ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10/11
リトルモア地下にて朝まで打ち上げ。
で就寝。
昼過ぎに皆で起きて、撤収。
うーん、こんだけのんびり撤収できると良いね。
今回は本当に全てが素晴らしい。

で、平台などを返しにハイバイカーで六尺堂~アゴラ~我が家とまわる。
もとい、この時はハイバイカーならず「3人いる!」カー。
道行く小学生のアツイ視線を集める。
071011_1527~001.jpg


とりあえず全て終了。お疲れ様でした。

カオスとなってる我が家に戻る。
酷いぞ、汚すぎる、さすがにそろそろ片付けないと…

夕飯の買い物、半額の刺身とか、まぁ今日くらいは贅沢しよう。

明日の撮影に備えて早めに就寝。
0時前に寝たのなんてかなり久々だ。


10/12
起きて新宿集合。ロケバスで府中へ。撮影。
撮影は楽しい。
もうなんかあんま緊張とかしなくなったな。
もう丸投げ、編集宜しくお願いしますという感じ。
ダメだったら言ってくれるし、今回は変に力が入らなくて良い。
昼頃には終了。

アゴラで諸々清算作業。
3本立てだけあって、総動員数もソラリスより8割増し。900人。
すごい。やってみるもんだ。
まぁ3で割ったらたかが知れてるんだけども。
公表することでもないけども、隠すことでもないので。
大体今までは500人とか400人だったので、まぁ素直に嬉しいです。
普通にその辺の学生劇団より少ないです。噂先行劇団なので。

動員は少なくても構わなくて、それよりも、観客の質が大事。
出演者の手売りをいくら増やしても意味はなくて、一般客がどれくらい来るかが大事。
動員400人でも一般客が300人以上ならまぁ良いでしょう。
という事で今までやってきたけども、今回はなんか報われた気がする。

まぁ出演者も売ってはくれてるけども、それよりも半分以上が一般のお客さんであることが大切。今回も出演者12人で300枚も売ってないんじゃないかなぁ?

出演者の手売りを増やすことは、劇団にとってはほとんど意味はない。まぁ劇団員の数が少ないからってのもあるけど。
まずお客さんを呼ぶのは俳優の仕事ではなくて制作の仕事だし。
俳優にその負担を恥ずかしげもなくかける制作者はダメな制作者と言えると思います。
自分の仕事を俳優に押しつけてるわけですから、まぁ気持ちはわからなくはないけども、出来たらお客さんも呼んで下さい、位で俳優さんには頼みましょう。

お客さんを全然呼べない俳優さんもいます。僕は全然構いません。
その人が作品を面白くしてくれるならば、最終的にはお客さんは増えるわけです。
面白い作品ならお客さんが増えないわけありませんから。
そこが小劇場の良いところでもあります。

面白い作品なら、俳優達も沢山の人に面白い作品に出ている自分を観て欲しいわけですから、まぁお客さんも増えるでしょう。
結局は、動員云々を考えるよりも、面白い作品を作るために全力を尽くした方が、近道なわけです。

制作者にしてみても、面白い公演じゃなきゃ売れないわけですから、
結局は、公演に携わる人全てが、作品を面白くしようとする、という至極シンプルな事だったりするんですね。

まぁ俺ら制作いないけど。

まぁなので、動員に頼らないという方針しか無かったわけだけども。
あとは、僕らと共に公演を売ってくれる制作者なんだけども…募集中です。

自分達の動員に見合った公演を作る、というのがやっぱり重要でした。
劇場のスゴロク的なランクに左右されて、高い小屋代を払って無理して公演を打つのはあまり為にならない。
といっても東京の劇場費は高いです。
今若い劇団がまともに公演できるとしたらアゴラか王子くらいしか無いでしょう。
あとはサンモールスタジオとかか?
昔は本多スタジオが公演できたので良かったんだけども。
デスロックがCARAVANシリーズを始めたのは、本多スタジオが劇場貸しをやめてしまって、他にやりたい、やれる場所がなかったからです。

若い劇団は、無理して劇場借りなくても良いんじゃないかなぁ?
今の観客だったら、劇場じゃなくても面白ければ観に行くと思うし。
場所との出会いというものが日本の劇場にはあまりないので、喫茶店とかギャラリーとかの方が、その場所の人が居るので、劇団としても演劇人としても大事なモノが育っていくんじゃないかとすら思います。

ここの劇場にはこういうスタッフが居て、こういう作品を作る劇場なんだ、じゃあこの場所で自分達も作品を作りたい、という場所が、劇場なはずなんですけどもね。
場所としての意味が、劇場から失われちゃっているんですよね、ただ最近一部の劇場ではそこを取り戻そうと頑張っているので、それはとても素晴らしい事です。横浜方面とかが今アツいのか?

日本の演劇人は、場所の意識というのが結構低いとは思います。
演劇にとって相当重要なことなんだけどなぁ。
公演する場所も、稽古をして作品を作る場所も。

たとえば、キラリ☆ふじみでしか作品を作らない、とかでも全然構わない訳です。素晴らしい。
それのどこがダメなのか全く思いつかない。
うちを観たければふじみに来てください、で良いんじゃないか、というかそういうもんな気がする。
生田さんはフランチャイズ劇団作りたいと言ってるし、若い劇団はどんどこノったらいいのに。

デスロックが今後いわゆる貸し小屋で公演を打つことはまず無いだろう。
アゴラか春風舎に来てくれれば観れます、とかでも全然良いんだけど。
またアトリエ公演もやりたいなぁ。

まぁ長くなったのでこの辺で。



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 JNSK OFFICIAL DIARY, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。