ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7/30土
夜勤明け、さすがに寝た。18時ごろ目覚める。
今日は稽古はお休み。
笹塚フェスティバルにでも行こうと思ったが、若手自主企画カンガルーが今日しか見れない事に気付き、アゴラへ。
早起きしてりゃあマチネ観れたのに。
電気の稽古場もいかんとな。いつだ?
歯医者も行かんと、1ヶ月以上放置してる。穴開きっぱなし。

で、カンガルー。木崎さんという青年団の俳優が演出している。
面白かった。俳優がまず、上手い、というのは青年団の相当の強みだなぁ。
稽古は相当楽しかったろう。
演出の木崎さんは10月出てもらうので、そちらも相当楽しみ

でも10月のキャスティングがいまだに決まっていない。2日に説明会をやるのでそれで決まればいいんだが。
10月って、近くね?あと二人。
あ、地震。ちっちゃいけど。
あ、ていうかカンガルー本番中だけど大丈夫かな。

観劇後、アゴラで飲む。多分2時過ぎまで。
青年団に入って2年以上たつが、初めて喋る人、とかがまだ居る。
今日も一人初めて喋った、すげー面白い人だった。


7/31日
稽古が15時開始予定が17時に変更。
家でだらだらしている。だらだらといっても、やることはいっぱいある。
さっきの地震は山梨でした。フジロックとかは、大丈夫かさすがに。
いいなぁ、行きたいなぁ、フジロック。何しろ中村まり出るしな。確か今日だったはず。確かエゴラッピンの裏で。
来年、は何とかできるかなー。

あ、そろそろ安心の事とか忘れそうなので、一応書いとこう。
「解説、戯曲編?」
うーん、あんま書くこと無いな。
とりあえず、心がけた事は、
あんまり良い人にしない。
問題を提示して、ちょっと振舞って、終る、くらいにする。
とかかな。
あぁ一応の結末、をおしえとくと、
夫婦…子供を堕ろす。
看護婦…子供を堕ろす。
三國…そのうち死ぬ。5年くらい。竹島君はもう来ない。
暗いな、あまりにも。まぁでもしょうがない。
だいたい良い人ばかりが出てきて辟易してるので、多少ノイズがある関係を出したいなと思っていました。
急遽変えた、三國と元恋人とか、もうちょい今後つめれそうだ。
今回好きな台詞は、
三國が私治んないらしいよと告白するのに対して、
「まぁ、頑張ってとしか言えないけどさ、」
かなぁ。

いつも大体大きな命題があって、その答えをひとまず出す、という作業が、劇作の作業なんだけども、今回は、「余力」の時の「死ぬとかすげー嫌だし怖いのに、なんでこんな普通に生活とかしちゃってんだろう」というのをさらに進めた感じになった。
基本的には、死ぬ話にするつもりだったが、同時に生のイメージもないといけないので、
大体の事が「子供」にたどり着くようになっている。
オナニーしかり。
精子と卵子が無事に結合した時点から、死との対峙が始まるわけで、そして生そのものは死を忘れる為に幸せを求め続け、その幸せは生を生む仕組みになっているわけです。
わけです、ってそうじゃなくてもいいんだけど。

余力、の時は、なんで死ぬのが怖いのか、とか、なんでそれでも生きていけるのか、とかいうことを考えていたが、
結局その時は、
死という巨大な負のベクトルを生まれた瞬間に背負い、例えば幸せという正のベクトルを求める事で、死に対抗、もしくは忘れて、生きていく事ができる。
という仕組みになっている、というような具合で、
今回は、その幸せの生むものが、「生」である点が、なんとなく自分では納得がいった気がする。
死に対しての生、という構造がすっきりした。
別に子供生む為に生きてるわけじゃないが、SEXでもいいけど、まぁSEXする為に生きてるわけでも無いけど。
まぁ一つの構造として。
音楽とか演劇とかって、特に生と関係ないけど重要だしなぁ。
SEXできなくても音楽聞けてりゃいいや、とかもありえなくは無いし。
という辺りが、次の興味かな。
まぁ次新作書くのはちょい先なので、どうなるかわからんけど


また良くわからん解説だが、まぁこんなところで。
























管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 JNSK OFFICIAL DIARY, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。