ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東京デスロック「再/生」横浜公演無事終了しました。

沢山のご来場ありがとうございました。

急な坂スタジオ、STスポット、フランケンズの面々、どうもありがとうございました。


デスロック版、タダフラ版両方見て頂いた方も結構いたようで、ありがとうございます。
デスロック版は完全新作、タダフラ版は2006年の『再生』をベースにした作品になりました。
どっちがどっちというのはありませんが、今の私たちがいろいろなことを考えながら生きて行く時代に上手く添えていたら良いなと。

ちょっと前にJapan Timesにインタビューが載りました。
英語ですが、翻訳機にぶちこんでも、大意はわかるかな。
WEB版はこちら。
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/ft20110714a1.html


7/30に、目黒パーシモンホールで、中高生とのワークショップの発表会があります。
http://www.persimmon.or.jp/hosting-performance/1900.php

7/31には大阪でもワークショップをやります。
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/ver2/join/labcafe/


その後は『再/生』京都公演です。8/5~7 @KAIKA
http://www.fringe-tp.net/kaika_it.html


『再/生』はおそらく、首都圏と、関西ではリアクションは違うと思っている。
それは、関西だからではなく、おそらく、首都圏と関西より西では、住んでいる人の生き方が違ってしまっていると思うし、しかし、実は日本全国で共通した問題も本当はあるとも思っていて、その辺りを、今回の全国ツアーではとても感じることが出来るのではないかという期待はある。

東北で上演しても、フラットな作品であると思ってる。
震災は、私たちが現代を生きて行くことを考えるときの、一つの要素であることは間違いない。
理不尽なことがいつでも起きることを了解すること、昔はその理不尽の象徴としての「死」を扱い続けていたけど、今はその象徴としての「生」を扱いたい。

Don't Worry Baby

生きていくとき、死んでいくとき、わたしたちにとって必要でもあり、忌むべき言葉でもあるなぁと。
安心を求める時代は、終わったのだろうか?
多分、求め続けるのだろうとも思う。
それを誰かに決めてもらうのか、どうするのか、今は思い切って「/」を引きたい。

夏に京都、袋井を巡り、冬の韓国、福岡、北九州、そして富士見へ戻ってくる頃には世の中もかわっているだろうし、私たちも変わっているだろう。

本当に楽しみなツアーになりそうです。


スポンサーサイト

東京デスロック『再/生』横浜公演中です。

デスロック版とフランケンズ版を二本立てしてます。

24日(日)18:30にフランケンズ版を追加公演します。
http://specters.net/deathlock

2006年の『再生』をベースにしてるとはいえ、東京デスロック版とフランケンズ版は、大分違うんだけど、両方観てくれた方の感想を聞くと、全然違うけど、一緒なんだけど、違う、みたいな、感じのようです。
日本のカレーと、インドのカレーは、全然ちがうけど、でもカレーみたいなことかな。ちがうか。

まぁ2006年版をベースにしてるのがフランケンズ版、2006年版をスタートにしてるのがデスロック版、くらいかしら今言えるのは。チラシにも書いた、連続、非連続みたいなことかもしれない。

個人的には、ルー・リードとジョン・ケールくらい違う、というのがしっくりくる。
なぜVUなのかわかんないけど、いや、VUのイメージはなんとなくある。

ちなみに特に外国人には、尊敬するアーティストを聞かれたら、ルー・リードと答えるようにしている。
理由は、WALK ON THE WILD SIDE、とか言って笑いを取る、というのも定番。
アート文脈とロックンロールみたいなこともあるにはあるんだけど。まぁあるんだけど。

横浜公演は、STスポットの協力のもとかなり豪華なトークゲストが来てくれている。
今日までは、大谷さん、中野さん、白神、藤田くん、岡田さんと、それぞれ楽しかったー。

今回は両バージョン作って思うことも色々あるので、別バージョンの話をトークで出来ない歯痒さはあるんだけども、まぁそんなことはどうでも良いか。飲み屋で友達とすれば良い話だ。

やはり作品を観客とともに過ごして考えられる時間というのは貴重だな。
まぁ上演中は色々忙しかったりもしているんだけども。
本番を観てるだけ、というのはやはり性に合わないんだなと、改めて、というか、もうこれで良いんだという気がしている。一つのパフォーマンスの形だろう。

そうそう、フランケンズ版の追加公演のことで更新しなきゃと思って書いてたんだ。
追加公演どうぞよろしくです。
フランケンズ版は、横浜だけですので。

デスロック版も、まだまだチケットあります。
明日の休演日に台風も過ぎてくれるといいな。

再生や断絶についての演劇です。

皆さんどうぞよろしく。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2011 JNSK OFFICIAL DIARY, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。