ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



6/4
夏目宅で8時に寝て、起きたら16時過ぎ、寝過ごす。
荷物は夏目宅に置いて、とりあえず出勤。

基本的に二日酔い。やる気起きないな。

東南アジアツアーのしおり作成担当になったので、バンコク、クアラルンプール、ジャカルタの事を調べまくる。
なかなかいいページが無い。
まぁ観光で劇場なんて行かないからな、劇場が載っている地図すら見つけるのが困難。
現地のページは言葉わからんし。

0時ごろ帰宅。その後ISBS&MRI宅へ。
また朝まで飲んで、寝る。


6/5
寝倒す。眠れなくなるまで寝続ける。
大分休んだ感じがして。すっきりした。

アゴラへ。今日のMT用の現地の資料作り。
ぜんぜん間に合わず。とりあえずバンコク分のみ。
まぁ俺はバンコクは行けないんだけどね。
マレーシアとインドネシアのみ。

で、MT。大分全貌がつかめてきた。
また仕事を引き受ける。大丈夫か?

出国(6/24)までにやらなきゃいけない事。
・ツアーのしおり作成(6/14〆切)
・ツアー公演の開場中に流す映像作成(理想6/14、最悪6/20〆切)
・9月青年団公演のキャスティング確定。
・9月公演の企画書作成
・9月公演のチラシ作成
・10月デスロックの予定を立てる。キャスティング等。

でっきるかなー。
ので、えー、しょうがない、
引越し延期します、スケジュール的に絶対無理です。
9月にします。

いやーでもVAIO買ってよかったー。当たり前だけど、映像編集のスピードがありえない位速い。
今まで20秒かかってた作業が、1秒でできる。
すごい。

で、まぁ恒例の作品解説。
3niniru11.jpg


「3人居る!」について。
まぁそんな解説のいらない作品だけどね。

まず、最初にやりたかった事が
・1人が何役もやる。
・何人かで1役をやる。
の2点。

前回「別」では言語からの脱却と言う方法だったので、今回は、俳優、配役の限定からの脱却、という感じ。
まぁ前回は言葉わかんなくても良いじゃん、って感じで、今回は、役とか別に1人で決まった役やんなくても、何人かで1人の台詞を割ってもいいじゃん、って感じですね。

これは最初に9月公演の為に思いついた方法、またやります。
まぁでも今回は、その方法をとにかく遊ぶ方向でやってみた。

台本は、最初の本田家のシーンは結構早めに書けた、といっても2週間前とかだけど。
その後の展開を作るのがなかなか進まなかった。
実は最初、家に居る本田を佐山さんがやってた。

人数割りも、前半は普通に2人芝居の台本を書いて、それを3人で最初は順番に台詞を割って読んだりして、役の移動も台本には書かずに、稽古して決めた。
この芝居は3人じゃなくてももちろんできます。
1人~無限の人数でできます。
まぁそうなってくるとどの戯曲でも出来るけど。

前半2人対1人での会話は、1人側は極力2人を見ないように話している。俺は2人の真ん中を見て喋っていた。
これは見てるよりもやってみると相当やりずらかった。面白かったけど。
どれだけ嘘つくかって事だし。
後半6人になってからは、もはや誰が誰かを見ているというヴィジュアルすら、本当ではないので、普通に喋ってる相手を見て良い事にした。

その役が見てるものは、舞台上のヴィジュアルとは違う、というか舞台上のヴィジュアルで、そのまんまの物なんてほとんど無かったなぁ。
携帯も電源切ってるし、何よりも、室内なのに全員靴はいてるしね。
ラーメンとかパソコンとかはまぁまんまだけど、その辺は、まったく整合性を無視してた。
これは必要だからそのまま、これは必要ないから利用しないって感じ。役がこんだけ滅茶苦茶なら、部屋で靴はいてるのはおかしい、とか、携帯の画面が消えてるのがリアルじゃない、なんていうやつは居ないだろう。

まぁビジュアルからの脱却と言うのもあったし、スタジオボイスにも書いてもらったのは偶然だけど。

んで、ようやく台本が進んだんだが、実は、あのラストは早々に出来ていた。
そのときはラストじゃなくて、あの後も続く予定だったけども、ここで終わるのが良いだろうってことで、間を書き足した。
ちなみに、あの終わり方は、3人じゃないと出来ません。構造上。
単純に引き算。6人いて、3人消えないと、3人残れないので。

北見あや登場からラストまでは、ほとんどのお客さんがついて来れない位にしようと思ってやりました。
せっかくなので、限界までやらないと意味無い気がして。

まぁでも、わからなかったけどわかった、と言う感じになったんじゃないかね。
それは「別」の時も一緒。
そんな事わからなくてもわかるんだって感じかなぁ。

で、書き直す前は、「11人いる!」に出てくる両性体フロルのエピソードから、XXY染色体の話だった。
個々がXとYに選別され、最後に本物とされた組み合わせがXXY。と言う感じ。
北見あやとも、本田、中山のそれぞれがよりを戻していて、という、さらに難解なものだった。
それも良かったんだけどね、まぁ今回はこれでよかったんじゃないかね。

んで、最終的に台本があがったのが、二日前。
最悪の事態ですわ、とりあえず、台詞入れながら色々動きも決めて、時間が無いので台本には細かく誰がどの役でどの台詞かというのも、役の変わるタイミングも、すべて色分けして書いた。
よくまぁ憶えたもんだ。初日も9時から17時までみっちりやった。
ありえない位疲れたな、さすがに。

んで、まぁなんか実験的な手法を使ったコメディみたいな感じになったが、実は良い台詞は多い。
自己認識や、意識と言う点でもなかなか興味深い作品になった気がする。俺はね。
最後北見には出て行く本田が見えないとか、まぁ取ってつけたようだが、まぁ恋愛なんてそんなもみたいなとこもある。

まぁまたダラダラ書いてしまったが、まぁ色々な見方が出来る作品だったんじゃないかな。
物語を完全に放棄した感があるが、まぁこういうのだったら書くのは得意みたいだな、俺。
その辺の作業は出来るみたい、俺の脳みそ。
なんだろう、SF作家なのか?もしかして。
まぁ読んでる本からしたらそれが順当なんだけどさ。

あとそうだ、毎回頭を悩ませる、ハゲ問題。今回はついにハゲと言う側に回すという手。なかなか良かった。
14回公演やって、看板俳優が禿げてるため毎回ハゲをネタにして、毎回何とか手を変えている劇団、として名をはせても良い位だ。
日本で一番ハゲの取り扱いを考えている演出家という自負はある。


んで、本当に作ってる段階では客が笑うという事を想定してなかった。小ネタ以外は。勘違いとかやはり面白いらしいね。
そういえば「社会」もそうだったな。
あの手の、情報量を操作して誤解を生み続ける、と言うのも得意。久々にまたやりたいな。そう考えると「社会」も良い作品だったな。

9月は今回の手法をなんとか物語で有効に使いたいと思います。
1役を1人でやらない事で面白くしたいと思います。
台本も宮森さんだし。

で、10月の次回作、多分タイトルは「再生」でいくんじゃないかな。
「別」「3人居る!」に続く感じになる予定。
「言葉」「ヴィジュアル」の次は、やはり「物語」かなぁ。
なんとか物語から脱却した物語になれば良いと思います。
脱却3部作です。どうも何かから抜け出したいらしい、俺。

その後がさらに楽しみだ。

台本、まぁ興味があれば。
http://www.specters.net/jnsk/3nin.doc
(Ward形式)
別に売る訳でもないので、そんなに整えていません。

最後に、今回何人もの人に、多田君芝居巧くなったね、と言われた。
いやいや、今までどー思ってたんだよ。
まぁ今までの自分が演出する作品に出る時の何倍かは稽古したけどさー、にしてもさ、これ位はやってたでしょ?ポツとかでさー、おいおいー。

http://geki.tadamag.jp/
あとここでリレーコラムを書きました。もう配信されてるようです。




ありがとうございますっ
次も楽しみにしてて下さい、がんばります。

ポツも出てますよ、はい。でも実は本公演はANIMALしか出てないんですけどね。
三浦さんの作品って事なら3本出てます。
当然全裸も経験済です。
というかまぁ最近は三浦さんのにしか出てないですけど。

青年団も演出部なのでオリザさんの芝居には出れないんですよね、これがまた。

【2006/06/11 03:37】 URL | JNSK #-[ 編集]

ここまで作品解説してるのってすごいですね。普通な芝居じゃないだけに、こういうのは嬉しいです。じっくり読んじゃいました。
たくさんお芝居を見るようになって、だんだんと物語性には飽きてきてたので、こういう実験的なお芝居が今はとても面白いです。次の公演もこの延長線上ということで楽しみに待ちます。

*多田さんを全然知らない状態で、ニセS高原で初めて見て、その時いいなぁと思いそれから見てます。ポツでもやってたんですね、、、それでポツ版に出てたのか、、、、。
【2006/06/11 03:05】 URL | hide #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



午前中、企画書などつくって、昼すぎからジムへ。 マシントレーニング3セットやってプールでスイミング。 *S子の部屋【2006/06/23 08:13】
会場入り口の看板  多田淳之介さんが作・演出される東京デスロック。私は劇団公演... しのぶの演劇レビュー【2006/07/05 17:01】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 JNSK OFFICIAL DIARY, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。