えば、お姉さんと、チョンイムが握手をした、そして、チョンイムは「ナド オプソヨー」といっていた。
まず家族が集う場で、女性同士で盛り上がっていて、オプソヨで握手。
そしてチョンイムには彼氏が居ない。
こりゃ確実に結婚の話。
で、聞いてみたら、やっぱそうだった。で、まぁお姉さん泣いちゃってるんだけども。

でも、楽しかった。
おじいさんが伝統楽器の笛を吹いてくれた、これできるの韓国でただ一人だそうだ。
すごくないかそれ?

まぁでも、さすがに、むちゃくちゃ消耗した。
楽しそうに振舞う技術は、日本人は世界一だと、というか、俺の特技なので、隙は全くなかったはず。
皆は会話で爆笑してるけど、俺はその笑った顔とか雰囲気で爆笑するみたいな。
まぁ、そりゃ消耗するわな、山も登ってるしね。

そんなわけで、ソヨンファミリーと。
DSC006991.jpg

映ってないのは、お父さんと、おばあさんと、おじいさんと、おばあさんと、おじいさん。
あとソヨンがこれ撮ってくれてるか。


世界遺産を逃しつつ、韓国の家族を思いっきり体験した一日でした。
これでも何日かいたら別れるとき絶対泣くぞ。ウルルンだぞ。
今日で既にちょっとグッときちゃったもん。

人の温かさに触れた良い日でした。
まあでも韓国ではこれが普通なので、日本人がどうこう、ということではないんだろう。
文化が違う。


韓国も、今夜は満月でした。




飲みすぎたので昼過ぎまで寝る。

今日から三日間お盆休み。店が閉まりまくっている。


ちょっと遠出をしようと思って、韓国の電気街、龍山に行ってみる。
デパートはさすがに開いていて人がたくさんいた。
まぁUSBメモリとか、日本よりちょっと安いかな?でもまぁほとんど変わらないか。


コンデジが欲しかったんだけども、そんなに安くなくって買わず。
古い型でも180000ウォンとか、\14000くらいか?まぁ安いっちゃあ安いんだけども。
今回は一眼レフしか持ってきてないので、動画が撮れない。
やっぱ買おうかなぁ。



韓国はほんと一人で食事をするのに困る。
まぁ周りの目を気にしなけりゃいいんだけども、外国人だし。
ので、ロッテリアでとりあえずセットを頼む。400円くらいか?まぁ日本よりチョイ安い。
いや、一人で韓国料理屋はまだけっこうハードル高いんです。
まぁミョンドンとかなら余裕なんだろうけど、ボッタクリ多いしなぁ。
日本語のメニューがあるところは、まぁボッタクってる可能性が相当高い。


で、ミョンドンでギウンさんと演出助手のカン君と待ち合わせ。
ギウンさんは、演出家で二つ年上。
今回の企画もほとんどギウンさんが韓国側のあれこれをやってくれている。
韓国公演は、名目上はギウンさんの劇団とデスロックの共同公演と言うことになっている。

カン君は28歳、ギウンさんの劇団のメンバーで、若手の演出家。
彼もとても仕事ができる。助かる。

3人で、ロミジュリを上演する劇場で演劇を観る。
終わった後カン君が、本当につまらなかったと言っていてウケた。
もちろん俺は、言葉がわからないので、つまらないかどうかすらわからないけども。


その後、後半日程のホテルを探し、結局去年俺が泊まっていたホテルに落ち着く。
まぁ良かった。一安心。


で、テハンノで、今日はお茶。ギウンさんも俺も、飲んでばかりはいられない。
で、来年度の助成金や企画について打ち合わせ。
こちらで今月中に出せる助成金がいくつかあるので、基本その話や、韓国と日本の演劇の話など。
あ、ギウンさんは、元々青年団の翻訳をしていて知り合ってるので、バリバリ日本語が話せます。
ものすごくしっかりしていて仕事ができる。
まぁ、出会い、としか言えないけども、やはり結局は人と人との繋がりしかない。

いや、ちょっと来年のスケジュールホントちょっとやばいかもしれない。
まぁでも、できるうちにやらないとな事ばかり。
東京離れにかなり拍車がかかる。


明日は俳優たちがどっかに連れて行ってくれるらしいが、どこに行くのか全く知らない。



9/30
結局寝れずに、6時出発。
7時過ぎに羽田空港着。
スゲー空いてて、あっと言う間に搭乗手続き完了。

一時間前の飛行機に乗るRosesさんに空港で会う。
去年は搭乗手続きに間に合わず1本後の飛行機で行ったけど、今年は時間余りまくる。

ロビーで一時間寝て、搭乗。
あっという間に韓国着。

とりあえずホテルに。
うーん、ちょっと3週間居るにはどうなんだろうと言う感じで、とりあえず5日間だけ泊まる事に。
その間に良いホテルがあれば引っ越す。
ちなみに、向かいのホテルは結構良いところで、そこには、2週間後に青年団様ご一行が泊まる予定。

そして、とりあえず劇場下見。
劇場の通常の使い方で上演は難しいけども、今回はかなり強引に舞台上客席でいく。
でも、舞台袖に螺旋階段があったり、ギャラリーが良い位置にあったり、面白くなりそうだ。

その後、フェスティバル全体のスタッフ会議。
うーん、海外での打ち合わせってかなり燃えるな。
Rosesさんと共にスイッチの入りをあからさまに感じた。
機材の在る無しに一喜一憂。
その都度判断する感じ、これは海外ならではなんだけども、スゲー燃える。
1月の光州の経験はかなり大きい。あの時間のなさに比べたら、劇場の条件なんてなんとでもなる。
なんとか出来る可能性がある。
やはり、時間がない、というのが、一番問題としては大きいんだなぁ。
今回は、時間はある、あとはこちらで最高の判断をするだけだ。
これは駄目だね、でもこれは良いから、こういう風にこれを使ったら良いんじゃないか?的な。

韓「ここは、こうなってるんですけど大丈夫ですか?」
日「問題ありません」

日「ここをこう使うことは出来ますか?」
韓「問題ありません」

このシンプルなやり取りの中に、もの凄く魂がこもっている。

そして、今回、この音響卓なんですけど、といって見せられたのが、またしてもデジ卓。
もちろん、問題ない、と答えたけども、問題あるなぁ、使えるかなぁ。
まぁ、この卓は日本で使ったことない、とかいって、教えてもらおう。

夜は、俳優達と飲み会。

1月以来の再会。
これは、誰にも伝わらないと思うので、まぁ、再会、というしかない。
明日から始まる稽古、また一緒に作品を作れること、とかが、まぁ、喜びとして、押さえ切れない感じ。
こんなことは、まぁここにこないと無いだろう、さすがに。
離れているからこそ盛り上がる、まぁ、ロミジュリ効果的な、

いや、ちょっと、韓国での創作の感じは、なかなか伝わりずらいんです。
ただ、特別だとしか言えないなぁ。

デスロックの現場と、韓国の現場だけあれば、多分やっていけます。
他は何もなくても、俺を支えてくれるには十分な感じ。
それくらい、韓国の彼らは、ワクワクさせてくれる。
そういう関係が外国で作れたのは本当に幸運としか思えない。

のでまぁ、センメクチュも、ソジュも飲みまくる。
寝てないしね、まぁ酔っ払う。幸せだ。
再会を楽しむって、こういう感じだ。

いや、ホント、飯も酒も美味い。


10/1
昼過ぎまで寝て、プレ稽古。
まだ佐山さんも来ていないので、とりあえずまぁ、プレな感じで。
二時間くらい話す。
今回の公演の事やら、日本でのことやら、色々。
俳優の一人が、俺の研究をしているらしく、この前の演劇ぶっくのコピーを持っていた。
どっから手に入れたんだろう?

で、二時間くらい、稽古。
久々に、彼らの立ち座りをみて、やっぱり良い俳優達だなぁ。
外国人なのに、相当俺のことを理解している。
何なんだろうこの関係。
言葉通じないのに、演劇の言葉は通じまくっている。
通訳のホンイの韓国語を注意深く聞いていたが、やはり通訳かなりうまい。
ニュアンスとかかなり読み取ってる。

これに佐山さんが混ざってどうなるか、楽しみだなぁ。
韓国人にしてみれば、日本で俺といっしょにやってる俳優っていうのは、相当興味深い、みたい。

Rosesさんに、この感じを見てもらってるのも楽しい。
俺の感じも日本と全然違うしね。

稽古後、俳優達と食事してから、美術家と打ち合わせ。
美術家は、去年と同じ人にやってもらえる。
打ち合わせも、とてもスムーズで有意義に進む。

今回は、まずRosesさんがいるのが相当大きいけども、環境としては、去年より良い。
去年は呼ばれた感じが強くて、制作側への文句が結構俳優にもあったんだけども、今回は制作も自分達だから、まぁ大変なことも多いけど、何とかできる。
公演を、皆で成功させようという感じが、今年は増していて、とても楽しい。

床の色を、去年の赤から、白に変更。
理由は簡単、俺の演出とRosesさんの照明が力を発揮する床の色は、白だもの。
日本公演は、赤です。
韓国公演限定のスペシャルになります。
いいねぇ、韓国だけでスペシャルなことをするのって。
これを日本でもできないのはもったいない、とか全く思わない。
韓国だからできる、ということが大事。
できることをわざわざしない理由なんて全く無い。

去年は一緒に飲むことも無かった美術家とも、今年は飲む。
彼も、去年のロミジュリをほめてくれていて嬉しいなあ。
いや、韓国は、飲むのがホント楽しいんです。


明日から三日間こちらはお盆休み。
稽古も休み。お盆休みには稽古はしない、そういう国です。良いでしょ。
休みは、みんなが、休み。


多分、海外公演については、どうやってやってるのかとか、どうすれば出来るのかとか、例えば今回はどういう流れで公演することになって、俺の滞在費とか、日本公演の旅費とか、こっちでの稽古場をどう押さえているのかとか、こっちでの劇場をどうやって決めたのかとか、全然わからないと思うので、そのうちちゃんと書こうと思ってます。記録として。
まぁ国内の旅公演とかも、東京で公演してるだけだと、どうやってんのか全くわかんないと思うので、まぁとりあえず、なんか書こうかなとは思ってます。
ちなみに今回は、韓国でも助成金を取ってます。100万円くらい。

韓国で公演します、とか、青森と神戸で公演します、とか、まぁ聞くだけだと、へぇーって感じだと思いますが、まぁ相当色々なことの上に成り立ってますので。
まぁ動員千人も満たない、劇団員四人の劇団でも、国内ツアーや、海外公演や、海外招聘公演は、やろうと思えばできます。東京で千人呼ぶこととは、全く関係ない。

はい、東京デスロックは、今まで一度も動員千人超えたことはありません。
でも、俳優にギャラは払えてます。すくないけども。
俺もそれでバイトせずに演劇で生活しています。
レベルの低い話ですが、若い人たちには希望っぽくなればいいなぁ。
動員千人超えたらとか、幻想ですよ。
だって動物電気時代は、動員二千人以上でも、ギャラなかったからね。夢とか無いですよ。
どうすれば良いのかは、簡単です、俳優にギャラを払うと決めれば良い。

何千人も呼びたいところは呼べば良いし、海外で公演したいところはすれば良い。
作品の運用の欲求はそれぞれだろうし。
まぁでも千人くらい来るほうが色々バランス取りやすいとは思うけど。

いや、まぁ、なんとなく、これまでやってきたことを記録することで、若い人たちに、何かなればいいかなとか、ちょっと思ってるだけなんだけども。



韓国、楽しーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!!!!!

数日間日本の事は忘れます。

数日後にもの凄く戻ってきます。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 JNSK OFFICIAL DIARY, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。