ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1/27
昼間、柴君のtoiのゲネを観る。
名古屋で観れなかった2本も面白かった。

あゆみ(アゴラ版)もそうだったんだけども、やはり、柴君はロマンチストだなぁ、と思ったんだけども、ん、ちょっと待て、多分違うぞこれ、これ多分彼らにとっては普通のことだ、特別言及することですらないんじゃないか、と、柴君だけではない、快快とか、いわゆるりたーんず世代と、自分達の世代には、何か、我々と我々の上の世代、とは違う、断絶、というか、完全な違いを感じていたんだが、この、ロマンチックな感じ、というところに糸口があるのではないか、と思ったところにnmさんのBLOGにも正にその事が書いてあって、なかなか腑に落ちる。
まぁ柴君がロマンチストなのはそうなんだろうけども、いや、それは我々の世代から見るからそう見えるということなんだけども、彼らは、多分我々が信じる事が出来なかったものを、信じる信じないという問題にすらならないほど普通のこととして信じられている、信じられている、というと大げさだな、彼らには、何でもないことなのだろう。
これは彼らの世代に問題があるとかでも、我々の世代がどうだ、ということではなくて、まぁ例えば、街がありました、街がドンドン崩れていきました、我々の世代は、崩れきる寸前の世界を見た世代、崩れてしまう中、崩れを阻止しようとしたり、崩れた先の世界を考え行動する人達をみてきた、というような世代だと思う。
彼らは、完全荒野になった地に生れた世代。完全荒野。昔ここに街があったという話は聞いてるだろうけども、荒野からどういう街を作っていくかは彼らの自由、崩れていくなんてことは考える必要もない。
明るい未来を謳おうが、感動って良いよね、、みんなで楽しくやるのって楽しいじゃん、とそんなことに何かしらの疑いや、判断なんてする事自体意味無いのじゃないかな。
月まで歩いていくなんて、ロマンチックでもなく、普通の事でしょ、だって、別に夢でも何でもない。
多分、そんな彼らの作るものに、彼らより上の世代は感動したり、共鳴したりもするけども、おそらくそれは、同じ面白いでも、彼らと同世代の受け取り方とは、やっぱり確実に違うのだと思う。
けっこう評価も割れているみたいだけども、その辺も理由なんじゃないかな。
まぁその辺の違いを考えつつ、まぁでも面白いものは面白いし、りたーんずは楽しみだな。
今回のtoiで、一番好きなのは「ハイパーリンくん」。やっぱ、音楽とかには弱い。超ノリノリ。これは出たいな。ゲネを見ている柴君もノリノリで面白かった。
このまえの王者館とかも踏まえつつ、まぁ演劇ってなんでしょう、とまぁ、相変わらずダラダラ考えている。
本当に今月は演劇沢山観ているなぁ、何本?
野田地図
サンプル×2
柴君×2
少年王者館
高山植物園
くらいか、こんなもんか。
まぁでも、今月はあと2本は観る予定。
冬物語のチケットが取れない…誰か取れませんか?

toi後は、稽古。といってもデスロックではなく、とりあえず稽古していって、発表できるようになったらどこかで発表しよう、という、気長な、大人な、余裕の演劇。
とりあえず稽古初日だったので、2パターンで読んでみて、楽しく飲んで、終了。楽しみだ。


1/28
寝倒した。起きて夕方、ダラダラしまくって終る。

野球つく、多羅尾坂内野球団はメジャー4位。東葛スペクターズはマイナー優勝。
まずまずの成績で終える。






このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/31 09:21】 | #[ 編集]

「冬物語」取れましたか?
私は、「okepi」で、定価以下で譲ってもらったりしてます。
【2009/01/29 23:56】 URL | ISKW #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 JNSK OFFICIAL DIARY, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。