ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一気に振り返ります。
さすがに大分うろ覚えですが。

9/6
確か、神戸で、小屋入り、舞台稽古が始まった。



9/7
確か、音響が仕込まれる。
舞台稽古。結局観光はほとんどしない感じ、体力温存。

大湊へ飲みに行く。



9/8
確か、照明が仕込まれる。
すごいゆとりの仕込みスケジュール。

で、34才の誕生日。
稽古後、サプライズ、じゃないな、かなりバカバカしい感じで祝ってもらう。
バカバカしさにサプライズ。
皆さんどうもありがとう。

ツイッター上で祝って頂いた方もありがとうござます。

虎、で飲む。

34才の抱負は、「演劇と妻の為にがんばります。」ということで。



9/9
舞台稽古。
けっこう難航。決めないこと、はなかなか難しい。



9/10
舞台稽古。
ラストシーンが決まらず、ゲネは途中まで。

確か、串まんに飲みに行く。



9/11
ラストシーンを作って、本番。
なんと13時開演。
なかなか無いぞ、この時刻。

無事、初日を迎えたと言っていいだろう。
あとは、まぁ明日楽日だけども、上げて行く。

17時から2ステ目。
さすがに疲れが散見さんれるけど、マチネより良い部分もあり悪い部分もあり。
そういうもんだ。
一日2ステージやるときは、それなりに作らないといけないか。
でもそれなりに作るのはなぁ。

虎、に飲みに行ったかな?ハキダメだったっけ?いや、人数多かったから神戸の方でASDしかない店にいったんだ。
早くも楽日打ち上げみたいな感じだった。
Oがわさんに視姦される。



9/12 神戸最終日
二日目、にして楽日。
とても良いステージだった。
映像、照明、音響とのシンクロ具合もよかった。

「no w here」は、普段決めているところも、決めずに作る、というのが、大きな特徴、というか、普段と違うところでした。
良光さんやきたさんと一緒ってのもあるし、WSの時に見た奇跡の瞬間が忘れられなくて、結構思い切って作りました。
いや、思い切って作りませんでした、が正解か?
俳優さんには、その瞬間瞬間、判断して、疲れてるんだけども楽しんで生きるという事をやってもらいたくて。
あとは、舞台上に存在する事、について色々考えながら作りました。
瞬間最大風速は相当出たんじゃないだろうか。

稽古期間も短かったですが、みなさん頑張ってくれて良い作品になりました。
どこでもないけど、ここにいて、二度と再現できないものになりましたね。
おつかれさまでした、ありがとうござました。みなさん、また。

打ち上げは、大湊。
多分数年ぶりに大入り袋を配る。
やはり苦手だなー。

皆終電でおとなしく帰り、いや、一名朝までの気分で取り残されつつ、皆帰宅。

ウィークリーマンションの片付け、全然終わらず、朝まで。



9/13韓国初日
全く寝れずに、関空へ。
しかも結構フライと時間ギリギリ。
これだけは、と免税店でタバコ2カートン買って、搭乗。

iPhoneを機内モードに変えてるときにCAに携帯いじるなら外で、と言われて、電源切る操作をしてたら、また全く同じことを言われたので、画面をCAに向けて操作を続ける。イラッとする。

1時間くらい寝て、ソウル着。

ホテルで先発していた俳優達と合流し、昼食を食べて、劇場へ。

稽古開始。とりあえずは小道具、衣装のチェックなど。
皆で富士見公演のDVDを見て確認。

立ち座りを復習。意外とみんな覚えている。これは楽できるかもしれない。

もちろん飲みに行く。サムギョプサル。


9/14
劇場で稽古。
今回の劇場は、舞台面はアゴラくらいだが、客席が170席くらいある。
アゴラの横幅で、客席が縦に伸びている。
傾斜もかなりあるので、最後列からだと、俳優の頭頂部が見える。
はっきり言って、まぁやりにくい。

広さ自体も大分狭くなっているので、小道具の置き方など、諸々試す。

服部さん合流。
飲みに行く。確か、エビとか、穴子とかを焼いて食べた。



9/15
岩城さん合流。
岩城さんは、神戸「no w here」終了後、東京に戻りアゴラで「砂と兵隊を」仕込んでからの韓国入りである。

劇場は照明釣り込み等の為、テハンノの稽古場にて稽古。
ラストを稽古して、通し。
面白い。
富士見公演の感じは取り戻した。

稽古を早く切り上げて、チムジルバンへ。
さらっと汗をかく。夏目はものすごい汗をかいていた。

チムジルバン後、ソヨンとチョンイムが飲んでるとの事で、合流。
3人で3時まで。



9/16
照明も付いて、一通り場当たり稽古。
一回通す。ゲネ?なのか?

もちろん飲みに行く。チヂミ。
さすがに今日はみんな早めに解散。



9/17
最初のシーンから微調整して、ラストシーンを変更。
食事中に、大トラブル発生。
照明卓のメモリが全て消えたとの事。
本番約2時間前。
岩城さん、食事を早めに切り上げ「本番はできます」と言い残し劇場へ。
格好良かった。

そして、無事「LOVE The World」韓国公演初日。
ほぼ満席。
もはや韓国公演の恒例になってきた、手拍子、歓声が上がる。
手招きしたらお客さんも舞台上に上がってたな。
殴り合い後、間野さんが一人で踊るシーンでボルテージ最高潮、みたいな。

wannabeのメンツも見に来てくれる。こういうのは嬉しいね。

ただ、本番中、上手スピーカーが、飛ぶ。
またやってしまった。
終演後チェックしたら、こちらのコンプレッサーの設定もおかしかったようで、大事には至らず。

飲みに行く。



9/18
本番前に、打ち合わせ一つ。
来年釜山にて滞在製作の話。
懸案事項はあるが、多分やるだろう。

二日目。マチネ。
昨日とはうってかわって静かな客席。
立ち座りから全然雰囲気が違う。
昨日は若い人が多かったけど、今日は大人が多いよう。
客層によってこんなに違うか。
客席が近いか遠いかで、相当印象違うもんなぁ。
後方の席の人は、ちらほら途中で帰ったりも。

まぁ褒められてばかりもいられない。

韓国にて初アフタートーク。
トークは結構熱心に聞いてくれていた。
愛について、作品について、など。
岩城さんもトーク出演。韓国語を披露。

マチネのみなので、皆でご飯を食べに。
明日終演後、すぐに帰ってしまう間野さんと岩城さんのお疲れ様食事会。

その後、間野さんリクエストで、アイスクリームを食べに。

その後、飲みに。
道ばたに、テーブルとイス置いてテントたてた、見たいなところで。
じゃんけん一気、みたいなゲームをしたり。

韓国にいると、どうも飲み過ぎる。部屋に戻ると、かなり酩酊している。



9/19
昼間にドゥサン劇場を下見に。

楽日。マチネ。
客席の反応も、初日と二日目の間くらいで丁度いい。
途中退席も無かった。

無事韓国公演終了。

16:30終演で、17:00に間野さん、岩城さんは空港へ向かう。
間野さんは明日別の本番、岩城さんも現場である。

終演後、昼間に下見したドゥサン劇場のプロデューサーと打ち合わせ。
来年の企画、ソウルでの製作か、デスロック公演か、諸々話して、結局デスロックソウル公演にまとまりそう。

お土産を買いに行って、19:00から打ち上げ。
ロミジュリのメンバーも、この日以外も来てくれたけど、集合。

二次会。
BeSeTo演劇祭で鳥の劇場の白雪姫に出ていたウジンさんも来てくれる。
今回知り合った人も多いし、どんどん韓国の友達増えて行くなぁ。

三次会。
結局5:00まで。10時間コース。
途中でなんか帰れるか。

ホテルに戻り、2時間寝る。



韓国について。
2008年から始まった、韓国との活動ですが、いまのところ、順調、と言えるだろう。
順調すぎるかもしれない。このタイミングでドゥサン劇場で公演できるのも凄いことだ。
デスロックの公演自体は、昨年光州でしか上演していないので、ソウルで出来るのもいいだろう。

昨年のロミジュリでファンになったという27才の若い演出家が今回舞台監督で付いてくれたんだが、彼に言わせると、俺の作品はPOPでスタイリッシュだそうだ。
今まで映像で観てきた日本の作品が、大分アングラっぽいイメージだったようで、何を観たか聞いたけど、まぁそりゃそう見えるだろうな。
彼のiPhoneには、去年のロミジュリの映像が全編入っていた。
で、俺の作品も、若者を中心に支持されてるみたいです。実際どんなもんかは分からないけど。
とりあえず、今回は3ステで450人くらいは来てくれたようです。これがどんなもんかは分からないけど。

日本での評判で、というよりも、韓国である程度全うな評価を得ていきたい。
まぁ演出家が外国人なのでどこまでいけるか分からないけど。年功序列も激しいしね。
オリザさんでもまだ中堅。

韓国の俳優とも話したけども、早ければ来年、もしくは再来年までの間に、マクベス、再生、3人いる!のうちどれかの韓国版、その後、完全新作を韓国人で、というのが近々の目標。
二国間を行き来して作品を作ると、どちらの国にも取り込まれず自分たちの作品作りが出来る気がする。
それは日本人でも出来るんだけども、彼らとも出合ってしまったからには、いけるところまでいきたい。

とにかく、今年は日韓俳優で作った作品を、両国で上演する、という目標が達成できてよかった。
ちなみに韓国の俳優達は自分たちに「劇団洪(ホン)」という名前を付けてるそうだ。

まぁでも、起きる事起きる事にいちいち感動してます。
皆忙しいのに飲みに駆けつけてくれるし、日本の俳優達と韓国に来て、彼らと一緒に作った作品を再演できるなんて、幸せな事ですね。
参加してる人たちが楽しくしてくれていると、まぁ演劇始めて良かったのかもなと思います。
俺演劇始めて無ければこの人達多分出会ってないだろうし、とか。
俺が出会わせた、とかいうつもりはないんだけども、国内での活動でも全然あるんだけども、まぁ、自分が演劇やることで、人同士が繋がったりする事が、今はとても嬉しい。

デスロックと、キラリ☆ふじみと、劇団洪と、実は見据える先はそんなにバラバラじゃない気がする。
埼玉にも住んでるし、日本にも住んでるし、アジアにも住んでるし、地球にも住んでいる。



9/20
9:30にホテル出発。
金浦空港へ。
お昼の飛行機で、帰国。

機内で「告白」を観るが、途中で日本に着いてしまう。
えー、尺足りないなら見せないでくれ。

16時に帰宅。

18時から「世界は踊る~ちいさな経済のものがたり~」稽古。
今日は、本編の稽古に入るまでのワークショップ。

さすがにちょっと疲れが出たか。
ちょっとしゃべりが甘かったなぁ。

さて、これからは、これの稽古の日々です。

お義母様からバースデーカードが届いていました。
ありがとうございます!



9/21
アトリエヘリコプターに、サンプル「自慢の息子」を観に。
面白かったー。
そういえば、自分の作品以外を見るのは何ヶ月ぶりだろうか。

終わって服部さんと打ち合わせして、渋谷で妻と合流。
リュックがボロボロなので新調したい、が良いのが見つからず。
フライターグとかボブルビーが欲しいが、さすがに散財が続いてるからなぁ。
カバンに\30000とか\50000とかはないよな、さすがに。



9/22
カバン散策、購入には至らず。

彩の国さいたま芸術劇場へ「聖地」を観に行く。
初ゴールドシアター。なるほど、面白かった。
松井さんも良く書いたなー。
「自慢の息子」か「聖地」で是非岸田を。

偶然隣の席になったhinatsugurashiさんとサイゼリアでちょっと飲んで、帰宅。



9/23
キラリへ、森下真樹&田村緑による「音舞大作戦」観劇。
今日は子供向けの青空編。
子供大はしゃぎ、しゃべるしゃべる。
楽しかった。

薄々気付いていたが、風邪を引いていた。
けっこうしっかり引いている。



9/24
一日寝込む。



9/25
寝込む。

夜、「音舞大作戦」星空編を見にキラリへ。
デスロック演出部の橋本君も出演している。

なんと、森下さんに舞台上につれられ、創作ダンスを踊る。
一気に汗をかく、これで風邪が治ってくれると良いんだけども。

ニンニクと生姜のたっぷり入った風邪鍋を食らい、就寝。



9/26
「世界は踊る」稽古。
風邪は、多分峠を越えた気がするが、まだ油断は出来ない。
稽古中の頭の回転がまだ鈍い。

帰宅し、諸々作業。早く寝よう。

スポンサーサイト

HPにも掲載しましたが、一応こちらにも。
とりあえず、自分の信じている、信じていきたいようにやってみます。
よろしくお願いします。



東京デスロックは、2008年より埼玉県富士見市民文化会館キラリ☆ふじみのレジデントカンパニー「キラリンク☆カンパニー」として活動をして参りましたが、2010年度をもって、予定の3年間の活動期間が終了します。
2009年より東京公演を休止し、富士見市を拠点に地域に密着した活動を続けてきました。そして同時に志を同じくする他地域で、地域を拠点に活動する劇団、劇場との交流も積極的に行ってきました。
この3年間の活動を振り返り、そして今後何をすべきかという事を今は考えています。


埼玉に拠点を移した時に周囲からは色々な反応がありました。観に行きたいけど遠いからなかなか観に行けなくなる、という事も言われました。実際、富士見公演の動員数は東京公演の半分になりました。しかし、我々は今なお劇団活動を続ける事ができています。それは公共劇場を拠点にしているから、という事ではありません。地域を拠点とした事で、東京で活動していた時には無かった、他の地域との繋がりが生まれたのです。


2009年度には「LOVE」という作品を東京以外の国内6カ所(富士見、相模原、青森、神戸、鳥取、横浜)で上演することもできました。もちろんツアーの観客動員の総数は、東京公演の比ではありません。これは東京公演を休止した当初は全く予想していない事でした。しかし我々は、結果的に東京公演を休止し地方を拠点にすることで、東京での活動よりも多くの観客と出会うことができたのです。そして地域を考えて活動する演劇人との出会いから、多くの事を学ばせてもらいました。


この3年間は、当然富士見市の事を考えてきました。他地域や海外で公演する事も、富士見ブランドを広めることの一環でもありました。僕自身も2010年度よりキラリ☆ふじみの芸術監督に就任し、今後も個人的には富士見市が活動の拠点になります。もちろん芸術監督の主宰する劇団ですから、今後も東京デスロックとキラリ☆ふじみの関係は続きます。
しかし今後の関係は、これまでのような劇団拠点として、劇団活動の主軸となるものではなくなるでしょう。
そうでなければ、その先に進まなければ、この3年間は何だったのか。


あっさり東京に拠点を戻せば良いのかもしれませんが、意地を張っている訳でもなく、なぜかまだそういう気分にはならないのです。新たな拠点を探す事も考えられますが、それは可能か不可能かではなく、富士見市で芸術監督をやるからには、すべきではないと思っています。


さぁ困りました。拠点を失い、他の地域に拠点を移すこともできません。
しかし、富士見市に居ながら新たな拠点を見つける方法が一つだけありました。


それは、拠点を「日本」にすることです。


さすがにバカバカしいと思われるでしょう、でも、我々は本気です。
富士見市の事を考えてきたように、日本の事を考えていきたいのです。
それは、もちろん自分たちだけで何かを成し得たいという事ではありません。
各地域で活動する、劇場、劇団と一緒に、考えていきたいのです。


公演やワークショップで色々な地域へ赴き考えた事は、日本の演劇とは、東京の演劇ではなく、様々な地域の演劇活動、その全てのことだということです。


少し前までは、他地域でのワークショップや創作をしながら、よそ者の自分がなぜ?現地の演劇人がやればいいのでは?という疑問を抱いていました。しかしある時から、僕がその地域の人々と関わった事もその地域の歴史の一つだと思うようになりました。そして今は、埼玉の演出家が九州でワークショップをしたり、関西で作品を作る事は、地域間交流というよりも日本の演劇の一端に参加していると考えています。


東京デスロックは、2011年度より、拠点を「埼玉県富士見市」から「日本」に拡大します。


差し当たっては、2006年に初演した「再生」という作品を再構成し、できるだけ多くの地域で上演したいと考えています。「再生」は、東京デスロックのエポックメイキングともなった作品で、演劇の可能性を提示する力を持った作品です。演劇が、私たちが生きている事を考え、そして生きて行くための力となりうる事を感じてもらえる作品にしたいと考えています。単なる関東の劇団の地方公演ではなく、その地域の劇場、劇団と共に考え、公演を作っていきたいと思っています。


ワークショップ、プレ公演、お祭りにも出向きますし、必要なければ公演だけでも良いですし、すぐに公演ではなく、ワークショップだけから始めるというのも良いと思います。今回が何かの切っ掛けにできればと思っています。


今後、各地域の方々とお会いして話をしていきたいと思っています。
公演、ワークショップ、お茶話、などなど、ご興味持って頂けるかたいらっしゃれば、お気軽にご連絡ください。


富士見市に拠点を移す時も、正直不安だらけでした。
今回ももちろん不安です。その地域に住んでいない人間に何ができるのかと言われるかもしれません。
しかし地域の可能性ついてはこの数年で確信に近いものを感じています。
全国に居る、地域の為に全力を尽くしている方々と共に、我々も全力を尽くします。


演劇で幸せになることができる人がまだまだいるのなら、そういう人を一人でも増やしたい。
演劇にできる事はまだまだあります。演劇を身近に、そして演劇と共にさらに遠くへ。
未来へ向かって、演劇LOVE。



2010年9月 
東京デスロック主宰 多田淳之介




東京デスロック LOVE TPAM ver. (2010)



東京デスロック 再生 10min ver. (2006)




あ~あ。少女時代まで日本語、、、誰が訳したんだか、ひどすぎる。
衝撃の歌い出しだろこれはさすがに、、、

一連のK-POP日本上陸は、全く喜べない。
日本に来てる曲、日本語にしたおかげで今のところ全部ダサい。
これでよく流行ってんな。

○日本語版


○韓国語版


とりあえず韓国行ったら韓国人に感想を聞こう。


8/31
予定の新幹線より一本遅い新幹線で富士見へ帰宅。
夕方からキラリでLOVE The Word韓国公演のミーティング。
キラリふじみが作った作品が海を越えます。

富士見公演から誤解している人も多いですが、東京デスロックの作品ではありません。
キラリふじみの韓国公演です。
施設使用や、関節的にはもちろん恩恵は受けていますが、公演自体に税金は使ってません。
公共劇場は税金で作品作ってると思う人もいるみたいなので。いや、もちろん関係はしていますが。
韓国公演は、日韓で国や企業から助成金を集めて韓国に行きます。
昨年デスロックで参加したFestival場に参加します。
本番は9/17-19です。

久々に鶴瀬大吉で飲む。
酔っ払った夏目が夫婦水いらずに水をさしにくる。
一週間早いハッピーバースデー、を、妻と夏目が歌う。

妻も寝て夏目も寝て、仕事して就寝。


9/1
起きて、韓国仕様の荷物を持って大阪へ。
nowhereの記者会見。
本番も迫ってるので、あまり人数が集まらないとは聞いていたので、少人数でとりあえず話す。
初会見。

で、神戸にもどり、稽古。


9/2
昼間に京都へ。
セゾン・アゴラの例の会の関西開催。
ノムさんも来て、けっこう話す。
関西開催だけど関東勢がけっこう話してしまって関西の話をもっと話してもらったほうが良かったのかもしれない。
と、終ってみて思ったりもした。
でもあれくらいの人数で話すのは良いな。

で、神戸にもどり稽古。


9/3
昼間何してたんだろう、多分外出はしてない。
夜は稽古。
で、稽古後に映像の吉光さんと、結局3時半位まで飲んだ。
はず。

ようやくユリイカ購入。


9/4
昼間から稽古。
どうやら、残暑が猛暑らしい。
ただ、一日一時間も外に出ないので、TVの向こうの出来事だなぁ。


9/5
本番を終えたきたまりさん再び合流。
岩城さんもついに神戸入り。
心強い。

本番まで一週間を切りました。
大分煮詰まって来たので、さぁ調理がんばる、というところ。
予期せぬ大きな損失があったが、皆それを心に納めて、作品を作り上げるだろう。
良い作品を作りたい。関わった全ての人のためにも。

明日からまたギア上げていこう、ブルマ上げていこう。
これ男子は使っちゃいけないんだったっけ。




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2010 JNSK OFFICIAL DIARY, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。