ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3月11日は妻と2人で自宅にいました。

揺れが収まった後からTVやネットを見つづけ次々に起きる事態に愕然としつづけたのは、多くの方と一緒でしょう。


身内や劇団員の安否もわかり、しかし、福島県いわき市には、先日キラリ☆ふじみで卒業公演を行ったいわき総合高校の先生、生徒達が住んでいます。


先生や生徒達の安否もTwitter上で徐々に確認でき、現在は先生、出演してくれた生徒全員の無事が確認できています。
今もいわきで避難生活を送り、家を失った子も居る、何人かの生徒は既に関東の身内の元に身を寄せているようです。


今はいわき市の一部が自宅退避令の出ている福島第一原発30キロ範囲に入っています。
正直居ても立っても居られないのですが、もちろん何もできる事はなく、事態が悪化しないよう祈るばかりです。


彼らの高校卒業後の新生活がこんな形でスタートするなんて。
もちろん現在も東北の各地に言葉にすらできない事態に身を置いている方が大勢居るのはわかっていますが、個人的にはいわきの子達の事が心配でしょうがないのが本音です。


せめてものできることとして義援金を募金しました。みなさんもどうぞ募金してください。身を切ってください。
義援金詐欺も悲しい事にあるようです。信頼できる機関にお願いします。


僕はユニセフとネットからマッチングギフト(募金した金額の同額を会社側で更に拠出して募金に加算、要するに倍額が募金される)で日本赤十字社に送られるDMM.comとGROUPONにしました。


あの素晴らしい舞台を見せてくれたあの子達の為に。
その結果困っている全ての人たちの為になってくれれば良い。




いわきのみんな、今は俺は何もできないけども、心の底から無事を祈っています。
無理せず、今まで通り明るく、今まで先生達と乗り越えてきた事全てが君たちの武器です。





地震発生から間もなく6日が経ちます。
自分はと言うと、3月は仕事もあまりないので、年度末だし休もうと決めていたので基本的に家で過ごしています。
輪番停電も有り東上線もあまり鶴瀬まで来てくれないし。

となると、TVとネットを見続ける日々です。


最初の頃は情報を得ようと必死でしたが、今はちょっと疲弊してきたように感じます。
かねてより妻と計画してたジョギングを始めてみました。

まだ一日20~30分ですが、体を動かすのはいいですね。
走って、風呂入って、ご飯食べて、DVDで映画見て、というのがここ数日の夜の過ごし方です。


もちろん何も仕事しなくていいわけはなく、PCのキーボードをカチャカチャしてはいます。


被災地に物資が届かない事や輪番停電、ガソリン不足、首都圏の物資買い占めも気になりますが、首都圏の人はほとんどがそうかもしれませんが、やはり福島の原発の事が最大の不安です。

いろいろな情報を見ると、かなり不安にもなります。
もう今ここにいるだけでヤバいんじゃないか、という衝動に駆られたりもします。
西の方に疎開すれば多少落ち着くのだろうとは思いますが、なかなかそうもいきません。


いや、本当は一日に何回か妻の実家の岡山か父の実家の福井(これまた原発地域ですが、、)に行くべきなのではと考えもします。


これは疲れてしまって原発情報を貪欲に調べなくなってきたからなんだと思いますが、あぁこうやって人はパニックになるんだなと、身をもって感じています。


あ、全然大丈夫です、念のため。


しかしながら、11日の地震で揺れている時もある種の覚悟をする瞬間があったわけで、またその瞬間が色々な要件でいつ来るかわからない状況、というのは人を疲弊させますね。
でもこの状態が、今まさに被災して避難している人たちは比べものにならないと思うと想像を絶するとしか言いようがありません。

ただ、被災地の人たちががんばっているのだから自分もしっかりしなくては、というのはある意味正しいというか、精神を維持するには良い文句なのですが、それはその人個々が判断すれば良いのだとも思います。
もちろん首都圏に住んでいる我々の状況は、ほとんど正常時に近いです。
放射能も酷く飛来してくる可能性は低いとされています。

でも西方面に疎開する人を責める気持ちには全くなりません。
今の状況で首都圏に居るのが辛い人は疎開するのがいいと思います。

買い占めは非難します。
首都圏で食料が不足する状況は近々に迫ってはいません。
だったら西へ行ってくれ。


僕は行きません。
何を偉そうに言ってるんだが、ですが、ちょっと自分で落ち着く為に書いていると言うのもある、というか本当はその為に書いているので。

蜷川さんは、芸術家としてこの状況を体験しなくてどうするといって、韓国から急遽帰国されたそうです。

本当に尊敬する。

俺はそこまで強く無いな。
そんなビビってるんならさっさと西行けって感じですが、行きません。
行かない事にしました。
いや、全然大丈夫なんですけどね、埼玉。

いや、退避命令でたら行きますよ、もちろん。


全く根拠は有りませんが、首都圏に相当量の放射能が既に降っていると突然聞かされても冷静に対処する覚悟はできた気がする。
我が人生一片の悔い無し。


次のCASTAYA projectの事を考えていたらかなりアドレナリンが出ました。
まぁ状況が状況なので上演自体危ういかもしれませんが。
相変わらずカステーヤさんは恐ろしい。
予定通り行けば3/26急な坂スタジオです。
http://ameblo.jp/wiwiwilder/
さすがに3月は厳しいのかなー。


今日はフランスと韓国に英語でメール打ってかなり疲れた。
慣れない事するとな。
あとは二騎の会の稽古スケジュール立てたり、なんだり。


やっぱり演劇の事をやっていると良いですね。
もうだれか仕事ください。
暇だからいけないんだな。
ワークショップでも何でもやりますよ。
3日くらいくれれば作品も作りますよ。

まだ今こそ芸術の力を、とか全く考えられませんが、自分の為に演劇に触れているのは良いだろう。

アゴラの青年団と春風舎のサラダボールを見るのが楽しみだ。


しかし、これからの日本は、ほぼ確実に東北の復興と放射能対応の数十年をすごすのだろう。
そこから目を背けるわけにはいかないな。
いわきには、必ず行く。


I love you and thank you.
I am OK,because of you.



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 JNSK OFFICIAL DIARY, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。